Office を購入する

Windows 7 以降で使用できます。Office 365 for Mac には Mac OS X 10.10 が必要です。Microsoft アカウントが必要です。

各オプションを確認する

ご利用可能なお支払方法

credit card 4credit card 3
credit card 2credit card 1

クレジット カードおよびデビット カードを利用できます。

Office 365 Solo

常に最新バージョンの Office デスクトップ アプリケーションと Office で役立つ便利なサービスを 1 つにまとめたサブスクリプション (年間または月間契約) の Office

含まれる Office アプリケーション

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Access (Windows PC のみ)
  • Publisher (Windows PC のみ)

含まれるサービス

  • OneDrive
  • Skype
  • 常に最新版の Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access*
  • OneNote: その他の OneNote 機能へのアクセス (機能はバージョンにより異なります)
  • 同一ユーザーが使用する複数の Windows PC または Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android) で利用可能
  • 1 TB の OneDrive オンライン ストレージ
  • ランサムウェアの検出とファイルの回復
  • 安全な同期と共有
  • ドキュメントを他のユーザーとオンラインで共同編集
  • Outlook.com の高度なセキュリティ、広告なし、50 GB のメールボックス
  • Microsoft のエキスパートによるチャットや電話でのプレミアム サポート。
  • サブスクリプションの期間 (年間または月間) を選択可能。サブスクリプションはキャンセルするまで継続します。
  • *Publisher と Access は Windows PC のみ

Office Home & Business 2019

{HomeAndBiz2019|price}
永続ライセンス

家庭とビジネスの両方で使用する方に最適な Office

含まれる Office アプリケーション

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook

含まれるサービス

(含まれていません)
  • 永続版の Office アプリケーション: Word、Excel、PowerPoint、Outlook
  • OneNote: その他の OneNote 機能へのアクセス (機能はバージョンにより異なります)
  • 同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC または Mac で利用可能 オペレーティング システムの要件に関する情報を示すヒント

Office Personal 2019

{Personal2019|price}
永続ライセンス

基本的なアプリケーションを家庭で使用する方に最適な Office

含まれる Office アプリケーション

  • Word
  • Excel
  • Outlook

含まれるサービス

(含まれていません)
  • 永続版の Office アプリケーション: Word、Excel、Outlook
  • OneNote: その他の OneNote 機能へのアクセス (機能はバージョンにより異なります)
  • 同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC で利用可能 オペレーティング システムの要件に関する情報を示すヒント

Windows 7 以降で使用できます。Office 365 for Mac には Mac OS X 10.10 が必要です。Microsoft アカウントが必要です。

オプションを見る:

永続版の Office をお探しの場合

Windows 10 で使用できます。Office 2019 for Mac には最新またはその 2 つ前までのバージョンの macOS が必要です。

Office Home & Business 2019 を購入する

同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC または Mac で Word、Excel、PowerPoint、Outlook を利用可能。追加で OneNote の機能も利用可能。

{HomeAndBiz2019|price}

Office Professional 2019 を購入する

同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC で Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access を利用可能。追加で OneNote の機能も利用可能。

{OPro2019|price}

Office Home & Student 2019 for Mac を購入する

同一ユーザーが使用する 2 台の Mac で Word、Excel、PowerPoint を利用可能。追加で OneNote の機能も利用可能。

{OMACHomeAndStud2019|price}

Office Personal 2019 を購入する

同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC で Word、Excel、Outlook を利用可能。追加で OneNote の機能も利用可能。

{Personal2019|price}

その他のオプションをお探しの場合

学生向けの Office を入手する

すべてのオプションを比較する

Office を無料で試す

Office 365 サブスクリプションを更新する

Windows 10 または macOS で使用できます。対応するシステムの詳しい情報と機能の使用要件については、システム要件を参照してください。

Publisher を購入

{MsPub2019|price}

Access を購入

{MsAcc2019|price}

よく寄せられる質問

すべて表示

Office 365 を Windows PC で使用するには、Windows 7、Windows 8.1、または Windows 10 を実行している必要があります。Mac で使用するには macOS 10.10 以上が必要です。

Office 2019 (永続版) を Windows PC で使用するには Windows 10 が必要です。Mac では、最新バージョンとその 2 つ前までのバージョンの macOS がサポートされます。

Apple® と Android™ のタブレットの要件など、その他の情報についてはシステム要件をご覧ください。

Office 2007、Office for Mac 2008、Office 2010、Office for Mac 2011、Office 2013、Office 2016 のアプリケーションでは、特別な操作を行わなくても最新バージョンで作成されたドキュメントを開くことができます。

インターネット アクセスは、インストールとライセンス認証のときに必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Office 365 のすべてのサブスクリプション プランに共通です。Office 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときなどです。OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。また、使用している Office のバージョンを常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。

インターネットに接続していなくても Office のアプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリケーションはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。

OneDrive は、ドキュメント、メモ、写真、音楽、ビデオ、その他の種類のファイルを保存できるオンライン ストレージ サービスです。OneDrive に保存したファイルには、ほぼどのデバイスからでもアクセスでき、他の人と共有することもできます。OneDrive へのサインアップはこちらから

はい。あなたが作成したドキュメントは、すべてあなたのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかは、自分で選ぶことができます。サブスクリプションをキャンセルした場合にどうなるかについては、こちらを参照してください

Skype を使用すると、お使いのコンピューター、携帯電話、その他のデバイスからインターネット経由で電話をかけることができます。Skype アカウントを持つ人との通話、ビデオ通話、インスタント メッセージは無料です。Skype 通話プランを使用すると、相手が Skype アカウントを持っているかどうかに関係なく、友人や家族の携帯電話や固定電話にかけることができます。

Skype 通話プランは、携帯電話、タブレット、テレビなど、Skype がインストールされていればどのデバイスでも使用できます (国または地域によってはご利用いただけない場合があります)。有効な Office 365 サブスクリプションごとに毎月 60 分の Skype 通話プランを無料で利用できます。この通話時間は毎月リセットされます。

携帯電話への発信ができるのは一部の国のみとなります。Skype 通話プランは一部の国でのみ利用できます。詳しくはこちらを参照してください

Microsoft アカウントには 1 つのサブスクリプションのみを関連付けることができます。同じ Microsoft アカウントを使用して複数の Office 365 サブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプション期間が最大 5 年間まで延長されます。Office をインストールできるデバイスの数が増えたり、サブスクリプションで利用できるオンライン ストレージの容量が増加したりするわけではないことにご注意ください。

  • MicrosoftStore.com または Office.com を通じて Microsoft から継続請求サブスクリプションを購入した場合は、以下の 2 つのキャンセル方法があります。
    • オンラインでキャンセルするには、www.office.com/myaccount にアクセスして、支払いと請求のセクションで継続請求オプションをオフにします。この方法では、残りのサブスクリプション期間が終了するとサブスクリプションは自動的に失効します。
    • すぐにキャンセルするには、Microsoft サポートに即時キャンセルを依頼してください。
  • 継続請求サブスクリプションを Apple から iTunes Store を通じて購入した場合は、Apple でサブスクリプションをキャンセルする必要があります。詳細については、こちらを参照してください
  • 継続請求サブスクリプションをその他の販売店から購入した場合は、その販売店でのキャンセル手続きが必要になる可能性があります。このことを確認するには、www.office.com/myaccount にアクセスして、支払いと請求のセクションを調べます。"購入元: [販売店名]" と表示されている場合は、その販売店でキャンセルする必要があります。
iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。