Office 365 Advanced Threat Protection

メール、ファイル、Office 365 アプリケーションを未知の巧妙化した攻撃から保護します。

Exchange または Office 365 の特定プランをご利用中のお客様は、Advanced Threat Protection をユーザー 1 人あたり {EOAdvThreatProtection|price} で追加できます。

詳しくはこちらをご覧ください

価格には消費税は含まれていません。
Office 365 Advanced Threat Protection によってメールが保護されるしくみを示す図。

高度な脅威からメールボックスを保護

マルウェアを使った新しい攻撃は毎日のように発生していますが、Office 365 には、そのような脅威からメール、ファイル、オンライン ストレージを守るソリューションがあります。Office 365 Advanced Threat Protection は、メールボックス、ファイル、オンライン ストレージ、アプリケーションを新しい巧妙化した攻撃からリアルタイムで保護するのに役立ちます。このソリューションの特長は、Microsoft Teams、Word、Excel、PowerPoint、Visio、SharePoint Online、OneDrive for Business での全体的な保護です。安全ではない添付ファイルや悪意のあるリンクにも防御を拡張することによって、Exchange Online Protection のセキュリティ機能を補完し、ゼロデイ防御を強化します。

管理者通知メールと安全な添付ファイル ポリシーのウィンドウ。

危険な添付ファイルに対する防御

"安全な添付ファイル" 機能が、危険な添付ファイルによるメッセージング環境への悪影響を防ぎます。シグネチャが判明しているかどうかを問いません。すべての不審なコンテンツに対して、機械学習技術を利用したリアルタイムのマルウェア行動分析を実行し、コンテンツでの疑わしい動作の有無を評価します。危険な添付ファイルは、受信者に配信する前にデトネーション サンドボックスに隔離されます。このようにして、受信トレイにマルウェアが存在しないクリーンな状態を維持し、ゼロデイ攻撃に対する保護を強化します。

安全なリンク ポリシーのウィンドウとユーザーに対する安全なリンクの警告。

悪意のあるリンクがクリックされても組織の環境を保護

Exchange Online Protection には、悪意のあるリンクに対する防御のためにコンテンツをスキャンする機能があります。これを補完する "安全なリンク" 機能は、ユーザーがリンクをクリックしたときに組織の環境を保護します。コンテンツのスキャンが完了するまでの間は、URL が書き換えられて Office 365 を通過するようになります。URL の検査はリアルタイムで、ユーザーがクリックしたときに行われます。リンクが安全でない場合は、そのサイトにアクセスしないようユーザーに警告するか、サイトがブロックされていることを通知します。レポート機能も備えているため、管理者はどのユーザーがいつリンクをクリックしたかを把握できます。

Office 365 Advanced Threat Protection での URL の追跡結果。

豊富なレポート機能の活用とメッセージ内のリンクの追跡

組織内の誰が標的となり、どのカテゴリの攻撃を受けているかという重要な情報が得られます。レポートとメッセージ追跡の機能を利用して、未知のウイルスやマルウェアが原因でブロックされたメッセージを調査できます。URL トレース機能を利用すると、メッセージ内の悪意のあるリンクがクリックされたときに、そのリンクを個別に追跡することができます。

Office 365 Advanced Threat Protection の購入方法

Advanced Threat Protection は、Exchange と Office 365 の以下のサブスクリプション プランに追加できます: Exchange Online プラン 1、Exchange Online プラン 2、Office 365 F1、Exchange Online Protection、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium、Office 365 Enterprise E1、Office 365 Enterprise E2、Office 365 Enterprise E3、Office 365 Enterprise E4、Office 365 Enterprise E5、Office 365 Enterprise K1、Office 365 Enterprise K2、Office 365 Education。サブスクリプションに Advanced Threat Protection を追加するには、ボリューム ライセンスを購入した販売店にお問い合わせください。