Excel 2013 によるデータの変換

データを集計し、従来よりも優れた洞察を得ることができます。Excel 2013 の機能とサポートのオプションの詳細や、より充実した情報に基づく意思決定を支えるデータ編成のヒントをご確認ください。

データをさらに活用することをお考えですか? Office 365 サブスクリプションを購入すると、まったく新しくなった Excel 2016 や他の Office 2016 アプリを複数台の PC、Mac、モバイル デバイスで使用できます。ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive クラウド ストレージ、24 時間年中無休のサポートも利用できます。

Excel の経費報告書とグラフが表示されたノート PC 画面の一部の画像Excel の経費報告書とグラフが表示されたノート PC 画面の一部
*製品画像は、Excel 2016 の画像です。
 

Microsoft Excel — 世界で最も多く使用されているスプレッドシート プログラム

 

リリースとサポート

Excel 2013 は 2013 年 1 月にリリースされ、延長サポートは 2023 年 4 月に終了します。リリースとサポートの詳細については、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。

詳細情報

ヘルプ情報が必要な場合

Office サポート サイトで Excel に関する書籍の抜粋やチュートリアル、ヘルプ トピックを参照できます。また、Office コミュニティに参加して質問したり、ディスカッションを始めたりすることもできます。

ヘルプとトレーニングの情報

常に最新の情報を把握

Office ブログで最新情報を入手しましょう。機能の更新の詳細、高い生産性を維持するためのヒント、本格的なスプレッドシートやグラフの作成とデータの視覚化を簡単に行うためのヒントを紹介しています。

Office ブログを読む

Excel 2013 の機能と特徴

ユーザー インターフェイスの更新

  • Excel 2013 を開くと、予算、予定表、レポート、その他のテンプレートのコレクションが表示されます。
  • [挿入] タブの [おすすめグラフ] ボタンを使用すると、さまざまなグラフの中からデータに合ったグラフを選択できます。
  • グラフをクリックすると、シンプルな [グラフ ツール] リボンに [デザイン] タブと [書式] タブが表示され、必要なコマンドを簡単に見つけることができます。
  • Excel 2013 では、厳密な Open XML スプレッドシート (*.xlsx) ファイル形式が採用されています。このファイル形式を使用すると、ISO8601 の日付の読み取りと書き込みが可能であり、1900 年うるう年問題を解決できます。

データ分析機能

  • クイック分析ツールを使用すると、多くても 2 ステップでデータをグラフや表に変換できます。
  • Excel データ モデルでは、以前は Power Pivot アドインをインストールしなければ利用できなかった強力な分析機能を使用できます。
  • ピボットテーブルでは、複数のデータ集計方法が提示され、フィールド レイアウトのプレビューが表示されるため、必要な集計方法をすばやく選択できます。

ワークシートの機能

  • データの入力時には、フラッシュ フィルによって入力内容が検出され、認識されたパターンに従ってデータの残りの部分が自動的に入力されます。
  • Excel 2013 では、数学/三角、統計、エンジニアリング、日付/時刻、検索/行列、論理、テキストの関数カテゴリに新しい関数が追加されています。
  • OData、Windows Azure DataMarket、SharePoint データ フィードなどの新しいソースに接続し、データを表またはピボットテーブルとして Excel にインポートできます。

Excel 2016 と Office 365 の新機能

Excel 2016 には、使い慣れた本格的なスプレッドシート機能がすべて揃っています。それに加えて、Office 365 だけの拡張機能や新機能があります。

共同作業が簡単に

1 TB の OneDrive ストレージを使用して、Excel ブックの保存、共有、同僚との共同編集ができます。Excel Online を使用して複数台のデバイスで作業でき、他のユーザーが加えた変更をリアルタイムで確認できます。

必要なときにいつでも使える Excel

Office モバイル アプリを使用して、職場や自宅はもちろん、外出先でもファイルの確認や編集ができます。使い慣れたユーザー インターフェイスが iOS®、Android™、Windows モバイル デバイス用に最適化されています。

データをより正確に把握

データを表すさまざまな方法を簡単に見つけて比較できます。また、データ パターンを最も的確に表現できるおすすめグラフが表示されます。新しいワンクリック予測の機能によって、既存のデータを使用して今後の値を予測し、グラフ化することが容易になりました。

常に最新バージョンにアップデート

有効な Office 365 サブスクリプションをお持ちであれば、常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。Word、Excel、PowerPoint、OneNote など、使い慣れた信頼できるインストール型のアプリケーションをお使いください。

Excel 2013 と Office 365 の比較

Excel 2013 と Office 365 の機能の比較
Excel の機能
Excel の詳細情報

Excel 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Excel 2013機能の詳細、その他

機能
ワンクリック予測

1 回クリックするだけで、既存データに基づいて予測グラフを作成し、将来の傾向を予測できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
作業に洞察を取り入れる

単語や語句を選択して右クリックし、[スマート検索] を選ぶと、Web から取得された定義、記事、関連性の高い上位 10 件の検索結果が表示されます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
インクで数式を挿入

タッチ デバイスで、指やタッチ スタイラスを使用して Excel に数式を手書きすると、テキストに変換されます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
あらゆるデバイスでのモバイルの生産性

Office モバイル アプリをお試しください。外出先でも高い生産性を実現できます。どこにいても、どのデバイスからでも、ドキュメントの作成、編集、共有ができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
シンプルな共有機能

Excel ブックで [共有] をクリックすると、電子メールまたは OneDrive を介して簡単に共有ができます。特定のファイルにだれがアクセスできるかを確認し、自分が所有するファイルに対するアクセス許可を変更できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
常に最新の状態

常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r6:c1}
{r6:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}
{r5:c1}
{r5:c3}
{r6:c1}
{r6:c3}

Excel 2013 のリソース

Office 2013 をダウンロードする

既存のプロダクト キーを使用して Office 2013 をダウンロードし、インストールします。

今すぐダウンロード

Excel 2013 のヘルプ トピック

Excel 2013 のユーザー ガイド、トレーニング、その他のサポート情報を参照できます。

詳細情報

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の詳細情報と Office 365 へのアップグレード方法をご確認ください。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。