大規模なオンライン プレゼンテーションを成功させるための準備


大規模なバーチャル ミーティングには独特のニーズや考慮事項があり、高品質のオンライン エクスペリエンスを確保するために IT チームはそれらのことに留意する必要があります。適切なバーチャル ミーティング ソフトウェアを選択すること以外に、IT チームは何をすれば大規模なバーチャル プレゼンテーションを確実に成功させることができるでしょうか?

どの種類のバーチャル ミーティング ソリューションが必要かを特定する

初めに、他のビデオ会議ソリューションではなく大規模バーチャル ミーティング向けのものを使うのは、どのような場合なのかを考えてみましょう。そうすれば、不要なテクノロジを IT チームが準備することはなくなります。

バーチャル ミーティングのための大規模ソリューションを導入することになった場合は、いくつかの重要事項を IT チームが考慮する必要があります。たとえば、場所の設備やブロードキャスト帯域幅といったような、全員にとって質の高い会議となるようにするための事柄です。

プレゼンテーションの場所の設備

プレゼンテーションの発表中に技術的なニーズへの対応ができるよう、その場所に必要なことが全てそろっているかどうか確認しましょう。確認する要素としては、次のようなものがあります。

  • インターネット/Wi-Fi の強度。
  • コンピューターの可用性と機能 (Web カメラなど)。
  • ソフトウェアの更新プログラムがインストール済みであること (直前でのダウンロードを避けるため)。
  • コンセントの数、予備のインターネット接続、その他の考慮する必要がある接続設備。
  • 追加の参加者や、予備のカメラや機器を収容するためのスペース。IT チームのスタッフがプレゼンテーションの発表中に現場でサポートできるように、そのスペースを確保します。

最適なブロードキャスト帯域幅

プレゼンテーションの数週間前と当日に、自社のインターネット接続が高解像度でブロードキャストできる十分な強度であることを確認します。これは、ブロードキャストとストリーミングの 2 つの面で重要です。たとえば、現場にいる参加者がオンラインで微調整したときに、ブロードキャストでの表示速度が遅くなることがあります。ご使用のネットワークは、大規模な同時セッションに対応できますか? または、ソフトウェアベースのメディア配布ソリューションが必要になる可能性がありますか?オフサイトの参加者の帯域幅を管理することはできませんが、バーチャル ミーティングのブロードキャストに使用するインターネットの帯域幅は管理できます。

none

会議を成功に導く究極のガイド

組織の会議の効率化を図り、効果的に運営する方法を紹介します。

e-Book を入手

その他の重要な考慮事項

これは必ずしも IT 部門の責任ではありませんが、チームが大規模なプレゼンテーションを成功させることができるかどうかは、大規模なブロードキャストのもてる要素にも起因することがあります。

  • カメラの品質: ブロードキャストに内蔵 Web カメラまたは外付けデバイスのどちらを使用する場合でも、HD で撮影する高品質カメラを探しましょう。
  • 音質: 不安定な音や極端な音揺れは、聴衆の注意が散漫になります。IT 部門は、使用可能な最高のマイクを探すとともに、室内の他のテクノロジがブロードキャストを妨げないようにすることで、これに対処できます。

さあ、開始しましょう!

ブロードキャスト会議は、大勢の聴衆に、その居場所に関係なくメッセージを伝えるための非常に有効な方法です。しかし、プレゼンテーションの質が低いと、参加者の関心は間違いなく失われます。安全で使い慣れたプラットフォームで最大 10,000 人の参加者に向けて配信できる Skype 会議ブロードキャストは、使いやすさと会議の品質を最優先しています。本格的な品質のブロードキャスト技術を習得することで、すべての聴衆にとって魅力的なオンライン ブロードキャストを作成できます。

Word を搭載した Surface Laptop

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入