Office 365 Message Encryption

情報保護の総合的な投資の一環として、Azure Information Protection 上に構築された Office 365 Message Encryption に豊富な新しいメール暗号化機能および権利保護機能を導入しています。新しい Office 365 Message Encryption の機能によって、保護されたメールを組織内外のだれとでも簡単に共有できます。

機密メールの保護

組織内外の双方で送信されるメール メッセージを暗号化して権利保護することによって、意図しない漏洩のリスクを低減します。

  • (新機能) 暗号化および権利保護されたメッセージの送信: "転送不可" やカスタムの Rights Management Services テンプレートを使用して組織内外のユーザー (Office 365、Office 365 以外のメール アプリケーション、Web ベースのメール サービス (Gmail.com や Outlook.com など) のユーザーを含む) に送信し、B2B および B2C のシナリオを可能にします。
  • 暗号化されたメール メッセージをだれにでも送信可能: どのメール アドレスにも送信できます。
  • 自動化された強力な暗号化機能: コスト効率の高いインフラストラクチャで提供されます。
  • 証明書が不要: 受信者のメール アドレスを公開キーとして使用します。
  • TLS 対応ネットワーク経由の通信: メッセージのセキュリティがさらに向上します。
  • 返信メールのセキュリティを強化: スレッド内の各メッセージを暗号化します。

管理機能も引き続き利用可能

Office 365 に組み込まれている柔軟なポリシーや特別なカスタマー コントロールで機密データを制御します。

  • (新機能) エンドユーザーの制御: ユーザーは権限管理テンプレートを簡単に暗号化して適用することができます。
  • (新機能) 独自の暗号化キーの提供および管理: Azure Information Protection 用の Bring Your Own Key を使用します。
  • 機密データの管理が容易: 単一アクションの Exchange トランスポート ルールを使用します。
  • 機密情報やデータを保護: ゲートウェイを通過させない自動的な常時保護を提供します。
  • ポリシーベースの暗号化を使用: ポリシー ルールに基づいてゲートウェイでメッセージを暗号化します。

コンプライアンスのニーズへの対応をより簡単に

  • (新機能) Office 365 ユーザーはどのデバイスからも暗号化されたメールを送信可能: Outlook for Windows、Outlook for Mac、または Outlook.com を使用します。
  • コンプライアンス管理を支援: データ損失防止機能との強力な連携機能を利用できます。
  • (新機能) Outlook クライアントを使用したネイティブなインライン読み取り機能: Office 365 ユーザー向けです。
  • (新機能) Office 365 以外のメッセージの受信者はコンシューマー向けの Google や Yahoo アカウントを使用して保護されたメッセージの認証および閲覧が可能: ワンタイム パスコードおよび Microsoft アカウントに加えて使用可能できます。
  • 暗号化されたメッセージも操作が容易: Office 365 のわかりやすいインターフェイスを利用できます。
  • 暗号化されたメールを受信者の受信トレイに直接配信: Web サービスには配信されません。
  • 暗号化されたメールの暗号化解除や参照を安全に保護: クライアント ソフトウェアをインストールする必要はありません。
  • シンプルなユーザー管理を活用: 証明書をメンテナンスする必要はありません。

Office 365 E3 試用版を使用して Office 365 Message Encryption をお試しください

Office 365 Message Encryption の購入方法

Office 365 Message Encryption を使用するには、Office 365 E3 を購入します。