Azure Information Protection for Office 365

会社のデータを保護するために、会社のリソースに対するアクセスのセキュリティを強化します。機密情報を組織の内外の相手と安全に共有できます。

{O365WARMMonthSubAnn|price}

ユーザー/月相当

年間契約

今すぐ無料で試す

価格には消費税は含まれていません。
Microsoft Azure Rights Management で暗号化されたメールが表示されているモニター
追加情報のコンテンツは英語版のみの場合があります
2 人の女性がノート PC を見ています

情報を組織内外の不正アクセスから保護

Azure Information Protection for Office 365 は、包括的なポリシーベースのエンタープライズ ソリューションです。会社の貴重な情報を、その共有相手にかかわらず保護するのに役立ちます。{O365WARMMonthSubAnn|price} ユーザー/月相当で、"転送不可" や "社外秘" などの保護機能に加えて Office 365 Message Encryption も利用でき、メールの送信先を問わず暗号化したメッセージを送信できます。

男性が Microsoft Surface Book で Outlook を操作しています

簡単に適用できるポリシーでデータ セキュリティを強化

Azure Information Protection for Office 365 と Office 365 Message Encryption はどちらもポリシーベースであり、Exchange トランスポート ルール エンジンと連携するように設計されています。つまり、Azure Information Protection for Office 365 では、ポリシーによる複雑な制限を 1 回の操作だけで簡単に設定できます。

男性が Microsoft Surface Book で Outlook を操作しています
共有の作業環境で、デスクトップ Windows PC を使ったり、話をしたりしている 5 人の男女

シンプルで便利なコミュニケーション管理

Azure Information Protection for Office 365 は、Exchange、SharePoint、Office のドキュメントなどのさまざまなワークロードに対応するように設計されているので、制限の設定やアクセス許可の付与が簡単です。Office 365 Message Encryption の現代的なユーザー インターフェイスは簡単に使用できます。

Azure Information Protection for Office 365 に含まれる機能:

Azure Information Protection for Office 365 (AIP)

SharePoint、Exchange、Office のドキュメントなど、さまざまなワークロードのデータを Information Rights Management で保護します。ポリシーベースのアクセス許可ルールを簡単に設定できます。
  • 不正アクセスからメールを保護: 送信するメール メッセージに AIP のさまざまなオプションを適用できます。
  • SharePoint ライブラリのセキュリティを強化: AIP を使用して適切なアクセス許可を設定します。
  • 情報の安全をオンラインでもオフラインでも守る: ファイルは Office Online で閲覧されるときでも、ローカルマシンにダウンロードされた後でも保護されます。
  • すべての Office ドキュメントとシームレスに統合: 組織の知的財産を保護するのに役立ちます。
  • カスタム テンプレートを適用: 既定の保護テンプレートのほかに、ビジネスのニーズに応じて独自のテンプレートを使用できます。

Office 365 Message Encryption

保護されたメールを、組織内外の相手と簡単に共有できます。
  • 強力な暗号化を自動化: コスト効果の高いインフラストラクチャで実現します。
  • 機密データの管理が容易: 単一アクションの Exchange トランスポート ルールを使用します。
  • 暗号化されたメールも確実に読める: 暗号化解除のためにクライアント ソフトウェアをインストールする必要はありません。
  • 送信するメッセージの暗号化と権利保護: 送信先が組織内か外部か、受信者が Office 365 のユーザーか、Office 365 以外のメール アプリケーションあるいは Web ベースのメール サービス (Gmail.com や Outlook.com など) を使用しているかを問いません。

よく寄せられる質問

すべて表示

Active Directory Rights Management サービス (ADRMS) は長年にわたり、オンプレミスのソリューションとして Office ドキュメントの保護に利用されています。Azure Information Protection for Office 365 はクラウド ベースのソリューションであり、同様の保護機能を Office 365 で使えるようにすることを目的としています。

Azure Information Protection for Office 365 は {O365WARMMonthSubAnn|price} ユーザー/月相当で、次の方法で購入できます。

  • Microsoft から直接
  • アドバイザー パートナーから
  • エンタープライズ契約
  • シンジケーション

Azure Information Protection for Office 365 は、Office 365 Enterprise E3 プランと E4 プランに含まれています。単体でも販売されており、Office 365 Enterprise E1、Office 365 Enterprise K1、Exchange Online プラン 1、Exchange Online プラン 2、Exchange Online Kiosk とともに購入できます。

Office Message Encryption を使用するための前提条件は次のとおりです。

  • Office 365 を使用している場合は、最新バージョン (Wave 15) の Exchange Online が必要です。
  • オンプレミスのメールボックスを使用している場合は、Exchange Online Protection またはハイブリッドのメールフローを使用する必要があります。

メモ: Forefront Online Protection for Exchange (FOPE) をご使用のお客様は、Exchange Online Protection に移行するまで新しい暗号化サービスを利用できません。

Exchange Hosted Encryption のすべてのユーザーは、新しい Office 365 Message Encryption へのアップグレードの対象です。既に Azure Information Protection for Office 365 のサブスクリプションを保有している場合は、暗号化サービスも自動的に利用可能になります。Office 365 Message Encryption は Azure Information Protection for Office 365 に含まれているためです。詳細については、www.getencryption.com を参照してください。