Excel 2007 によるデータの変換

Excel 2007 をご利用ですか? Excel 2016 を使用すれば、スプレッドシートの作成と書式設定、データの分析と視覚化、より充実した情報に基づく意思決定を、これまで以上に簡単に行うことができます。

Office 365 サブスクリプションを購入すると、まったく新しくなった Excel とその他の Office 2016 アプリ (Word、PowerPoint、OneNote など) を複数台の PC、Mac、その他のデバイスで使用できます。ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive クラウド ストレージとテクニカル サポートなども利用できます。

Microsoft Excel の経費報告書が表示されたノート PC 画面の一部の画像Microsoft Excel の経費報告書が表示されたノート PC 画面の一部
*製品画像は、Excel 2016 の画像です。
2 台の Surface デバイス

Office 2007 は廃止されました。

製品サポートを引き続き受けるには、更新が必要です。Office 365 または Office 2016 に更新してください。

追加情報のコンテンツは英語版のみの場合があります
 

Microsoft Excel — 世界で最も多く使用されているスプレッドシート プログラム

 

リリースとサポート

Excel 2007 は 2007 年 1 月にリリースされ、延長サポートは 2017 年 10 月に終了します。リリースとサポートの詳細については、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。

詳細情報

ヘルプ情報が必要な場合

Office サポート サイトで Excel に関する書籍の抜粋やチュートリアル、ヘルプ トピックを参照できます。また、Office コミュニティに参加して質問したり、ディスカッションを始めたりすることもできます。

ヘルプとトレーニングの情報

常に最新の情報を把握

Office ブログで最新情報を入手しましょう。機能の更新の詳細、高い生産性を維持するためのヒント、本格的なスプレッドシートやグラフの作成とデータの視覚化を簡単に行うためのヒントを紹介しています。

Office ブログを読む

Excel 2007 の機能と特徴

最新のファイル形式

  • XML ベースのファイル形式では、ドキュメント ファイルが小さくなり、堅牢性が向上し、情報システムや外部データ ソースとの統合がいっそう強化されています。
  • Excel 2007 では、サイズの大きなブックや複雑なブック用に、セグメント化された圧縮ファイル形式のバイナリ バージョンも導入されており、パフォーマンスや下位互換性のために使用されます。

新しいユーザー インターフェイス

  • Office 2007 では、Office Fluent ユーザー インターフェイスが導入され、メニューとツール バーがリボンに置き換えられています。コマンドと機能は、タスクごとに分類されたタブに論理的にグループ分けされて、見つけやすくなっています。
  • クイック アクセス ツール バーからは、リボンでアクティブになっているタブに関係なく、Excel でよく使用するコマンドにすばやくアクセスできます。
  • 左上の Office ボタンは従来の [ファイル] メニューに代わるもので、基本的なファイル管理コマンドが登録されています。

強化されたワークシートの機能

  • ギャラリー (ドロップダウン、グリッド レイアウト、埋め込み) を使用して、Excel のワークシート、グラフ、その他のオブジェクトにクイック書式を直接適用できます。
  • AVERAGEIF、AVERAGEIFS、SUMIFS、COUNTIFS、IFERROR のような新しい関数が追加され、数式や数値の計算で新しい機能が使用できるようになりました。
  • 色の管理と書式設定のオプションにおける機能拡張として、ブックで必要なだけ何色でも色を使用できるようになりました。また、デザイン テーマには補色の選択肢が用意されていて、いっそうプロフェッショナルな外観にすることができます。
  • Office 2007 の新しいグラフィックと描画の機能は、リボンにあるグラフ専用の特別なタブから利用でき、プロフェッショナルな外観のグラフをすばやく作成するのに役立ちます。

Excel 2016 と Office 365 の新機能

Excel 2016 には、使い慣れた本格的なスプレッドシート機能がすべて揃っています。それに加えて、Office 365 だけの機能強化や新機能があります。

共同作業が簡単に

1 TB の OneDrive ストレージを使用して、Excel ブックの保存、共有、同僚との共同編集ができます。Excel Online を使用して複数台のデバイスで作業でき、他のユーザーが加えた変更をリアルタイムで確認できます。

必要なときにいつでも使える Excel

Office モバイル アプリを使用して、職場や自宅はもちろん、外出先でもファイルの確認や編集ができます。使い慣れたユーザー インターフェイスが iOS®、Android™、Windows モバイル デバイス用に最適化されています。

データをより正確に把握

データを表すさまざまな方法を簡単に見つけて比較できます。また、データ パターンを最も的確に表現できるおすすめグラフが表示されます。新しいワンクリック予測の機能によって、既存のデータを使用して今後の値を予測し、グラフ化することが容易になりました。

常に最新バージョンにアップデート

有効な Office 365 サブスクリプションをお持ちであれば、常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。Word、Excel、PowerPoint、OneNote など、使い慣れた信頼できるアプリケーションをインストールしてお使いいただけます。

Office 2007 は廃止されました。

製品サポートを引き続き受けるには、更新が必要です。Office 365 または Office 2016 に更新してください。

Excel 2007 と Office 365 の比較

Excel 2007 と Office 365 の機能の比較
Excel の機能
Excel の詳細情報

Excel 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Excel 2007機能の詳細、その他

機能
ワンクリック予測

1 回クリックするだけで、既存データに基づいて予測グラフを作成し、将来の傾向を予測できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
クイック分析

ピボットテーブル、スパークライン、条件付き書式を使用して、データにクイック書式を適用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
おすすめグラフ

データに最適な Excel のおすすめグラフからプレビューで表示し、お好みのグラフを選択できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
あらゆるデバイスでのモバイルの生産性

Office モバイル アプリをお試しください。外出先でも高い生産性を実現できます。どこにいても、どのデバイスからでも、ドキュメントの作成、編集、共有ができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
シンプルな共有機能

開いているブックで [共有] をクリックして、電子メールまたは OneDrive を介して簡単に共有ができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
常に最新バージョンにアップデート

常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
 家庭向けに今すぐ購入
一般法人向けに今すぐ購入
 
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r6:c1}
{r6:c2}
{r7:c1}
{r7:c2}
{r8:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}
{r5:c1}
{r5:c3}
{r6:c1}
{r6:c3}

Excel 2007 のリソース

Office 2007 をダウンロードする

既存のプロダクト キーを使用して Office 2007 をダウンロードし、インストールします。

今すぐダウンロード

Office 2007 は廃止されました

製品サポートを引き続き受けるには、更新が必要です。Office 365 または Office 2016 に更新してください。

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の情報と新しい Office 365 へのアップグレード方法を紹介しています。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。