まだ Office 2007 をお使いですか? Office 365 の常に最新のアプリとサービスがあれば、より多くのことを達成できます。

Office 2007 は廃止されました

引き続きサポートを受けるには、更新が必要です。製品サポートを受けるには、Office 365 にアップグレードしてください。

毎月提供される新機能

使い慣れた信頼性のある Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote) を常に最新の状態で使用できます。

Woman working on laptop

使用するデバイスを選ばない

Office 365 は、Mac、Windows PC、タブレット、スマートフォンにインストールできます。フル機能の Office を Windows PC または Mac にインストールすると、ドキュメントにアクセスするためにインターネットに接続する必要はありません。

Small group meeting

どこからでもアクセス

ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive オンライン ストレージが提供され、ドキュメントの共同作業、共同編集、共有に使用することができます。必要なときにいつでもどこにいても、すべてのドキュメント、写真、ビデオにアクセスできます。

Lunch meeting with multiple devices

Microsoft サポート

アプリとサービスが統合され、IT レベルの Web サポートと 24 時間年中無休の電話サポートを 1 か所から要求することができます。重要な問題を解決することも、必要な回答を得ることもできます。

Woman on device at coffee shop

使い慣れたアプリにすべての最新機能をプラス

使い慣れたアプリにすべての最新機能をプラス

Word

印象的な文書の作成に役立つスマートなツールを使用して、文書作成力を向上することができます。

詳細情報

Excel

Excel で複雑な分析を実行することにより、データについて理解を深めることができます。

詳細情報

PowerPoint

Office 365 の PowerPoint を使用して、プレゼンテーションの視覚的な効果を最大限に高めることができます。

詳細情報

OneNote

入力や描画などが可能なデジタル ノートブックの OneNote を使用して、すべてを整理することができます。

詳細情報

Outlook

インテリジェントな受信トレイで生産性を向上できるだけでなく、最も重要なメールに集中することもできます。

詳細情報

Publisher

本格的なニュースレター、カタログなどの作成に役立つシンプルなツールです。

詳細情報


|


Office 2007 には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などのアプリケーションが含まれています。これらは 1 台の Windows PC で使用できる 1 回限りの購入版として入手できます。

Office 365 のプランには、これらのアプリケーションの Premium バージョンに加えて、インターネットを介して利用できる他のサービスも含まれています。たとえば、OneDrive のオンライン ストレージや、家庭向け Skype 通話プランなどです。2 Office 365 では、フル機能の Office アプリケーションを Windows PC、Mac、タブレット (iPad® や Android™ タブレットなど)、スマートフォンにインストールして使用することができます。1 Office 365 プランは、月額制または年間契約のサブスクリプションとして利用できます。詳細情報


Windows および macOS の互換バージョン、およびその他の機能の要件については、システム要件に関するページをご覧ください。

Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリケーションは、お使いのコンピューターにフル インストールされるため、これらのアプリケーションを使用するためにインターネットに接続する必要はありません。

ただし、これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Office 365 のすべてのサブスクリプション プランのインストールおよび有効化にはインターネット アクセスが必要です。Office 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときなどです。さらに、OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。

また、購入した Office を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。


はい。あなたが作成したドキュメントは、すべてあなたのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかは、自分で選ぶことができます。

サブスクリプションをキャンセルした場合、またはサブスクリプションの契約期間が終了した場合でも、Office 365 のセットアップ時に使用した Microsoft アカウントで OneDrive に直接サインインすると、すべてのファイルにアクセスしてファイルをダウンロードすることができます。サブスクリプションに含まれていた追加ストレージは使用できなくなるため、OneDrive アカウントの無料ストレージ容量を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。


自動更新サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了したときにサブスクリプションが開始します。自動更新サブスクリプションは、Office365.com、MicrosoftStore.com、iTunes®、およびその他の小売店から購入できます。前払い方式のサブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプションのライセンス認証を行ってマイ アカウント ページに自動的に移動したときからサブスクリプションが開始します。前払い方式のサブスクリプションは、小売店やリセラー、または Microsoft サポート エージェントから購入できます。


有効期限が近づくと、お客様は Office アプリケーション内や電子メール経由で、もうすぐ期限が切れることを警告する通知を受け取ります。サブスクリプションの有効期限が切れると、Office ソフトウェア アプリケーションは読み取り専用の機能制限モードになります。つまり、ドキュメントの表示または印刷はできますが、新しいドキュメントを作成したり、既存のドキュメントを編集したりすることはできなくなります。

Office のすべての機能を再び利用できるようにするには、新しいバージョンの Office を www.office365.com または販売店で購入してください。以前のバージョンの Office に戻して、そのすべての機能を利用することもできますが、Office Online では無料で基本的な編集を行うことができます。


"クラウド" とは、組織の外部でホストされる Web ベースのコンピューティング サービスの名称です。クラウドベースのサービスを使用する場合、サーバーを自宅や会社 (オンプレミス) に置いて自分で保守するのではなく、IT 基盤は社外 (オフプレミス) に置かれ、第三者によって保守 (ホスト) されます。Office 365 を例に取ると、情報の保管、コンピューター処理、ソフトウェアは Microsoft が所有するサーバー上に置かれ、リモートで管理されます。Web ベースのメール、モバイル バンキング、写真のオンライン保存など、日常的に使われている多くのサービスがクラウドの一部となっています。この基盤はオンライン、つまり "クラウド上" にあるので、ほとんどどこからでも、Windows PC、タブレット、携帯電話などのデバイスを使用してインターネット経由でアクセスできます。

Microsoft Office のリソース

Office 2007 は廃止されました

引き続きサポートを受けるには、更新が必要です。引き続き製品サポートを受けるには、Office 365 に更新してください。

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の情報と新しい Office 365 へのアップグレード方法を紹介しています。

1
モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。お客様の国/地域での提供状況については、こちらを参照してください。

2 Skype 通話プランを利用できるかどうかは、国/地域によって異なります。詳細情報

Office 365 は、Office の最新バージョンです。以前のバージョンには、
Office 2013
Office 2010
、Office 2007 があります。

iTunes、iPhone、iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。