ボリューム ライセンスで購入可能なスイート製品の比較

最新の Office にアップグレードして生産性を向上させましょう。

Microsoft Office を 5 ライセンス以上購入する必要がある場合は、Office 365 Business または Office 365 ProPlus をおすすめします。常に最新バージョンの Office に加えて、ファイル共有とストレージなどのクラウド サービスも利用できる Office 365 は、サブスクリプション型のサービスです。仕事をどこからでも進めることができるようになり、付属の生産性向上サービスは組織のニーズに合わせて展開して管理することができます。
 
まだクラウドに移行する準備ができていない組織のために、ボリューム ライセンスを通して購入できる 3 つの Office スイート製品を用意しています (Office Professional Plus 2019、Office Standard 2019、Office Standard 2019 for Mac)。必要なライセンス数が 5 未満の場合は、その他の Office スイート製品の比較ページを参照してください。
 
ここでは、永続版としてボリューム ライセンスを通して購入可能な 3 つの Office スイートにどのアプリケーションが含まれているかを紹介します。関連するビジネス生産性サーバーとの統合のレベルについても、スイート製品ごとに違いがあります。
比較表
  <div class='ow-cell-specs'><p>Office Standard 2019</p></div> <div class='ow-cell-specs'><p>Office Professional Plus 2019</p></div> <div class='ow-cell-specs'><p>Office Standard 2019 for Mac</p></div>
Microsoft アカウントが必要です。


次の支払い方法をご利用いただけます

VisaMasterCard JCBAmerican Express
クレジット カードおよびデビット カードを利用できます。
Windows PC 用のデスクトップ版 Office アプリケーションを必要としている企業に最適です。
Windows PC 用のデスクトップ版 Office アプリケーションに加えてインスタント メッセージングと HD ビデオ会議の機能を必要としている企業に最適です。
Mac 用のデスクトップ版 Office アプリケーションを必要としている企業に最適です。
含まれる Office アプリケーション
  • MicrosoftOutlook
  • MicrosoftWord
  • MicrosoftExcel
  • MicrosoftPowerPoint
  • MicrosoftPublisher (Windows PC のみ)

含まれる Office アプリケーション

  • MicrosoftOutlook
  • MicrosoftWord
  • MicrosoftExcel
  • MicrosoftPowerPoint
  • MicrosoftPublisher (Windows PC のみ)
  • MicrosoftAccess (Windows PC のみ)
  • MicrosoftSkype For Business

含まれる Office アプリケーション

  • MicrosoftOutlook
  • MicrosoftWord
  • MicrosoftExcel
  • MicrosoftPowerPoint
  • 永続版の Office アプリを 1 台の Windows PC または Mac にインストール: Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Publisher
  • OneNote: OneNote の追加機能へのアクセス (機能は環境によって異なります)
  • Web 版の Word、OneNote、Excel、PowerPoint
  • グループ ポリシーを使用してコンピューターとユーザー アカウントを一元管理できます。
  • ボリューム ライセンス認証でソフトウェアを一度に多数のユーザーに展開できます。
  • ターミナル サービスを使用してリモート コンピューターや仮想マシンをネットワーク接続を介して制御できます。
  • 意思決定に役立つアプリ テレメトリを利用できます (遠隔測定とデータ収集を自動化し、有益なアナリティクスに変換)。
  • [表示のみ] Windows Server 用の Windows Rights Management サービス (RMS) との統合を通してデジタル情報を不正使用から保護します。 1
  • 永続版の Office アプリを 1 台の Windows PC または Mac にインストール: Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Publisher、Access
  • OneNote: OneNote の追加機能へのアクセス (機能は環境によって異なります)
  • Web 版の Word、OneNote、Excel、PowerPoint
  • 生産性を高めるために、離れたところにいる相手とのコミュニケーションとコラボレーションを容易にする Skype for Business を利用できます。2
  • グループ ポリシーを使用してコンピューターとユーザー アカウントを一元管理できます。
  • ボリューム ライセンス認証でソフトウェアを一度に多数のユーザーに展開できます。
  • ターミナル サービスを使用してリモート コンピューターや仮想マシンをネットワーク接続を介して制御できます。
  • 意思決定に役立つアプリ テレメトリを利用できます (遠隔測定とデータ収集を自動化し、有益なアナリティクスに変換)。
  • メールのアーカイブを Outlook から直接実行できます。 .pst ファイルは不要です。保持ポリシーを設定しておき、メールを自動的にアーカイブまたは削除することもできます。インプレース アーカイブと電子情報開示を一元管理できます。Outlook ポリシー ヒントと Exchange データ損失防止機能でメールによる機密データの漏洩を防止します。Excel のスプレッドシート検査機能でスプレッドシートをスキャンしてエラーや不整合を検出できます。スプレッドシート比較機能で監査証跡が得られます。1
  • さまざまなソースから取得した大量のデータの統合や操作を効率化し、分析を迅速に実行するための Power Pivot が Excel に組み込まれています。ピボット テーブルやピボット グラフをワン クリックするだけで、さまざまな切り口や見方でデータを調べることができます。データ、チャート、グラフを 1 つの対話型レポートにまとめるには、Power View を使います。
  • 音声通信を Lync クライアントまたは Skype for Business クライアントから開始します。連絡先一覧で名前または番号を入力して相手を呼び出すことや、ダイヤルパッドを使って PSTN 通話を発信することもできます。デバイス間の通話の切り替え、コール パーク、ボイスメールへのアクセスも Lync クライアントや Skype for Business クライアントから簡単に行うことができ、エンタープライズ VoIP 機能を VDI で使用することもできます。2
  • Windows Server 用の Windows Rights Management サービス (RMS) との統合を通してデジタル情報を不正使用から保護します。 1
  • 離れた場所や別のタイム ゾーンにいる相手とも、使い慣れた Office のツールや Skype for Business で簡単にコミュニケーションを取ることができます。1
  • 共同作業を促進しチームの生産性を高めるサイト メールボックスを利用できます。プロジェクトに関連した Exchange のメールや SharePoint のドキュメントのすべてに、Outlook の中からアクセスできます。アクセスは、適切な権限を持つチーム メンバーに限定できます。 1
  • 永続版の Office アプリを 1 台の Windows PC または Mac にインストール: Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Publisher
  • OneNote: OneNote の追加機能へのアクセス (機能は環境によって異なります)
  • Web 版の Word、OneNote、Excel、PowerPoint
  • ボリューム ライセンス認証でソフトウェアを一度に多数のユーザーに展開できます。
Microsoft アカウントが必要です。


次の支払い方法をご利用いただけます

VisaMasterCard JCBAmerican Express
クレジット カードおよびデビット カードを利用できます。

1. ビジネス生産性サーバーとの統合のレベルは、Office スイート製品ごとに異なります。組織のニーズを満たす最適なソリューションを見つけるには、Microsoft 認定パートナーにお問い合わせください。
2. ビジネス生産性サーバーとの統合のレベルは、スイート製品ごとに異なります。Skype for Business アプリケーションを使用するには Skype for Business Online サービスまたは Skype for Business Server が必要です。組織のニーズを満たす最適なソリューションを見つけるには、Microsoft 認定パートナーにお問い合わせください。