Office に関する情報

 
Office の購入を検討している場合やこれから使用を開始する場合は、下記のリンクから該当するバージョンの情報をご覧ください。

Office のシステム要件

Office 365 は、サブスクリプション型の Office です。常に最新版の Office アプリをすべてのデバイスで使用でき、機能が毎月更新され、1 TB のオンライン ストレージも利用できます。Office 2019 は、1 回限りの購入で永続ライセンス版の Office アプリを利用できる製品です。2 台の Windows PC または Mac (ボリューム ライセンスでは 5 台以上) にインストールできます。

|

セットアップとインストール

 

初めて Office をセットアップする場合は、Office セットアップ ページにアクセスして、画面上の指示に従ってください。

 

システム要件

 

システム要件のセクションをご覧ください。

 

アカウントの管理

 

Office をセットアップしたら、Office の [マイ アカウント] ページでアカウントを管理できます。

 

以前のバージョンとの互換性

 

サポートされている Office のバージョンに関する詳細情報をご覧ください。

 

言語オプション

 

Office が対応している言語の一覧については、よく寄せられる質問をご覧ください。Office は、個人、家族、小規模企業で複数の言語を使用している場合に、シンプルでコスト効果の高いソリューションとなります。詳細については、Office の言語に関するページをご覧ください。

 

Office とデバイスの関係

 

Windows PC: Office Personal 2019 には Word、Excel、Outlook が含まれています。Office Home & Business 2019 には Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook が含まれています。Windows 10 が必要です。

 

Mac: Office Home & Student 2019 for Mac には Word、Excel、PowerPoint、OneNote が含まれています。Office Home & Business for Mac 2019 には Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook が含まれています。Office 2019 for Mac は、Mac OS の最新バージョンとその 1 つ前のバージョンでサポートされます。

 

追加情報

 

Office Home & Business 2019Office Home & Student 2019 for MacOffice Personal 2019 の詳細情報をご覧ください。

|

セットアップとインストール

 

初めて Office をセットアップする場合は、Office セットアップ ページにアクセスして、画面上の指示に従ってください。オンラインで購入した場合は、Office の [マイ アカウント] ページに直接移動してアカウントとインストールを管理できます。Office は自動的にセットアップされるからです。

 

システム要件

 

システム要件のページをご覧ください。

 

以前のバージョンとの互換性

 

サポートされている Office のバージョンに関する詳細情報をご覧ください。

 

言語オプション

 

Office が対応している言語の一覧については、よく寄せられる質問をご覧ください。Office 365 Solo を購入した場合は、Office の [マイ アカウント] ページにアクセスして、他の言語版の Office をインストールできます。

 

Skype

 

Skype 通話プラン3 については、よく寄せられる質問をご覧ください。

 

追加情報

 

Office 365 Solo のページをご覧ください。

|

利用できる国/地域

 

Office 365 Business と Office 365 Business Premium を利用できる国/地域は、Office 365 と同じです (すべての国/地域の一覧をご覧ください)。小売店、オンライン、またはパートナーから購入された Office 365 Business および Office 365 Business Premium のプロダクト キーは、オーストラリア、日本、中国、タイで使用することはできません。

 

アカウントの管理

 

Office のセットアップが完了すると、Office Setup365 ページでアカウントを管理できるようになります。

 

システム要件

 

システム要件のページをご覧ください。

 

以前のバージョンとの互換性

 

サポートされている Office のバージョンに関する詳細情報をご覧ください。

 

言語オプション

 

Office が対応している言語の一覧については、よく寄せられる質問をご覧ください。Office 365 Business または Office 365 Business Premium を購入した場合は、Office 365 セットアップのページにアクセスして他の言語版の Office をインストールできます。

 

追加情報

 

一般法人向け Office 365 のページをご覧ください。

中核的な編集機能は、画面サイズが 10.1 インチ以下の Windows 10 デバイスでは無料で使用できます。次に示す追加機能を Windows 10 デバイスで使用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です。一般法人向け Office 365 プランで利用できるセキュリティとコントロールの追加機能の詳細については、一般法人向けモバイル アプリに関するページをご覧ください。

|

Word

 

  • 変更を記録して確認する
  • ページの向きを変更する
  • セクション区切りとページ区切りを挿入する
  • ページ レイアウトで列を使用する
  • ページごとにヘッダーとフッターをカスタマイズする
  • テキストにユーザー設定の色を適用する
  • 表のセルにユーザー設定の網かけと罫線を適用する
  • 図形にユーザー設定の色を適用する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 画像に影と反射のスタイルを追加する
  • より多くの色を書式に適用する
  • 共有の通知を受け取る
  • グラフ要素を追加または削除する

 

Excel

 

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトをカスタマイズする
  • 図形にユーザー設定の色を適用する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 画像に影と反射のスタイルを追加する
  • より多くの色を書式に適用する
  • データをマップに変換する
  • 共有の通知を受け取る
  • グラフ要素を追加または削除する

 

PowerPoint

 

  • プレゼンテーション中に発表者のノートを確認する
  • スライドショーからインク注釈を保存する
  • 表のセルにユーザー設定の色の網かけを適用する
  • 図形にユーザー設定の色を適用する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 画像に影と反射を追加する
  • [変形] の画面切り替え効果を使用して滑らかな動きを作成する
  • デザイナーを使用してプロ仕様のスライドを作成する
  • より多くの色を書式に適用する
  • 共有の通知を受け取る
  • グラフ要素を追加または削除する
  • ペンを使用してオブジェクトを選択し、変更する

 

追加機能を使用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です

 

条件を満たすプランは次のとおりです。

  • Office 365 Solo
  • Office 365 Business
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Small Business Premium**
  • Office 365 Midsize Business**
  • Office 365 Enterprise E3、E4 (Enterprise、Government)
  • Office 365 Education E3** および E4**
  • Office 365 ProPlus***
  • Office 365 試用版サブスクリプション

 

** 既存のサブスクリプションのみ。これらのプランは販売を終了しました。

 

***OneNote について。このアプリは Windows 10 に含まれており、Mac でも無料で利用できます。Office 365 ProPlus を購入すると、OneNote の追加機能にアクセスできます (機能は環境によって異なります)。

 

Office デスクトップ バージョンの Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access。Windows 8 以降が必要です。Office Mobile アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook メール、Outlook カレンダー) を使用するには、次が必要です。Windows 10、1 GHz 以上のプロセッサ、1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット) の RAM、16 GB のハードディスク空き容量、WDDM ドライバー搭載の Microsoft DirectX 9 グラフィック デバイス、Microsoft アカウント、インターネット アクセス。

一般法人向け Office 365 プランで利用できるセキュリティとコントロールの追加機能の詳細については、一般法人向けモバイル アプリに関するページをご覧ください。

* プレミアム機能を iPad® で利用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です。iPad Pro® で Word、Excel、PowerPoint のドキュメントの作成と編集を行うには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です。

|

Word

 

  • セクション区切りを挿入する
  • ページ レイアウトで列を使用する
  • ページごとにヘッダーとフッターをカスタマイズする
  • ページの向きを変更する
  • 変更を記録して確認する
  • 図形にユーザー設定の色を追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • ユーザー設定色の網かけで表のセルを強調表示する

 

Excel

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトをカスタマイズする
  • 図形にユーザー設定の色を追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • グラフ要素を追加して修正する

 

PowerPoint

 

  • プレゼンテーション中に発表者ツールで発表者のノートを確認する
  • 図形にユーザー設定の色を追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • ユーザー設定色の網かけで表のセルを強調表示する
  • [変形] の画面切り替え効果を使用して滑らかな動きを作成する

 

追加機能を使用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です

 

条件を満たすプランは次のとおりです。

 

  • Office 365 Solo
  • Office 365 Business
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Small Business Premium**
  • Office 365 Midsize Business**
  • Office 365 Enterprise E3、E4 (Enterprise、Government)
  • Office 365 Education E3** および E4**
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 試用版サブスクリプション

 

** 既存のサブスクリプションのみ。これらのプランは販売を終了しました。

 

Office for iPad/iPhone を使用するには iOS 8.0 以上が必要です。

中核的な編集機能は、画面サイズが 10.1 インチ以下の Android デバイスでは無料で使用できます。次に示す追加機能を Android タブレットやスマートフォンで使用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です。一般法人向け Office 365 プランで利用できるセキュリティと管理の追加機能の詳細については、一般法人向けモバイル アプリのページをご覧ください。

|

Word

 

  • 変更を記録して確認する
  • ページの向きを変更する
  • ページ区切りとセクション区切りを挿入する
  • ユーザー設定色の網かけで表のセルを強調表示する
  • ページ レイアウトの列を有効にする
  • ページごとにヘッダーとフッターをカスタマイズする
  • より多くの色を書式に適用する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • IRM で保護されたファイルのサポート機能を使用する

 

Excel

 

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトをカスタマイズする
  • 図形にユーザー設定の色を適用する
  • より多くの色を書式に適用する
  • データをマップに変換する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • SmartArt を挿入および編集する
  • IRM で保護されたファイルのサポート機能を使用する

 

PowerPoint

 

  • スライド ショーからインク注釈を保存する
  • ユーザー設定色の網かけで表のセルを強調表示する
  • プレゼンテーション中に発表者ツールで発表者のノートを確認する
  • [変形] の画面切り替え効果を使用して滑らかな動きを作成する
  • デザイナーを使用してプロ仕様のスライドを作成する
  • より多くの色を書式に適用する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • SmartArt を挿入および編集する
  • IRM で保護されたファイルのサポート機能を使用する

 

追加機能を使用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です

 

条件を満たすプランは次のとおりです。

 

  • Office 365 Solo
  • Office 365 Business
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Small Business Premium**
  • Office 365 Midsize Business**
  • Office 365 Enterprise E3、E4 (Enterprise、Government)
  • Office 365 Education E3** および E4**
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 試用版サブスクリプション

 

** 既存のサブスクリプションのみ。これらのプランは販売を終了しました。

 

Office for Android™ をインストールするタブレットやスマートフォンは、Android KitKat 4.4 以降のバージョンを実行していることと、ARM ベースまたは Intel x86 のプロセッサを搭載していることが必要です。

Office 365 は、最高の成果を生み出す力になります。Office 365 サブスクリプション プランでは、常に最新版の Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access) を使用することができます (Publisher と Access は Windows PC のみ)。Office 365 はさまざまなデバイスで動作し、毎月の更新プログラムでアプリを常に最新に保つことができます。

Office 365 は、最新のブラウザーおよび最新バージョンの Office と連携するように作られています。古いバージョンのブラウザーやメインストリーム サポートの対象でない Office バージョンを使用している場合は、以下の点に注意してください。

  • Microsoft は、ユーザーがサービスに接続することを意図的に阻止することはありませんが、Office 365 でできることが徐々に縮小する可能性があります。
  • Microsoft は、セキュリティ以外の問題を解決するためのソフトウェア更新プログラムを提供することはありません。

Office 365 は、モダン ライフサイクル ポリシーに従ってサポートされます。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Windows OS: 1.6 GHz 以上、2 コア

 

macOS: Intel プロセッサ

 

メモリ

 

Windows OS: 4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)

 

macOS: 4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

Windows OS: 使用可能ディスク領域 4 GB

 

macOS: 使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 macOS Extended) または APFS。将来、更新プログラム用の追加ストレージが必要になる場合があります。

 

ディスプレイ

 

Windows OS: 画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

macOS: 1280 x 800 の画面解像度

 

グラフィック

 

Windows OS: グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。

 

macOS: グラフィック要件なし。

 

オペレーティング システム

 

Windows OS: Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 Service Pack 1*、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2

 

macOS: macOS の最新の 3 つのバージョンのいずれかが必要です。macOS の新しいメジャー バージョンがリリースされると、その macOS とその前の 2 つのバージョンがサポートされることになります。

 

最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください。最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります (Microsoft ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

Windows OS: 一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 または Windows 8.1 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

ライセンス契約を結んでサービスにアクセスするには、Microsoft アカウントまたは組織のアカウントが必要です。

 

Skype の通話機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2.0 ビデオ カメラ、マイク、音声出力デバイスが必要です。

次の表に示したシステム要件は、Microsoft Office 365 ProPlus のほか、一般法人、教育、政府向けの各プランにも適用されます1。また、メールのみやオンライン会議のみのプランなど、個別のサービス用の単体プランにも適用されます。Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business、Yammer、Project、Visio、Power BI などのアプリケーションにも以下の表の内容が適用されます。

2020 年 10 月 13 日より、Office 365 サービス (Exchange Online、SharePoint Online など) への接続が許可される Office クライアントは、サブスクリプション クライアント (Office 365 ProPlus など) と、永続版 Office クライアントのうち Office 2019 と Office 2016 のみとなります。Office メインストリーム サポートの終了日については、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Windows OS: 1.6 GHz 以上、2 コア。Skype for Business を使用する場合は 2.0 GHz 以上をおすすめします。

 

macOS: Intel プロセッサ

 

メモリ

 

Windows OS: 4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)

 

macOS: 4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

Windows OS: 使用可能ディスク領域 4 GB

 

macOS: 使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク形式 (別称 macOS Extended) または APFS。将来、更新プログラム用の追加ストレージが必要になる場合があります。

 

ディスプレイ

 

Windows OS: 画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

macOS: 1280 x 800 の画面解像度

 

グラフィック

 

Windows OS: グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。Skype for Business には、DirectX 9 以降、グラフィック メモリ 128 MB、32 ビット/ピクセル対応フォーマットが必要です。

 

macOS: グラフィック要件なし。

 

オペレーティング システム

 

Windows OS: Windows 10 SAC、Windows 10 LTSB 2016、Windows 10 LTSB 2015、Windows 8.1、Windows 7 Service Pack 1*、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。

 

macOS: macOS の最新の 3 つのバージョンのいずれかが必要です。macOS の新バージョンがリリースされた場合、macOS のオペレーティング システム要件は、その時点での最新の 3 つのバージョン (macOS の新バージョンとそれ以前の 2 つのバージョン) になります。

 

最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください。最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

Windows OS: 一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 または Windows 8.1 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

ライセンス契約を結んでサービスにアクセスするには、Microsoft のアカウントまたは組織アカウント、あるいはその両方が必要です。

 

Skype for Business の通話と会議の機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2.0 ビデオ カメラ、マイク、音声出力デバイスが必要です。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、認定デバイスを使用することをおすすめします。クライアントのビデオの正確な要件については、Skype for Business クライアントのビデオの要件をご覧ください。

家庭向けの Office 2019 スイートは、Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションが含まれている永続ライセンス版の製品であり、2 台の Windows PC または Mac でユーザー 1 人が使用できます。一般法人向けの Office 2019 スイートは、永続ライセンス版の製品であり、5 台を超えるコンピューターで使用する場合にボリューム ライセンス契約を通じて購入することもできます。永続ライセンス版の Office には、Office 365 で利用できるサービス (たとえば Exchange Online や SharePoint Online) は含まれていません。

Office 365 は、最新のブラウザーおよび最新バージョンの Office と連携するように作られています。古いバージョンのブラウザーやメインストリーム サポートの対象でない Office バージョンを使用している場合は、以下の点に注意してください。

  • Microsoft は、ユーザーがサービスに接続することを意図的に阻止することはありませんが、Office 365 エクスペリエンスの品質が徐々に低下する可能性があります。
  • Office 2019 から Office 365 サービスへの接続は、2023 年 10 月までサポートされます。
  • Microsoft は、セキュリティ以外の問題を解決するための修正プログラムを提供することはありません。

Office 2019 のサポートは、固定ライフサイクル ポリシーに従って提供されます。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Windows OS: 1.6 GHz 以上、2 コア

 

macOS: Intel プロセッサ

 

メモリ

 

Windows OS: 4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)

 

macOS: 4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

Windows OS: 使用可能ディスク領域 4 GB

 

macOS: 使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 macOS Extended) または APFS

 

ディスプレイ

 

Windows OS: 画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

macOS: 1280 x 800 の画面解像度

 

グラフィック

 

Windows OS: グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。

 

macOS: グラフィック要件なし。

 

オペレーティング システム

 

Windows OS: Windows 10、Windows Server 2019

 

macOS: Office for Mac は、macOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョンでサポートされます。macOS の新しいメジャー バージョンの一般提供が開始すると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを終了し、最新とその前 2 つのバージョンの macOS をサポートします。製品の動作と機能は、最新以外のシステムでは異なる可能性があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

Windows: 一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

Windows の場合:

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

クラウド ファイル管理機能を使用するには、OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint が必要です。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

 

Outlook (Home & Business):

  

  • 一部の検索機能には、Windows Search が必要です
  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server および SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business および Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

  

macOS の場合:

 

インストールには、インターネット接続、またはローカル エリア ネットワーク (ネットワーク経由でインストールする場合) が必要です。

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

SharePoint サーバーに格納されているファイルにアクセスするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 以降と接続する必要があります。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Outlook (Home & Business):

 

  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server および SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business および Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

 

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1.6 GHz 以上、2 コア

 

メモリ

 

4 GB RAM、32 ビット の場合は 2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 4 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10 SAC、Windows Server 2019、または Windows 10 LTSC 2019

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

Office 2019 から Office 365 サービス (Exchange Online、SharePoint Online など) への接続は、Office 2019 のメインストリーム サポートが終了するまで、つまり 2023 年 10 月までサポートされます。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

クラウド ファイル管理機能を使用するには、OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint が必要です。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Outlook:

 

  • 一部の検索機能には、Windows Search が必要です。
  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server および SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business および Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Intel プロセッサ

 

メモリ

 

4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク形式 (別称 macOS Extended) または APFS

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1280 x 800

 

グラフィック

 

グラフィック要件なし

 

オペレーティング システム

 

Office for Mac は、macOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョンでサポートされます。macOS の新しいメジャー バージョンの一般提供が開始すると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを終了し、最新バージョンとその前の 2 つのバージョンの macOS をサポートします。最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

その他

 

インストールには、インターネット接続、またはローカル エリア ネットワーク (ネットワーク経由でインストールする場合) が必要です。

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

SharePoint サーバーに格納されているファイルにアクセスするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 以降と接続する必要があります。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Outlook:

 

  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server および SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business および Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1.6 GHz 以上、2 コア。

 

Professional Plus: Skype for Business を使用する場合は 2.0 GHz 以上をおすすめします。

 

メモリ

 

4 GB RAM、32 ビット の場合は 2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 4 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。

 

Professional Plus: Skype for Business には、DirectX 9 以降、グラフィック メモリ 128 MB、32 ビット/ピクセル対応フォーマットが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10 SAC、Windows Server 2019、または Windows 10 LTSC 2019

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

Office 2019 から Office 365 サービス (Exchange Online、SharePoint Online など) への接続は、Office 2019 のメインストリーム サポートが終了するまで、つまり 2023 年 10 月までサポートされます。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

クラウド ファイル管理機能を使用するには、OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint が必要です。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Professional Plus: Skype for Business の通話と会議の機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2.0 ビデオ カメラ、マイク、音声出力デバイスが必要です。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、認定デバイスを使用することをおすすめします。正確なクライアント要件については、Skype for Business クライアントのビデオ要件をご覧ください。

 

Outlook:

 

  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business および Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • 一部の検索機能には、Windows Search が必要です。
  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server および SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポートのライフサイクル ポリシー サイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Intel プロセッサ

 

メモリ

 

4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク形式 (別称 macOS Extended) または APFS

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1280 x 800

 

グラフィック

 

グラフィック要件なし

 

オペレーティング システム

 

Office for Mac は、macOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョンでサポートされます。macOS の新しいメジャー バージョンの一般提供が開始すると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを終了し、最新バージョンとその前の 2 つのバージョンの macOS をサポートします。最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

最新バージョンの Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox。詳細については、こちらをご覧ください。

 

その他

 

インストールには、インターネット接続、またはローカル エリア ネットワーク (ネットワーク経由でインストールする場合) が必要です。

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

SharePoint サーバーに格納されているファイルにアクセスするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 以降と接続する必要があります。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Outlook:

 

  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server と SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business と Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Windows OS: 1.6 GHz 以上、2 コア。Skype for Business を使用する場合は 2.0 GHz 以上をおすすめします。

 

macOS: Intel プロセッサ

 

メモリ

 

Windows OS: 4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)

 

macOS: 4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

Windows OS: 使用可能ディスク領域 4 GB

 

macOS: 使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 macOS Extended) または APFS

 

ディスプレイ

 

Windows OS: 画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

macOS: 1280 x 800 の画面解像度

 

グラフィック

 

Windows OS: グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。Skype for Business には、DirectX 9 以降、128 MB のグラフィック メモリ、32 ビット/ピクセル対応フォーマットが必要です。

 

macOS: グラフィック要件なし

 

オペレーティング システム

 

Windows OS: Windows 10 SAC、Windows Server 2019、または Windows 10 LTSC 2019。

 

Office for Mac は、macOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョンでサポートされます。macOS の新しいメジャー バージョンの一般提供が開始すると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを終了し、最新とその前 2 つのバージョンの macOS をサポートします。製品の動作と機能は、最新以外のシステムでは異なる可能性があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

Windows OS: 一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

Office 2019 から Office 365 サービス (Exchange Online、SharePoint Online など) への接続は、Office 2019 のメインストリーム サポートが終了するまで、つまり 2023 年 10 月までサポートされます。

 

Windows の場合:

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

クラウド ファイル管理機能を使用するには、OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint が必要です。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Skype for Business の通話と会議の機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2.0 ビデオ カメラ、マイク、音声出力デバイスが必要です。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、認定デバイスを使用することをおすすめします。クライアントのビデオの正確な要件については、Skype for Business クライアントのビデオ要件をご覧ください。

 

Outlook:

 

  • 一部の検索機能には、Windows Search が必要です。
  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server と SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business と Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

 

macOS の場合:

 

インストールには、インターネット接続、またはローカル エリア ネットワーク (ネットワーク経由でインストールする場合) が必要です。

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

SharePoint サーバーに格納されているファイルにアクセスするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 以降と接続する必要があります。

 

ライセンス契約を結ぶには、Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

 

Skype for Business の通話と会議の機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2.0 ビデオ カメラ、マイク、音声出力デバイスが必要です。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、認定デバイスを使用することをおすすめします。クライアントのビデオの正確な要件については、Skype for Business クライアントのビデオ要件をご覧ください。

 

Outlook:

 

  • 特定の高度な機能を使用する場合は、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange Server (または Exchange Online) または Microsoft SharePoint Server (または SharePoint Online) と接続する必要があります。Exchange Server と SharePoint Server のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。
  • Skype for Business または Microsoft Teams との統合には、サポートされているバージョンの Skype for Business または Microsoft Teams との接続が必要です。Skype for Business と Microsoft Teams のサポートされているバージョンについては、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーのサイトをご覧ください。
  • LinkedIn のサポートには、LinkedIn アカウントが必要です。
  • 音声認識機能には、マイクが必要です。
  • 読み上げ機能には、音声出力デバイスが必要です。
  • Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。
  • Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1.6 GHz 以上、2 コア

 

メモリ

 

4 GB RAM、32 ビット の場合は 2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 4 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1280 x 768 (32 ビットで 4K 以上を使用するにはハードウェア アクセラレーションが必要)

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10、Windows Server 2019

 

ブラウザー

 

Microsoft Edge、Internet Explorer、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

一部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

クラウド ファイル管理機能を使用するには、OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint が必要です。

 

ライセンスを割り当てるための Microsoft アカウントまたは組織アカウントが必要です。

Office アプリの多くは、Windows Mobile、iOS、Android のデバイス用のバージョンも用意されています2。これらのアプリの詳細情報については、モバイル用 Microsoft Office 365 のページをご覧ください。Word、Excel、PowerPoint、OneDrive のモバイル アプリには、Office 365 サブスクリプション ユーザー向けの追加機能があります。Microsoft Office のリソースのページで、Office 365 で使用できる追加機能を Windows MobileiOSAndroid のそれぞれについて説明しています。

|

コンポーネント要件

 

プロセッサ

 

iOS: 該当なし

 

メモリ

 

iOS: 該当なし

 

Android: 1 GB

 

オペレーティング システム

 

Windows: Office Mobile アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook メール、Outlook カレンダー) を使用するには、サポートされているバージョンの Windows 10 Mobile が、サポートされているデバイスで実行されている必要があります。

 

iOS: Office for iPad®/iPhone® には iOS 11.0 以降が必要です。Office for iPad Pro™ には iOS 10.0 以降が必要です。Office は、iOS の最新バージョンとその 1 つ前のバージョンでサポートされます。iOS の新バージョンがリリースされた場合、Office のオペレーティング システム要件は、その時点での最新の 2 つのバージョン (iOS の新バージョンと 1 つ前のバージョン) になります。

 

Android: Office for Android をインストールするタブレットやスマートフォンは、サポートされているバージョンの Android を実行していることと、ARM ベースまたは Intel x86 のプロセッサを搭載していることが必要です。2019 年 7 月 1 日以降は、サポートされる Android のメジャー バージョンは新しい順に 4 つまでとなります。

 

製品の動作および機能は、以前のシステムでは異なる可能性があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Microsoft がサポートするモバイル ブラウザーはどれでも使用できます。これには、Intune Managed Browser も含まれます。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

ライセンス契約を結んでサービスにアクセスするには、Microsoft のアカウントまたは組織アカウント、あるいはその両方が必要です。

 

Skype の通話機能をフルに活用するには、標準的な内蔵カメラまたは USB 2.0 ビデオ カメラ、マイク、音声出力デバイスが必要です。

Safari、Chrome、Firefox: Office 365 と Office 2019 は、最新バージョンの Safari、Chrome、Firefox と連携するように設計されています。
Microsoft Edge: Office 365 と Office 2019 は、最新バージョンの Microsoft Edge と連携するように設計されています。Microsoft Edge ブラウザーの更新プログラムは、Windows サービシング ブランチを通して入手できます。Office は、Edge ブラウザーのバージョンが最新ブランチより古い場合でも引き続き連携しますが、動作は保証されません。

Internet Explorer: Office 365 と Office 2019 は、Internet Explorer 11 と連携するように設計されています。これよりも前のバージョンを使用している場合は、Internet Explorer 11 にアップグレードすることをおすすめします。Office は、Internet Explorer のバージョンが Internet Explorer 11 以外の場合でも引き続き連携しますが、動作は保証されません。

組織の Web アプリやサービスにアクセスするために以前のバージョンの Internet Explorer を必要としている場合は、Internet Explorer 11 にアップグレードして Internet Explorer 11 のエンタープライズ モードを使用することを検討してください。これは、レガシ Web アプリのための下位互換モードです。詳細については、Internet Explorer のライフサイクル サポート ポリシーをご覧ください。

Office スイートは、Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションが含まれる永続ライセンス版の製品であり、2 台の Windows PC または Mac でユーザー 1 人が使用できます。ビジネス用の Office 2016 スイート製品を 5 台を超えるコンピューターで使用する場合は、ボリューム ライセンスを通して購入できます。永続ライセンス版の Office には、Office 365 で利用できるサービス (たとえば Exchange Online や SharePoint Online) は含まれていません。Office 2016 や Office 2019 から Office 365 サービスへの接続がサポートされるのは、2023 年 10 月までとなります。メモ:Office 2019 は Office の最新バージョンで、永続ライセンス版として入手できます。

Office 365 は、最新のブラウザーと最新バージョンの Office で動作します。古いバージョンのブラウザーやメインストリーム サポートの対象でない Office バージョンを使用している場合は、以下の点に注意してください。

  • Microsoft は、ユーザーがサービスに接続することを意図的に阻止することはありませんが、Office 365 のパフォーマンスは徐々に低下する可能性があります。
  • Microsoft は、セキュリティ以外の問題を解決するための修正プログラムを提供することはありません。

Office 2016 のサポートは、固定ライフサイクル ポリシーに従って提供されます。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

Windows PC: 1024 x 768 の画面解像度

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2

 

製品の動作および機能は、以前のシステムでは異なる可能性があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新ビルドのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

一部の機能には、OneDrive が必要です。

 

Microsoft アカウント。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

Windows PC: 1024 x 768 の画面解像度

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2

 

製品の動作および機能は、以前のシステムでは異なる可能性があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新ビルドのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

特定の高度な機能を使用する場合は、以下と接続する必要があります。

 

  • Microsoft Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、Exchange Server 2010、または Exchange Online。Outlook 2016 では、Exchange Server 2007 への接続はサポートされていません。
  • Microsoft SharePoint Server 2013、SharePoint Server 2010、または SharePoint Online と (または) Microsoft SharePoint Foundation 2013 または SharePoint Foundation 2010。
  • Skype for Business/Microsoft Lync との統合 (オプション): Skype for Business Online、Lync 2013、Lync 2010、Office Communicator 2007 R2。Office Communicator 2005 と Office Communicator 2007 はサポートされていません。
  • OneDrive または OneDrive for Business。

 

Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、OneDrive for Business は、対象となる Office 365 サブスクリプションで利用できます。

 

一部の機能には、Windows Search 4.0 が必要です。

 

音声認識機能には、接話型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

 

Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。

 

Microsoft アカウントまたは組織アカウント。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

Intel プロセッサ搭載の Mac コンピューター

 

メモリ

 

4 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能なハード ディスク領域 6 GB

 

HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 Mac OS Extended または HFS Plus)

 

ディスプレイ

 

解像度 1280 x 800 以上のモニター

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Mac OS X バージョン 10.10 以降

 

最適なパフォーマンスでご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

その他

 

インストールには、インターネット接続、ローカル エリア ネットワーク (ネットワーク経由でインストールする場合)、または DVD ドライブが必要です。

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

SharePoint サーバーに格納されているファイルにアクセスするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 以降と接続する必要があります。

 

Outlook で Exchange を利用するには、Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 以降、または一般法人向け Office 365 への接続が必要です。

 

共同編集機能には、SharePoint Server 2010 または Microsoft アカウントが必要です。

 

一部のオンライン機能には、Microsoft アカウントが必要です。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1024 x 768

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10 SAC、Windows 10 LTSB 2016、Windows 10 LTSB 2015、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での使用に合わせて最適化されています。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1024 x 768

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10 SAC、Windows 10 LTSB 2016、Windows 10 LTSB 2015、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。Office 2016 は、Windows 10 LTSC 2019 ではサポートされなくなることにご注意ください。

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での使用に合わせて最適化されています。

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

特定の高度な機能を使用する場合は、以下と接続する必要があります。

 

  • Microsoft Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、Exchange Server 2010、または Exchange Online。Outlook 2016 では、Exchange Server 2007 への接続はサポートされていません。
  • Microsoft SharePoint Server 2013、SharePoint Server 2010、または SharePoint Online と (または) Microsoft SharePoint Foundation 2013 または SharePoint Foundation 2010。
  • Skype for Business/Microsoft Lync との統合 (オプション): Skype for Business Online、Lync 2013、Lync 2010、Office Communicator 2007 R2。Office Communicator 2005 と Office Communicator 2007 はサポートされていません。
  • OneDrive または OneDrive for Business。

Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、OneDrive for Business を利用するには、条件を満たす Office 365 サブスクリプションが必要です。

 

一部のインク機能には、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 が必要です。

 

音声認識機能には、接話型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

 

Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。

 

Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

 

Microsoft アカウント。

|

コンポーネント要件
 

コンピューターとプロセッサ

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)


メモリ

2 GB RAM


ハード ディスク

使用可能ディスク領域 3 GB


ディスプレイ

Windows PC: 1024 x 768 の画面解像度


グラフィック

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。


オペレーティング システム

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。


ブラウザー

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。


.NET のバージョン

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。


その他

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 での使用に合わせて最適化されています。

 

Word 2016: 共同編集機能には、SharePoint Foundation 2013 と OneDrive 用の Microsoft アカウントが必要です。また、ここに記載されている要件よりも多くのメモリが必要な場合があります。

 

OneNote 2016 と Access 2016:
 

  • インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。
  • クイック検索機能には、Windows Search 4.0 が必要です。
     

Project Professional 2016: 一部の機能には、Project Server 2016 Preview、Project Server 2013、または Project Online への接続が必要です。

コンポーネント要件

コンピューターとプロセッサ


1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)
 

メモリ

2 GB RAM


ハード ディスク

使用可能ディスク領域 3 GB


ディスプレイ

Windows PC: 1024 x 768 の画面解像度

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。

 

その他

 

Excel 2016 のインターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

クイック検索機能には、Windows Search 4.0 が必要です。

 

PowerPivot を使用するには、.NET 3.5 または .NET 4.0 に加え、少なくとも 2 GB の RAM が必要です。

 

Excel 2016 で Power View アドインを使用するには、Silverlight 5 がインストールされていることと、少なくとも 2 GB の RAM が必要です。

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

Windows PC: 画面解像度 1024 x 768

macOS: 1280 x 800 の画面解像度

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム
 

  • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2
  • Outlook for Mac: Mac OS X 10.10 以降

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。

 

パッチ レベル

 

Outlook の累積的な更新プログラムをご覧ください。

 

その他

 

Outlook 2016 インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

クイック検索機能には、Windows Search 4.0 が必要です。

 

特定の高度な機能を使用する場合は、下記のサービスへの接続が必要です。
 

  • Microsoft Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、Exchange Server 2010、または Exchange Online。Outlook 2016 では、Exchange Server 2007 への接続はサポートされていません。
  • Microsoft SharePoint Server 2013、SharePoint Server 2010、または SharePoint Online と (または) Microsoft SharePoint Foundation 2013 または SharePoint Foundation 2010。
  • Skype for Business/Microsoft Lync との統合 (オプション): Skype for Business Online、Lync 2013、Lync 2010、Office Communicator 2007 R2。Office Communicator 2005 と Office Communicator 2007 はサポートされていません。
  • OneDrive または OneDrive for Business。
     

Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、OneDrive for Business は、対象となる Office 365 サブスクリプションで利用できます。

 

一部のインク機能には、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 が必要です。

 

音声認識機能には、接話型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

 

Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 (Azure Rights Management) またはオンプレミス展開 (Active Directory Rights Management サービス) のいずれかへのアクセスが必要です。

 

Dynamic カレンダーにはサーバー接続が必要です。

 

Microsoft アカウント

 

Outlook で Exchange の機能を使用するためのライセンス要件

家庭向けの Office 2013 スイート製品と単体アプリケーションは、1 台の Windows PC で使用するためのものであり、クラウド サービス (Exchange Online や SharePoint Online など) は含まれません。

Office 365 は、最新のブラウザーおよび最新バージョンの Office と連携するように作られています。古いバージョンのブラウザーやメインストリーム サポートの対象でない Office バージョンを使用している場合は、以下の点に注意してください。

  • Microsoft は、ユーザーがサービスに接続することを意図的に阻止することはありませんが、Office 365 のパフォーマンスは徐々に低下する可能性があります。
  • Microsoft は、セキュリティ以外の問題を解決するために、修正プログラムを提供することはありません。
  • Office 2013 から Office 365 サービスへの接続は、2020 年 10 月までサポートされます。

Office 2013 のサポートは、固定ライフサイクル ポリシーに従って提供されます。

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

1 GB RAM (32 ビット)/2 GB RAM (64 ビット)

 

ハード ディスク
 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1024 x 768

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。新しいタッチ機能は Windows 8 用に最適化されています。

 

一部の機能には、Microsoft アカウントが必要です。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

クイック検索などの一部の機能には、Windows Search 4.0 が必要です。

 

Excel 2013

 

PowerPivot を使用するには、.NET 3.5 または .NET 4.0 に加え、少なくとも 2 GB の RAM が必要です。

 

Excel 2013 で Power View アドインを使用するには、Silverlight 5 がインストールされていることと、少なくとも 2 GB の RAM が必要です。

 

Office Home & Business 2013 のみ

 

一部の高度な機能を使用するには、サポートされているバージョンの Microsoft Exchange、Microsoft SharePoint、Microsoft Lync、Skype for Business、Windows Server、Microsoft Azure、Microsoft SharePoint Foundation に接続できる必要があります。

 

音声認識機能には、接話型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

 

Outlook 2013

 

Exchange と統合するには、Outlook 2013 を、サポートされているバージョンの Exchange に接続します: Exchange 2007、Exchange 2010、または Exchange Server 2013。Outlook 2013 は、Exchange 2003 ではサポートされません。

 

Microsoft Lync との統合 (オプション): Outlook 2013 では、Skype for Business 2015、Lync 2013、Lync 2010、Office Communicator 2007 R2 がサポートされます。Office Communicator 2005 と Office Communicator 2007 はサポートされていません。

 

Information Rights Management 機能は、Windows Server 2003 with SP1、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 と、Windows Rights Management サービスを実行しているコンピューターにアクセスする必要があります。

 

Outlook で Exchange の機能を使用するためのライセンス要件

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)

 

メモリ

 

1 GB RAM (32 ビット)/2 GB RAM (64 ビット)

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1024 x 768

 

グラフィック

 

グラフィック ハードウェア アクセラレーションには DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要です。

 

オペレーティング システム

 

Windows 10 SAC、Windows 10 LTSB 2016、Windows 10 LTSB 2015、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。Office 2013 は Windows 10 LTSC 2019 ではサポートされません。

 

最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください (ライフサイクル ポリシーをご覧ください)。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

その他

 

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

 

マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。新しいタッチ機能は Windows 8 用に最適化されています。

 

一部のインク機能には、Windows 7、Windows 8、Windows 10 が必要です。

 

一部の機能には、Microsoft アカウントが必要です。

 

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

 

音声認識機能には、接話型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

 

Outlook 2013

 

Exchange と統合するには、Outlook 2013 を、サポートされているバージョンの Exchange に接続します: Exchange 2007、Exchange 2010、または Exchange Server 2013。Outlook 2013 は、Exchange 2003 ではサポートされません。

 

Microsoft Lync との統合 (オプション): Outlook 2013 では、Skype for Business 2015、Lync 2013、Lync 2010、Office Communicator 2007 R2 がサポートされます。Office Communicator 2005 と Office Communicator 2007 はサポートされていません。

 

Information Rights Management 機能は、Windows Server 2003 with SP1、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 と、Windows Rights Management サービスを実行しているコンピューターにアクセスする必要があります。

 

Outlook で Exchange の機能を使用するためのライセンス要件

|

コンポーネント要件

 

コンピューターとプロセッサ

 

1.6 GHz 以上のプロセッサ。2.0 GHz (32 ビットまたは 64 ビット) をおすすめします。

 

メモリ

 

2 GB RAM

 

ハード ディスク

 

使用可能ディスク領域 3 GB

 

ディスプレイ

 

画面解像度 1024 x 800

 

グラフィック

 

  • Microsoft DirectX 9 アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) のサポート
  • 128 MB 以上のグラフィック メモリ
  • Windows Display Driver Model ドライバー
     

オペレーティング システム

 

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2。

 

最適なパフォーマンスでご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

 

ブラウザー

 

Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。詳細については、こちらをご覧ください。

 

.NET のバージョン

 

.NET 4.5 CLR が必要です

 

データと音声

 

1.6 GHz 以上のプロセッサ。2.0 GHz (32 ビットまたは 64 ビット) をおすすめします。

 

ビデオ出力

 

VGA の場合: デュアルコア 1.9 GHz 以上のプロセッサ

 

高精細 (HD) の場合: クアッド コア 2.0 GHz 以上のプロセッサ

 

ビデオ ソース

 

USB 2.0 ビデオ カメラまたは Polycom CX5000 HD (Microsoft RoundTable) 会議用デバイス

 

会議

 

Polycom CX5000 HD (Microsoft RoundTable) 会議用デバイス、2.0 GHz 以上のプロセッサ

 

デバイス

 

マイクとスピーカー、マイク付きヘッドセット、または同等のデバイス

 

電話機:

 

  • "Optimized for Microsoft Lync" ロゴ付きの電話機 (Microsoft Lync 対応の電話機とデバイスの一覧をご覧ください)
  • Microsoft Lync 2010 Phone Edition が動作する電話機
  • W15 認定 (または同等) の ADA 準拠電話機

1 Office 365 Government を使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。

2 モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。お客様の国/地域での提供状況については、こちらをご覧ください

3 Skype 通話プランを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。詳細については、こちらをご覧ください

*2020 年 1 月 14 日以降、Office 365 を Windows 7 SP1 デバイスで実行する場合は、セキュリティのみの更新プログラムが 2023 年 1 月まで配信されます。

 

iTunes、iPhone、iPad は米国およびその他の国における Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。