Office 365 Enterprise E5 の最新のセキュリティ機能とコンプラインス機能が、お客様のビジネスを推進します。詳細についてはこちらをご確認ください

Office 365 による継続的なコンプライアンス

このサイトでは、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関する Microsoft の取り組みと情報について説明します。

「クラウドの内部からの話題」にある、セキュリティ関連のビデオをすべて見る

組織が Office 365 を使用してインテリジェントなコンプライアンスを実現する方法について、Kamal Janardhan が解説します。
Office 365 によるインテリジェントなコンプライアンスに関するページ内ビデオを見る

コンテンツは、一部の言語ではご利用いただけないことがあります。

Office 365 のコンプライアンス ソリューション

アーカイブ、電子情報開示、Advanced eDiscovery、監査の各機能が統合された Office 365 のコンプライアンス ソリューションを使用して、組織のデータを効果的に管理しながら、法的要件や規制上の要件を遵守し、データに対する操作を監視できます。

  • Office 365 のインプレース機能を使用すると、コストやリスクを削減しながら電子情報開示のプロセスを簡略化し、関連性のあるデータをすばやく見つけることができます。
  • Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Skype for Business を対象として、データの格納、アーカイブ、保持、検出をインプレースで行うことができます。
  • データに対して実行される操作を監視して、調査します。インテリジェントにリスクを特定し、脅威を封じ込めて対処することで、貴重な知的財産を保護します。

ソリューションの詳細情報

Microsoft セキュリティ認定

第三者による検証

  • Microsoft のサービスは、ISO 27001、欧州連合 (EU) モデル契約条項、米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律の関係機関の契約 (HIPAA BAA)、および連邦情報セキュリティ マネジメント法 (FISMA) で規定された要件を満たすことが確認されています。
  • お客様が国内の規制に準拠できるよう、Microsoft のデータ処理契約ではお客様のデータのプライバシー、セキュリティ、および取り扱いについて詳細に定めています。

法令遵守への積極的な取り組み

  • Microsoft は、Office 365 のコンプライアンス フレームワークに 900 を超えるコントロールを組み込んだため、常に進化し続ける業界標準にいち早く対応できます。
  • 専門のコンプライアンス チームが、基準および規制を継続的に追跡し、製品チームがサービスに組み込むための共通のコントロール セットを開発しています。

認定の詳細情報

業界標準および業界規制に関する Office 365 コンプライアンス フレームワーク

このコンプライアンス フレームワークでは、国際標準や地域および業界の標準への Office 365 のコンプライアンスについてお客様にわかりやすく説明しています。

ホワイト ペーパーを読む

Office 365 のコンプライアンス標準のトップ 10

Microsoft では、お客様がクラウド生産性向上サービスのセキュリティと信頼性を判断する上で役立つように、情報に基づいた意思決定を行うためのプライバシーとセキュリティに関する主な考慮事項を定めました。

機能を確認する

電子情報開示のコストと手間を軽減

Office 365 Advanced eDiscovery には、Equivio 機械学習、プレディクティブ コーディング、テキスト分析の機能が統合されており、電子情報開示のために大量のデータを並べ替える際の手間とコストを軽減できます。

記事を読む

電子情報開示と訴訟ホールドの機能は非常に役立ちます。弊社は Microsoft Exchange Online を使用することにしました。これらの機能を使用することで、(省略) 規制要件を簡単に遵守できるようになるでしょう。—Arup Sanyal 氏

全文を読む

Office ブログ

Office 365 の画面、Office 365 がより高いプライバシー、セキュリティ、規制コンプライアンスを実現する方法に関するブログ記事に移動する

Office 365 によるプライバシー、セキュリティ、コンプライアンスの向上

クラウドに移行する企業が増加し、どこにいてもクラウド サービスを使用して仕事をするユーザーが増加する中で、信頼の重要性はかつてないほど高まっています。

Office 365 のロゴ、ブログ記事「Announcing compliance toolset for public folders (パブリック フォルダー用コンプライアンス ツールセットを発表)」に移動する

パブリック フォルダー用コンプライアンス ツールセットを発表

Office 365 アーカイブおよび電子情報開示ツールセットが拡張され、パブリック フォルダーが対象として含まれました。お客様はパブリック フォルダーのコンテンツを保留にすることができます。

Office 365 クラウドのグラフィック、ブログ記事「セキュリティとコンプライアンスを監視する新しい Office 365 Management Activity API を発表」に移動する

セキュリティとコンプライアンスを監視する新しい Office 365 Management Activity API を発表

新しい Management Activity API では、対象となるトランザクションの種類とログが増加され、Office 365 内のすべてのユーザーと管理者のトランザクションがこれまで以上に詳細に表示されます。

sWbn9p3X0zA
注: ビデオは英語です。