セキュリティ センターが適用されるオンライン サービスについて

セキュリティ センターは、以下の Microsoft のオンライン サービスに適用されます。

セキュリティ センターは、Microsoft Office 365 のエンタープライズ/ビジネス プランのうち、Microsoft から直接購入されるか Microsoft が Microsoft ボリューム ライセンス契約を通して提供しているものに適用されます。具体的には、以下のサービスがセキュリティ センターの適用対象となります。これらはそれぞれ単独のサービスとして、または Office 365 ブランドのプランの一部として提供されます。

  • Exchange Online
  • Exchange Online Archiving
  • Exchange Online Protection
  • Advanced Threat Protection
  • SharePoint Online
  • OneDrive for Business
  • Project Online
  • Skype for Business Online
  • Sway
  • Office Online
  • Delve アナリティクス
  • Customer Lockbox
  • Yammer Enterprise
  • セキュリティ センターは他にも、Microsoft Dynamics CRM Online のエンタープライズ/ビジネス プランのうち、Microsoft から直接購入されるか Microsoft が Microsoft ボリューム ライセンス契約を通して提供しているものにも適用されます。

    セキュリティ センターは、これらの Microsoft のオンライン サービスには 適用されません。

    セキュリティ センターに掲載されている情報は、Microsoft が提供するすべてのサービスに適用されるわけではありません。Microsoft は透明性の点でも優れた企業であることを目指しており、その一環として、セキュリティ センターの対象に含まれていない主なサービスについてここでお知らせします。



    · セキュリティ センターは、Office 365 ブランドのプラン/スイートとともに提供されている、以下の別ブランド サービスには 適用されません

    · Office 365 ProPlus。 Office 365 ProPlus には、 Microsoft セキュリティ開発ライフサイクル を使用して構築されたクライアント ソフトウェアが含まれています。お客様は、クライアント ソフトウェアを実行するデバイスに安全にソフトウェアを展開して構成することができます。Office 365 ProPlus を利用すると、クラウド機能 (たとえばローミング設定) や一般消費者向けクラウド サービス (たとえば OneDrive) にアクセスできますが、これらについてはセキュリティ センターは適用されません。

    · Office 365 Home。Office 365 Home は、一般消費者を対象とするサービスであり、生産性を高める Office デスクトップ アプリケーションをサービスとして提供するものです。Office 365 Home は一般消費者向けの販路を通して販売されており、企業が業務のために購入することはできません。

    · Office 365 Personal。Office 365 Personal は、一般消費者を対象とする個人向けサービスであり、生産性を高める Office デスクトップ アプリケーションをサービスとして提供するものです。Office 365 Personal は一般消費者向けの販路を通して販売されており、企業が業務のために購入することはできません。

    · Office 365 University。Office 365 University は、学生を対象とするサービスであり、生産性を高める Office デスクトップ アプリケーションをサービスとして提供するものです。Office 365 University は教育機関/学生向けの販路を通して販売されており、企業が業務のために購入することはできません。

    · セキュリティ センターは、Microsoft Dynamics CRM Online とともに提供されているか Microsoft Dynamics CRM Online に接続される、以下の別ブランド サービスには 適用されません

    · Microsoft Dynamics Marketing (旧 Marketing Pilot) は、Microsoft が最近買収したサービスです。Microsoft Dynamics CRM のアドオン サービスとして (および自立したサービスとして) 提供されていますが、Microsoft Dynamics Marketing が独立したサービスであることに変わりはなく、セキュリティ センターの対象外です。

    · Microsoft Social Listening (旧 NetBreeze) は、Microsoft が最近買収したサービスです。Microsoft Dynamics CRM のアドオン サービスとして (および自立したサービスとして) 提供されていますが、Microsoft Social Listening が独立したサービスであることに変わりはなく、セキュリティ センターの対象外です。

    · Microsoft Dynamics CRM アクティビティ フィードは、リアルタイムでの情報の通知と共有を短い更新テキストで行うためのサービスです。これは Microsoft Dynamics CRM とは別の独立したアプリケーションであり、ダウンロードするかどうかはお客様が決定できます。

    · 対応デバイス向けの Microsoft Dynamics CRM。これに該当するものとしては、タブレットやスマートフォン向けの Microsoft Dynamics CRM Online サービスなどがあります。これらのサービスを利用すると、Microsoft Dynamics CRM のデータに Web ブラウザーやモバイル デバイスからアクセスできます。これは Microsoft Dynamics CRM とは別の独立したアプリケーションであり、ダウンロードするかどうかはお客様が決定できます。

    · Microsoft Dynamics CRM Email Router は、Microsoft Dynamics CRM と電子メール システムとのインターフェイスとなります。これは Microsoft Dynamics CRM とは別の独立したアプリケーションであり、ダウンロードするかどうかはお客様が決定できます。

    · Microsoft Dynamics CRM カスタマー センター (旧リソース センター) と Microsoft Dynamics CRM CustomerSource は、Microsoft Dynamics CRM および関連製品を使用しているお客様のためのオンライン リソースです。これらは、Microsoft Dynamics CRM の一部ではありません。

    セキュリティ センターは、以下の Microsoft のオンライン サービスには 適用されません

    · Power BI と Power BI for Office 365。Power BI と Power BI for Office 365 は Microsoft が提供するサービスであり、Office 365 や SharePoint Online のブランドのサービス (Office 365 Enterprise E3、Office 365 Enterprise E4、SharePoint Online Plan 2 など) と連携します。Power BI と Power BI for Office 365 は、これらのサービスとの併用を目的として販売されていますが、独立したサービスであることに変わりはなく、Power BI を導入するかどうかはお客様が別途決定することができます。セキュリティ センターは、Power BI と Power BI for Office 365 には一切適用されません。

    · Project for Office 365

    · Visio Pro for Office 365

    · Bing マップ。Bing マップはクラウド サービスの 1 つであり、Office 365 や Microsoft Dynamics CRM Online のさまざまなサービスを通して利用できます。たとえば、Exchange Online では、送信するメール メッセージに地図情報を追加できるようになっています。Bing マップは独立したサービスであり、プライバシーに関する声明は専用のものが用意されています。セキュリティ センターは、Bing マップには一切適用されません。

    · 上記のセキュリティ センター対象のサービス一覧に含まれていないその他の Microsoft のサービス (Microsoft Azure Services Platform、Microsoft Intune、OneDrive、Skype、Outlook.com、MSN、Xbox など)。このようなサービスの使用に関しては、別のプライバシーに関する声明が適用されることがあります。セキュリティ センターは、このような Microsoft のその他のサービスには一切適用されません。

    · Microsoft が提供しているものではないサービス。Microsoft Online Services によって、サードパーティ提供のサービスへのアクセスや使用が可能になることがあります。たとえば PSTN (公衆交換電話網) サービスですが、このようなサービスは Microsoft のコントロールが及ばないところで運営されています。  セキュリティ センターは、サードパーティが提供するサービスには一切適用されません。



    セキュリティ センターは、Microsoft のコンサルティング サービスには 適用されません。

    セキュリティ センターは、プロフェッショナル、プレミアム サポートなどの Microsoft から購入可能なコンサルティング サービスには適用されません。これにはマイクロソフト コンサルティング サービス (MCS) からのものも含まれます。

    セキュリティ センターは、お客様によっては適用されないことがあります。

    お客様が以下に該当する場合は、このサイトの内容がお客様には当てはまらない可能性があります。

  • Office 365 または Microsoft Dynamics CRM Online のエンド ユーザー (たとえば、Microsoft の製品を購入した企業の従業員) である。所属する組織内でのプライバシーに関する実践内容については、システム管理者などの、組織のプライバシー実践内容に詳しい方にお問い合わせください。
  • Microsoft Dynamics CRM Online を使用しているが、オンライン サービス ポータル経由でのオンライン サービスの管理を していない お客様。
  • Office 365 または Microsoft Dynamics CRM Online を Microsoft パートナーを通して購入し、サービスの料金請求をそのパートナーから受けているが、Office 365 または Microsoft Dynamics CRM Online のオンライン サービス契約を Microsoft との間で結んでいないお客様。ただし、セキュリティ センターは (いくつかの例外がありますが)、Microsoft が再販のためにパートナーに提供し Microsoft のデータセンターでホスティングしている、前述の該当するサービスに適用されます。ご利用のサービスにおけるプライバシーに関する実践内容については、そのサービスの購入先であり契約を結んでいるパートナーにお問い合わせください。
  • この情報は役に立ちましたか?

    その他のフィードバックはありますか?

    どうすれば改善できると思いますか?


    お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックに連絡先情報を含めないでください。プライバシー ポリシーをご確認ください。

    ×