Exchange の主要機能

ユーザーの生産性と組織のセキュリティを向上させ、必要な管理機能も引き続き利用できます。

試用または購入
メール システムを管理する Exchange 管理センターのページ。

管理機能も引き続き利用可能

Exchange では、固有のニーズに基づいてソリューションをカスタマイズできます。常にコミュニケーションを取れるようにすると同時に、管理機能も引き続き利用できます。オンラインとオンプレミスの両方のメールボックスを使って、クラウドへの迅速な移行、オンプレミスでの展開、ハイブリッド展開の管理などに対応します。データ損失防止や Office 365 グループなどの強力な機能Office 365 グループの要件を示すヒント。を、使いやすい Web ベースの Exchange 管理センターから管理できます。役割ベースのアクセス制御で、Exchange の効率的な管理、タスクの委任をサポートします。Exchange のアーカイブ機能、大容量メールボックス、保持ポリシーを利用して、ユーザーは重要なデータを 1 か所に保管することができ、管理者はストレージやコンプライアンスに関する要求を管理することができます。

Exchange を利用した Outlook on the web のユーザーの受信トレイ。

どのデバイスでも高い生産性

Exchange では、増え続ける複数デバイス間でのコミュニケーションを管理して生産性を向上させ、チームの共同作業を効率化することができます。受信トレイでは、関連性のある重要なメッセージに集中し、自分の業務に合ったルールを設定することができるので、作業が迅速に進みます。Office 365 グループOffice 365 グループの要件を示すヒント。は、共同作業の簡素化と強化に役立ちます。必要なユーザー、情報、ツールをつなげ、連携してより大きな成果を達成することができます。チームは、グループの受信トレイ、予定表、会話機能を利用して、自主的に管理を行い、作業を進めることができます。OneDrive for Business では、グループでファイルを簡単に共有できます。リアルタイムでファイルを共同編集でき、ファイルの更新時にはすべてのチーム メンバーに自動的に通知されます。コンテンツ、会話、タスク、スケジュールには、iOS/Android 用 Outlook アプリや Outlook on the web を使用して、それぞれのデバイスからアクセスできます。

機密情報の送信防止に役立つポリシー ヒントが表示されたメール。

組織を守る

Exchange では、ビジネス コミュニケーションや機密情報を保護しながら、社内コンプライアンスや法令遵守を容易に達成できます。ウイルス、スパム、フィッシング攻撃を防ぐセキュリティ機能が組み込まれており、コミュニケーションをアクティブに保護します。データ損失防止機能では、詳細なコンテンツ分析によって機密データを特定し、それらのデータを監視、保護します。Outlook のポリシー ヒント機能は、機密情報が送信される前に、ユーザーにポリシー違反を通知します。コンプライアンス責任者は、電子情報開示センター一部の Office 365 で利用できる電子開示情報を示すヒント。から Exchange、SharePoint、Skype for Business に対してインプレースの電磁開示情報を実行して、組織のデータの識別、保持、分析を行うことができます。データは常に適切な場所に保持されるので、データを個別に保存して管理する必要はありません。

リソース

ブログをフォローする

最新ニュースをお届けします。

お客様導入事例

Exchange を使用した他社の事例を紹介しています。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。