今すぐ Microsoft Office 2007 から Office 365 にアップグレードしてさらに生産性を高めましょう

まだ Office 2007 をお使いですか? Office 365 にアップグレードして生産性をさらに高めましょう。Office 365 サブスクリプションを使用すれば、複数の PC、Mac、その他のデバイスに最新の Office アプリケーションをすべてインストールできます。また、ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive クラウド ストレージ、24 時間年中無休のサポートなどもご利用になれます。

Office 365 には家庭向けと一般法人向けがあります。

Microsoft Office 2007 サポート終了のロゴ。Office のサポート終了ページに移動する。

Office 2007 は 2017 年にサポートが終了します

引き続きサポートを受けるには、更新が必要です。詳細については、Office のサポート終了ページを参照してください。

Office 365 の特長

使い慣れた信頼できる Office アプリケーションの最新版

プラス記号

複数の Mac、PC、タブレット、スマートフォンにインストール可能

プラス記号

ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive クラウド ストレージにドキュメント、写真、動画を保存

プラス記号

IT レベルの Web サポートと電話サポート (緊急度の高い問題の場合)

Office アプリケーションの新機能

すべて表示

Word 2007 からのアップグレード

Word 2007 と Word 2016 の機能の比較
Word の機能

Word 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Word 2007 機能詳細、その他

機能
リアルタイム入力

1 つのドキュメントを他のユーザーと共同で編集しているときに、他のユーザーの作業場所と編集内容をリアルタイムで確認できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
閲覧モード

画面の大小にかかわらず、すっきりとした表示で快適に読むことができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
PDF リフロー

PDF 文書を Word で開き、独自の編集を加えて Word 文書を作成することができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
Windows 10 との連携でさらに便利に作業

少し使ってみるだけで、Office モバイル アプリが外出先でも効率よく作業できる最適なオプションであることがわかります。すべての Windows 10 デバイスで、場所、時間に関係なく、高い信頼性を保ちながらドキュメントを編集できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}
{r5:c1}
{r5:c3}

Excel 2007 からのアップグレード

Excel 2007 と Excel 2016 の機能の比較
Excel の機能

Excel 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Excel 2007機能の詳細、その他

機能
ワンクリック予測

1 回クリックするだけで、履歴データに基づいて予測グラフを作成し、将来の傾向を予測します。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
クイック分析

ピボット テーブル、条件付き書式、スパークラインを使用して簡単に書式を適用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
おすすめグラフ

お客様のデータに最適なおすすめグラフをプレビューで表示してから、お好みのグラフを選択できます

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
シンプルな共有機能

リボンの [共有] をクリックするだけで、ドキュメント画面から簡単に共有できます。ドキュメントのアクセス権を持っているユーザーや、ドキュメントを編集しているユーザーを確認することができ、所有しているドキュメントの編集権限を個別に変更することができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}
{r5:c1}
{r5:c3}

PowerPoint 2007 からのアップグレード

PowerPoint 2007 と PowerPoint 2016 の機能の比較
PowerPoint の機能

PowerPoint 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

PowerPoint 2007機能の詳細、その他

機能
テーマのバリエーション

クリック 1 回でスライドの外観を変えることができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
スライド ナビゲーター

一覧を見ながら該当スライドに移動できます。オーディエンスには、提示しているスライドのみ表示されます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
図形の結合

型抜き/合成、切り出し、重なり抽出、単純型抜きといったツールを使って、2 つの図形から好きな形の図形や画像を作成できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
共同編集

使用しているデバイスに関係なく、1 つのドキュメントを複数のユーザーが同時に編集できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}
{r5:c1}
{r5:c3}

OneNote 2007 からアップグレード

OneNote 2007 と OneNote 2016 の機能の比較
OneNote の機能

OneNote 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

OneNote 2007機能の詳細、その他

機能
共有ノートブック

1 つの場所にプロジェクト情報を収集し、ノートブックを共有できるため、他のユーザーと共有作業ができるようになります。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
OneNote

タブレットが強力なノート取りツールになり、Windows 8 や Windows 10 の新しい機能をフルに活用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
場所を問わないアクセス

テキスト、音声、ビデオ、メモ、Web クリップなどのさまざまな情報をオンラインで瞬時にキャプチャして、場所を問わず、どのデバイスからでもアクセスできます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}

Outlook 2007 からアップグレード

Outlook 2007 と Outlook 2016 の機能の比較
Outlook の機能

Outlook 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Outlook 2007機能の詳細、その他

機能
最新の添付ファイル機能

最近使ったアイテムからドキュメントを添付して、OneDrive または SharePoint のメール受信者と共有します。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
メール トリアージ

ユーザーがどのメールを優先して読んだかを Outlook が学習し、優先度の低いメッセージを自動的に別のフォルダーに入れます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
操作アシスト

アプリで実行したい操作を自由に入力するだけで、手順や追加のリソースを [操作アシスト] が案内してくれます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}

Publisher 2007 からアップグレード

Publisher 2007 と Publisher 2016 の機能の比較
Publisher の機能

Publisher 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Publisher 2007機能の詳細、その他

機能
図を操作する

最近使ったアイテムからドキュメントを添付して、OneDrive または SharePoint のメール受信者と共有します。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
写真の背景

写真や他の画像を使用して、文書のページの背景を魅力のあるものにします。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}

Microsoft Office 2007 リソース

既存のプロダクト キーを使って Office 2007 をダウンロードする

Office 2007 は 2017 年にサポートが終了します

引き続きサポートを受けるには、更新が必要です。詳細については、Office のサポート終了ページを参照してください。

以前のバージョンの Office

よく寄せられる質問

すべて表示

Office 2007 スイート製品には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などのアプリケーションで構成されるパッケージです。購入されたパッケージは PC 2 台までお使いいただけます。

Office 365 のプランには、これらのアプリケーションの 2016 バージョンに加えて、インターネットを介して利用できる他のサービスも含まれています。たとえば、OneDrive のオンライン ストレージや、家庭向け Skype 通話などがあります。Office 365 では、フル機能の Office アプリケーションを PC、Mac、タブレット (iPad® と Android™ タブレットを含む)、スマートフォンにインストールして使うことができます。Office 365 のプランは、月額制または年間契約のサブスクリプションとしてご利用いただけます。詳細情報

Office の現在のバージョンは、Windows 7 以降を実行する PC と、Office 2016 for Mac 用の Mac OS X 10.10 以降の Mac をサポートします。Apple ® と Android™ タブレットの要件などの詳しい情報については、 詳細なシステム要件をご確認ください

インターネット アクセスは、インストールとライセンス認証のときに必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Office 365 のすべてのサブスクリプション プランに共通です。Office 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときです。OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。また、購入した Office を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 39 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。インターネットに接続していなくても Office のアプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。フル機能のアプリケーションがユーザーのコンピューターにインストールされているためです。

はい。作成したドキュメントは、作成したユーザーのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの PC や Mac に保存するかを選ぶことができます。

サブスクリプションをキャンセルする場合の詳細については、Office に関してよく寄せられる質問のページを参照してください。

自動更新サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了したときにサブスクリプションが開始します。自動更新サブスクリプションは、Office365.com、MicrosoftStore.com、iTunes®、およびその他の小売店から購入できます。前払い方式のサブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプションのライセンス認証を行ってマイ アカウント ページに自動的に移動したときからサブスクリプションが開始します。前払い方式のサブスクリプションは、小売店やリセラー、または Microsoft サポート エージェントから購入できます。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。