Office 365 Enterprise E5 の最新のセキュリティ機能とコンプラインス機能が、お客様のビジネスを推進します。詳細についてはこちらをご確認ください

Office 365 の
組み込みセキュリティ

このサイトでは、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関する Microsoft の取り組みと情報を紹介します。
セキュリティ上の新たな脅威に対して Microsoft が Office 365 で実施している取り組みに関するページ内ビデオを見る

コンテンツは、一部の言語ではご利用いただけないことがあります。

Office 365 はセキュリティが強化されたサービスであり、Microsoft セキュリティ開発ライフ サイクルに従って設計されています。Microsoft は、エンタープライズ ソフトウェアの構築とオンライン サービスの管理における 20 年の経験から得られたベスト プラクティスをまとめて、統合された SaaS (Software as a Service) ソリューションをお客様に提供します。

Office 365 はサービス レベルで多層防御のアプローチを採用しており、物理層、論理層、データ層のセキュリティ機能と運用上のベスト プラクティスを実現します。エンタープライズ仕様のユーザーと管理者によるコントロールも Office 365 の特徴であり、お客様の環境のセキュリティをさらに強化します。

 
すべて表示
  • データ センターを 24 時間監視します。
  • データ センターへのアクセスに対する生体認証スキャンなど、多要素認証を実施します。
  • 外部ネットワークから内部データ センター ネットワークを分離します。
  • 役割を分離して、特定の顧客データの格納場所が、物理的にアクセスできる社員に認識されないようにします。
  • 壊れたドライブとハードウェアを消磁して破壊します。
  • ロックボックス プロセスはエスカレーション プロセスを厳格に監視するための機能であり、お客様のデータに対する人的なアクセスを大幅に制限します。ロックボックスをアクティブにする方法については、こちらを参照してください
  • サーバーはホワイトリスト上のプロセスのみを実行して、悪意のあるコードによるリスクを最小限にします。
  • 専門の脅威管理チームが、悪意のあるアクセスを積極的に予測、回避、軽減します。
  • ポートのスキャン、境界の脆弱性のスキャン、侵入検出により、悪意のあるアクセスを防止または検出します。
  • 保存時に暗号化を行い、サーバー上のお客様のデータを保護します。
  • SSL/TLS による転送時の暗号化で、お客様と Microsoft 間で送信されるデータを保護します。
  • 脅威の管理、セキュリティの監視、ファイルおよびデータの整合性により、データの改ざんを防止または検出します。
  • Exchange Online Protection はスパムとマルウェアに対する高度なセキュリティと信頼性を実現し、情報とメールへのアクセスを保護します。
  • Office 365 Message Encryption を利用すると、メールの送信先にかかわらず、ユーザーがメールを暗号化して送信できるようになります。受信者が使用するメール サービスの種類を問いません。
  • データ損失防止を Rights Management や Office 365 Message Encryption と組み合わせると、管理者による詳細な制御が可能になり、適切なポリシーを適用して機密データを保護できます。
  • S/MIME を採用し、証明書ベースのメール アクセスでメッセージのセキュリティを確保します。
  • Azure Rights Management により、適切なユーザー資格情報のないファイル レベルのアクセスを防ぎます。
  • 多要素認証で電話などの第 2 要素を使用して、サービスへのアクセスを保護します。
  • データ損失対策により、ユーザーに教育と権限を提供しつつ、組織の内外に機密データが漏れるのを防ぎます。
  • 組み込みのモバイル デバイス管理機能により、企業データへのアクセスを管理できるようにします。
  • Intune によって提供される Office モバイル アプリのモバイル アプリケーション管理により、これらのアプリに含まれるデータを保護するためのきめ細かいコントロールを提供します。
  • 組み込みのウイルス対策とスパム対策の保護機能に加えて高度な脅威防御で外部の脅威から安全に保護します。
  • Office 365 Cloud App Security で Office 365 環境の可視性を高め、コントロールを強化します。

British Airways はモバイル デバイスの種類やオペレーティング システムを問わずデータのセキュリティを維持しています

British Airways のロゴ、British Airways が Yammer および Office 365 をどのように利用しているかを確認する

弊社は、費用対効果が高く、複数のモバイル デバイスとオペレーティング システムですぐに実行できる安全でセキュリティの高いソリューションを求めていました。 —Julie Boddy 氏

全文を読む

Office 365 のセキュリティに関するホワイト ペーパー

組織がクラウド サービスへの移行を検討するときに、セキュリティの懸念は無視できません。その懸念に Office 365 がどのように対処するかを説明します。

ホワイト ペーパーを読む

セキュリティ機能とプライバシー機能のトップ 10

セキュリティとプライバシーに関して考慮すべき事項の上位に挙げられるものを紹介します。クラウド サービス プロバイダーとそのサービスのセキュリティと信頼性を判断するのに役立ててください。

機能の説明を読む

Microsoft Exchange Online Protection (EOP) を使用したメールの保護

このホワイト ペーパーでは、悪意のあるメール メッセージによって組織のセキュリティが侵害されないようにするために、Microsoft Exchange Online Protection (EOP) で採用されている多層防御のアプローチについて説明します。

ホワイト ペーパーを読む

情報を保護するためのカスタマー コントロールに関するホワイト ペーパー

このホワイト ペーパーでは、お客様が求めるセキュリティとコンプライアンスのコントロールを Office 365 がどのように実現するかを概説し、そのニーズを期待以上に満たす Office 365 の仕組みと、今後も続く技術革新について説明します。

ホワイト ペーパーを読む

での機密データの監視と保護Office 365

Microsoft IT は、社内ユーザーがどのように情報を共有しているかを知るための Power BI ダッシュ ボードを作成しました。このソリューションがどのように機密データの共有を検出し、情報セキュリティのリスクを先回りして管理しているかをご覧ください。

ケース スタディを読む

Office 365 での暗号化の概要のホワイト ペーパー

このホワイト ペーパーの内容は、Office 365 での暗号化の概要です。暗号化とは何で、なぜデータのセキュリティとプライバシーを守るうえで重要かを説明し、Office 365 で利用できる暗号化の方法を紹介します。

ホワイト ペーパーを読む

Office ブログ

Office 365 のロゴ、Office ブログのブログ記事「4 月の更新: Office 365 セキュリティおよびコンプライアンス」を読む

4 月の更新: Office 365 セキュリティとコンプライアンス

この 1 か月間に、Office 365 チームはカスタマー ロックボックスの対象ワークロードの拡大と Office 365 の新しい機能を発表しました。たとえば、セキュリティ管理の向上や電子情報開示のコスト削減などです。

Rudra Mitra が Office 365 のデータ保護について語っています。Office 365 でのデータ保護に関する Office ブログの記事を読みます。

クラウドの内部からの話題 -が備えているデータ保護 Office 365 ?

データ損失防止 (DLP)、Advanced Threat Protection (ATP)、インテリジェントな保護など、お客様のデータを保護するための Microsoft の最新の取り組みについて説明します。

Exchange Online Protection の更新のデモンストレーション、危険なメールの脅威と戦う Office 365 機能についてご一読ください。

危険なメールの脅威と戦う先進的な機能

最も危険なメール脅威を積極的に識別してブロックする、Exchange Online Protection と Advanced Threat Protection サービスの新機能について説明します。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。
yxvzAcdXEjY
注: ビデオは英語です。