グローバルな人材に伴う新しい労働形態


今日の職場は多様な世代で構成されており、その両端の経験は大きく異なります。これに加えて、ビジネス運営のグローバル化が進む一方ですが、文化的にも地理的にも離れているグローバル人材をチームとしてまとめることが必要です。では、組織におけるこのような世代、文化、地理的位置の隔たりをどう管理すればよいでしょうか?

こちらの Modern Workplace のエピソード「グローバルな労働力:新しい仕事文化」では、Generational Insights 社長 Cam Marston 氏と Mastercard 最高人材責任者 Kelly Joscelyne 氏が、ソーシャル コラボレーション環境を作るための戦略について語ります。この環境が目指すのは、共同作業によってビジネスのより良い成果を達成する方法を従業員が理解できる組織文化ですが、それには次の 3 つのハードルを乗り越える必要があります。

none

デジタル トランスフォーメーション: 本当の原動力は、テクノロジではなく人間

企業のデジタル トランスフォーメーションの戦略においては、「人」という要素を見落とさないようにすることが重要です。

e-Book を入手
  • 文化的感受性: 文化の違いを認識し共有することは、世界各地に分散する顧客を理解することにも役立ちます。
  • 社会的距離: 地理的に離れている、あるいは世代構成が異なっているチームどうしをつなぎ、信頼を築きます。
  • コミュニケーションとトーン: 文化や世代が異なる者どうしがどのように情報を共有しフィードバックを受け取るかを理解することは、インクルージョンと生産性の推進につながります。

さらに、Microsoft 365 がどのようにグローバルなチームの連携に役立つかを、デモを通して紹介します。その 1 つであるプレゼンテーションの翻訳機能は、驚くほどです。

Surface Laptop に Word が表示されています

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入