一般法人向け Office 365 についてよく寄せられる質問

最も多く寄せられる質問

|

Office 365 は、お客様の情熱を実現し、企業を成長させるのに役立つアプリとサービスが統合された操作環境です。Word、Excel、PowerPoint などのアプリを入手でき、最新の機能とセキュリティ更新プログラムで毎月更新されます。

クラウド メールを使用すると、どこからでも顧客や同僚と連絡を取り合うことができます。

Microsoft Teams で共同作業しましょう。Teams はチームワークのための新しいハブで、チャット、会議の開催、ファイルの共有を行うことができます。

1 TB の OneDrive オンライン ストレージが付属しており、OneDrive にファイルを保存すると、使用するデバイスに関係なく、そして外出先からでもアクセスできます。

業務の運営をサポートするビジネス アプリを使い、顧客とのスケジュール、請求書、紹介などを、すべて 1 か所で管理できます。

ビジネスを安全に運営し成長させていくために Office 365 がどのように役立つかについて、詳しくはこの Web サイトをご覧ください。

Office のサービスはすべて、返金制度のあるサービス保証の下、99.9% の稼働率で利用できます。

Office 365 Business、Business Premium、および ProPlus サブスクリプションをご利用の場合は、最大 5 台の Windows PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンに Office をインストールできます。Microsoft Surface Pro などのハイブリッド Windows デバイスは、Windows PC またはタブレットとしてカウントできます。

すべてのオプションの比較を

ここでご覧いただけます。

使用の開始

|

はい。無料試用版で作成したアカウントで Office 365 ライセンスを購入した場合、そのユーザー アカウントの情報と構成はそのまま保持されます。無料試用期間が終了した日から 30 日以内に Office 365 を購入すれば、アカウント情報は消去されません。試用版のアカウント情報が消去されると、その情報は取得できなくなります。

Office 365 のセットアップ

のページで、詳しい手順を説明しています。いくつかの簡単なステップで、Office 365 へのサインアップ、組織のドメイン名のセットアップとユーザー アカウントの追加、Office のインストール、既存のメールの Office 365 への移行を行うことができます。

サポートと価格

|

一般法人向け Office 365 サブスクリプションは、24 時間年中無休の電話/Web サポートを提供します。Office 365 へのアップグレードを決定した段階に応じて、追加のサポート オプションもご用意しています。すべてのサポート オプションを Office 365 サポートのページでご覧いただけます。

Windows PC または Mac にインストールした Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint、Outlook など) は、オンラインではないときでも利用できます。Office 365 には、1 TB の OneDrive ファイル ストレージが付属しているので、これを使用してコンピューターとの間でファイルを同期させることができます。オフラインの状態で変更を加えた場合、再接続すると変更内容が OneDrive と同期され、他のデバイス間とも同期されます。

Microsoft では、お客様のデータを保護するための強力な措置を講じています。外部か内部かを問わず、権限のない人が不適切にアクセスして使用することはできません。また、お客様が他のお客様のデータにアクセスすることもできません。詳細については、「お客様のデータにアクセスできるユーザーとその使用条件」をご覧ください。

主要なクレジット カードを利用できます。サブスクリプションの金額は、クレジット カードの明細に表示されます。一般法人向け Office 365 のプランの場合、請求書の受け取り方法を選択でき、請求はご利用のサービスに応じて、月払いまたは年払いで行われます。請求書が発行されると、そのことをメールでお知らせします。サブスクリプション購入時に発注番号が入力された場合は、その番号が請求書に記載されます。

ご都合に合わせて柔軟に選択していただけるように、さまざまな支払い方法を用意しています。

Office 365 Business、Business Essentials、Business Premium の各プランでは、月間契約または年間契約によるお支払いが可能です。
  • 月間契約でのお支払い: 月払いになります。いつでもキャンセルできます。
  • 年間契約でのお支払い: 1 年間のサブスクリプションにサインアップしますが、そのときに月払いにするか、年間一括払いにするかを選択できます。この方法を選択した場合は、割引が適用されます。
Office 365 Enterprise プラン (これには Exchange Online などの単体プランも含まれます) と Office 365 ProPlus では、年間契約によるお支払いが可能です。


はい。アップグレードが必要な場合は、アカウントを別のプランに移行できます。たとえば、Office 365 Business プランから Office 365 Enterprise プランにアップグレードできます。

はい、Office 365 プランは組み合わせることができます。ただし、プランのレベルでいくつかのライセンス制限があるのでご注意ください。Office 365 Business、Business Essentials、Business Premium の各プランには、ユーザー数に最大 300 人という制限がありますが、Enterprise プランのユーザー数は無制限です。たとえば、単一テナントで 300 シート分の Business Premium、300 シート分の Business Essentials、500 シート分の Enterprise E3 を購入できます。

多くのお客様は、一般法人向け SKU を購入した後に、Office 365 の機能を補完するアドオンの Office 365 サービスを必要に応じて購入することができます。利用可能なアドオンとしては、Advanced Threat Protection、Advanced Compliance、電話会議などがあります。1

これに加えて、Office ストアでサードパーティ ベンダーが販売している多数の機能から選んで導入することもできます。

サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。ただし、製品とサブスクリプションの種類によっては、契約期間終了前にキャンセルすると、キャンセル料が発生する場合があります。月間契約のサブスクリプションについては、いつキャンセルしてもキャンセル料が発生することはありません。年間契約サブスクリプションで月払いの場合は、契約期間終了前にキャンセルすると、キャンセル料が発生することがあります。年間契約サブスクリプションで年間一括前払いの場合は、契約期間終了前にキャンセルしても払い戻しを受けることはできません。マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約の全文をお読みください。

お客様のデータはお客様のものです。Office 365 サブスクリプションをキャンセルする場合、データ (たとえば、チーム サイトのメールやドキュメントなど) をダウンロードし、別の場所に保存することができます。ただし、キャンセルする前にデータを保存する必要があります。サブスクリプションをキャンセルした後は、Office 365 アカウントに関連付けられたデータは、管理者が 90 日間機能制限付きのアカウントで利用できます。

Microsoft には、Office 365 のセットアップ、オンボーディング、展開の分野でのエキスパートであるパートナー企業から構成される、素晴らしいエコシステムがあります。これらのパートナー企業は、お客様の業務向けのカスタム ソリューションの開発を支援することもできます。お住まいの地域の Microsoft パートナーを見つけるには、こちらをご覧ください。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。
1 電話会議プランおよび通話プランを利用できるかどうかは、国/地域によって異なります。詳細については、サポートされる国と地域の一覧をご覧ください。