才能を発揮する

Office 365 を使用すると、自分にとって重要なことを毎日達成することができます。
Photograph of a person seated on the floor using a stylus with a Surface Book 2 in Display Mode. The shadow formed in the background is the same person standing and looking into a microscope.

Office 365 で最高の成果を生み出しましょう。常に最新版の Word、Excel、PowerPoint、Outlook を入手しましょう。作業をどこからでも、どのデバイスからでも進めることができ、アプリは常に最新バージョンです。1 TB 分の OneDrive ストレージも付属しています。


OneNote + 宿題 = 問題を解ける

手書きの数式をテキストに変換します。次に OneNote のインク数式アシスタントで手順を参照すれば、解を見つけることができます。まさに、誰もが電卓に欲しかった機能です。1

Animation of a OneNote notebook page using the ink math assistant
最終的なユーザー インターフェイスの表示は異なる場合があります。
Animation of handwritten notes in a PowerPoint presentation being converted into a polished font

手書き入力を PowerPoint で仕上げる

PowerPoint プロジェクトを、洗練されたプレゼンテーションに自動的に変換できます。手書きするだけで、インテリジェント テクノロジが本格的な見栄えにするための推奨事項を提供します。

Excel で意思決定の質を向上

Excel の "アイデア" を使用すると、ワンクリックでデータを視覚化できます。地理情報など、豊富な情報と実世界のデータを追加できます。Excel が支援します。

Photograph of an Excel spreadsheet utilizing Ideas
Animation of a Word document being edited with Ink Editor

Word で自然に編集し、簡単に修正

インク エディターを使用すると、手書きで直感的にドキュメントを直接編集できます。取り消し線を引いて単語を削除する、テキストを丸で囲んで選択する、蛍光ペンでテキストを正確になぞるなどの操作を行うことができます。2

最終的なユーザー インターフェイスの表示は異なる場合があります。

OneDrive を使用してさまざまなデバイスでファイルにアクセス

iOS、Android、Windows デバイスを使用して、OneDrive に保存されたファイルを表示してアクセスできます。モバイル デバイスの写真とビデオを自動的にバックアップできます。3

Animation showing images being dragged and dropped from OneDrive into a PowerPoint presentation
最終的なユーザー インターフェイスの表示は異なる場合があります。

Office 365 と Office 2019 の比較

同じ作業で双子を競わせ、内緒で一方のみに Office 365 の AI 機能を使用してもらうと、どのような結果になるかをご覧ください。

Office 365 の AI 機能に関する詳細情報

Office 365 に移行しませんか?

Office 365 は使い慣れた、信頼できる Office です

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の Windows PC 版と Mac 版の両方が含まれています。Publisher と Access は Windows PC 版のみです。
お使いの Windows PC や Mac にフル機能がインストールされるので、インターネットに接続していなくてもドキュメントの作成と編集ができます。
毎月のアップグレードと新機能を利用できるのは Office 365 サブスクリプションだけです。

さらに

どこからでもアクセス

1 TB のオンライン ストレージが付属しています。

技術サポート

チャットまたは電話での技術サポートを追加料金なしで利用できます。

Skype

携帯電話や固定電話に発信できます。いつでも連絡を取り合うことができます。*


Office 365 のその他のオプション


よく寄せられる質問

|

Office 365 サブスクリプション プランでは、最高の成果を生み出すのに役立つ常に最新の Office アプリケーションを手持ちのすべてのデバイスで使用できます。アプリケーションには、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access があります (Publisher と Access は Windows PC のみ)。Office 365 は複数のデバイス (Windows PC、Mac、Android™ タブレット、Android スマートフォン、iPad®、iPhone®) にインストールできます。4さらに、Office 365 では、OneDrive のオンライン ストレージ、家庭で使用できる Skype 通話プラン5、Outlook.com の高度なセキュリティなどのサービスを利用できます。Office 365 サブスクリプションの有効期間中は、常に最新バージョンの Office アプリケーションを使用できます。
 
 
Office 2019 は永続ライセンスで、永続版の Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) が含まれており、1 台の Windows PC または Mac のみで使用できます。これらのアプリケーションは自動的には更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたときに改めて Office を購入する必要があります。永続ライセンス版の Office アプリケーションの最新バージョンは、Windows 版と Mac 版のどちらも Office 2019 です。以前のバージョンとしては、Office 2016、Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010、Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Mac があります。永続ライセンスの Office には、Office 365 で利用できるサービスは含まれていません。

Office は、Windows 7 以降を実行する Windows PC および最新の 3 つのバージョンの macOS を実行する Mac に対応しています。

 
Office 2019 (永続ライセンス) は、Windows 10 を実行している Windows PC、および最新の 3 つのバージョンの macOS を実行している Mac をサポートします。
 
Apple® および Android™ タブレットの要件など、詳細については、完全なシステム要件をご覧ください

継続請求サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了した時点でサブスクリプションが開始され、キャンセルされるまで継続されます。継続請求サブスクリプションは、Office365.com、MicrosoftStore.com、iTunes®、およびその他の小売業者から購入できます。前払い方式のサブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプションのライセンス認証を行って [マイ アカウント] ページに自動的に移動した時点からサブスクリプションが開始されます。前払い方式のサブスクリプションは、小売業者やリセラー、または Microsoft サポート担当者から購入できます。

Office 365 Solo サブスクリプションをお持ちの場合にモバイル アプリ上で利用できる追加機能については、www.office.com/information を参照してください。追加機能を使用できるようにするには、Office 365 購入時に使用した Microsoft アカウントでモバイル アプリにサインインしてください。4

アプリをダウンロードするには、下記のサイトにアクセスしてください。
 

インターネット アクセスは、インストールとライセンス認証のときに必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Office 365 のすべてのサブスクリプション プランに共通です。Office 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときなどです。OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。また、購入した Office を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 39 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。インターネットに接続していなくても Office のアプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリケーションはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。

 
 

はい。あなたが作成したドキュメントは、すべてあなたのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかは、自分で選ぶことができます。サブスクリプションをキャンセルするとどうなるかについては、こちらを参照してください

自分に最適な Office 365 を見つけましょう

1 Office 365 サブスクリプション (別売り) が必要です。タッチ対応スクリーンが必要です。ペン アクセサリは別売りの場合があります。モバイルでは、デジタル ペン入力は特定のデバイスでのみ使用できます (発売時)。携帯電話では指での描画機能は使用できません。ご利用いただける機能はプラットフォームによって異なります。インク再生、インク効果、インク数式アシスタントは、Windows 10 向けの OneNote で利用できます。
2 タッチ対応デバイスとデジタル ペンを使用する必要があります。有効な Office 365 サブスクリプションが必要です。
3 インターネット アクセスが必要です。料金が発生する場合があります。
4 モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。お客様の国/地域での提供状況については、こちらをご覧ください。
5 Skype 通話プランを利用できるかどうかは、国/地域によって異なります。詳細については、こちらをご覧ください。

iTunes、iPhone、iPad は米国およびその他の国における Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。