Office 365 のコンプライアンス ソリューション

このサイトでは、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関する Microsoft の取り組みと情報について説明します。

Office 365 Advanced eDiscovery の動作を確認する

Office 365 Advanced eDiscovery の仕組みを Kamal Janardhan がご紹介します。
Office 365 による継続的なコンプライアンスに関するページ内ビデオを見る

コンテンツは、一部の言語ではご利用いただけないことがあります。

 
すべて表示
コンプライアンス センターの Office 365 の電子情報開示の事例を表示したノート PC

インテリジェントなインプレース電子情報開示

Office 365 には、データの保管、検索、分析、エクスポートなどの インプレース電子情報開示のための豊富な機能が用意されており、コストやリスクを低減しながら電子情報開示のプロセスを簡略化し、関連性のあるデータをすばやく特定できます。

高度なデータ分析による効率化

電子情報開示のプロセスでは、多くの場合、少数の関連ファイルを見つけるために、何千ものメール メッセージ、ドキュメント、その他のデータを選別する必要があります。Office 365 Advanced eDiscovery には Equivio 機械学習、予測符号化、テキスト分析の機能が統合されており、大量のデータを選別する際のコストや手間を軽減できます。

関連性の高いデータをすばやく特定

Office 365 Advanced eDiscovery は、類似ファイルを見つけ、メールのスレッドを再構築し、重要なテーマやデータの関係性を特定することで、処理するデータ量を減らします。ユーザーがシステムを使いこむほど、大規模で構造化されていないデータ セットをインテリジェントに探索して分析できるようになり、関連性の高いデータをすばやく絞り込むことができます。このデータを、サードパーティのアプリケーションにエクスポートして精査できます。

コンプライアンス センターの Office 365 のアーカイブ機能を表示したタブレット

すべてのデータを 1 か所に保管

電子データの量が急激に増加していく状況では、データの保持や削除を適切に行い、データのライフサイクル全体を統制することが不可欠です。Office 365 のアーカイブを使用すると、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Skype for Business を対象として、データの格納、アーカイブ、保持、情報開示をインプレースで行うことができます。

Office 365 のアーカイブは、組織が SEC Rule 17a-4 などの記録の保存に関する業界固有の規制要件の対象になる場合のニーズも満たします。

オンプレミスのデータを移行

オンプレミスのデータを Office 365 に移行すると、コンプライアンスの制御を適用できます。Office 365 向けインポート サービスを利用すると、オンプレミスのメールやドキュメントを Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business に簡単に移行できます。

Office 365 の外部からデータを移行

データが確実にコンプライアンスの基準に従って保存され、保護されるようにするには、メールに配慮するだけでは不可能になってきました。ソーシャル メディア、インスタント メッセージング、その他のコラボレーション プラットフォームを含めた新しいコミュニケーション手段についても考慮する必要があります。包括的な Office 365 のアーカイブ ソリューションでは、Microsoft パートナーから提供される広範囲のサードパーティのデータ ソースに接続できます。

  • ソーシャル: Twitter、Facebook、LinkedIn など
  • インスタント メッセージング: Yahoo Messenger、ハングアウト、Cisco Jabber など
  • ドキュメント コラボレーション: Box、DropBox など
  • 特定業種: SalesForce Chatter、Thomson Reuters、Bloomberg など
  • SMS/テキスト メッセージング: BlackBerry、MobileGuard など

コンプライアンス センターの監査ログ検索ウィンドウを表示したモニター

透明性の強化

データに対して実行される操作を監視して、調査します。インテリジェントにリスクを特定し、脅威を封じ込めて対処することで、貴重な知的財産を保護します。

アクティビティの継続的な記録とレポート

ユーザーおよび管理者のアクティビティ イベントについては、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online、Azure Active Directory でのイベントがまとめてログに記録されます。Office 365 のアクティビティ レポートを使用すると、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online、Azure Active Directory のユーザー、ファイル、その他のリソースを検索して、アクティビティを調査できます。

Office 365 管理アクティビティ API

管理アクティビティ API は、すべてのユーザーと管理者が Office 365 内で実行したトランザクションを、これまでに提供されなかった情報まで詳細に可視化する RESTful API です。この管理アクティビティ API を使用すると、組織や他のソフトウェア プロバイダーは、セキュリティとコンプライアンスを監視およびレポートする自社製ソリューションに Office 365 のアクティビティ データを取り込むことができます。

コンプライアンス ソリューション資産のトップ 3

Office 365 でのアーカイブに関するホワイト ペーパー、Word ファイルをダウンロードする

ルール 17a-4 へのコンプライアンスのための Microsoft Office 365 でのアーカイブ

企業が SEC (Securities and Exchange Commission: 証券取引委員会) の規制に準拠するためにビジネス関連のコミュニケーションを保存する際に Office 365 がどのように役立つかをご確認ください。

ホワイト ペーパーを読む

オフィスでノート PC の画面を見ている 2 人の男性、電子情報開示のコストと手間に関する記事を読む

電子情報開示のコストと手間を軽減

Office 365 Advanced eDiscovery には、機械学習、予測符号化、テキスト分析の機能が統合されており、電子情報開示のために大量のデータを選別する際のコストと手間を軽減できます。

記事を読む

Office ブログのロゴ、Office 365 でのサードパーティ データのアーカイブに関する記事を読む

サードパーティ データのアーカイブ機能が世界中で利用可能に

Office 365 のアーカイブ機能は、既に SharePoint や OneDrive for Business 上のドキュメント、Skype for Business の会議や会話のデータに利用されていますが、サードパーティのデータもアーカイブできるようになりました。ここでは、その方法を説明しています。

記事を読む

画面に 4 つの円グラフを表示した Surface タブレット

Office 365 を今すぐ使い始めましょう

Office 365 のコンプライアンス ソリューションとその他の高度な機能は、特定の Enterprise プランで利用できます。Office 365 Enterprise プランの各機能を比較して、最適なプランを選んでください。

プランと価格を比較する
yPEGF3Auw_M
注: ビデオは英語です。