Outlook 2010 で高い生産性を維持

Outlook があれば、重要な事項を常に把握できます。また、メール、予定表、連絡先も 1 か所で簡単に管理できます。Outlook 2010 の機能とサポート オプションの情報、メールをさらに活用するためのヒントをご確認ください。

今のメール機能では物足りないとお考えなら、ぜひ Office 365 サブスクリプションを使用して Outlook 2016 をお試しください。Word、Excel、PowerPoint などの新しい Office 2016 アプリに加えて、さらに強化された受信トレイ機能も利用できます。また、ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive ストレージ、テクニカル サポートなども提供されます。

タブレット コンピューターで実行されている Microsoft Outlook に表示されたメッセージ プレビュー ウィンドウ
*製品画像は、Outlook 2016 の画像です。
 

Microsoft Outlook - メールと予定表の本格的な管理

 

リリースの詳細情報

Outlook 2010 は 2010 年 7 月にリリースされ、延長サポートは 2020 年 10 月に終了します。すべての製品のリリースとサポートの詳細については、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。

詳細情報

ヘルプとサポート

Office サポート サイトでは、ヘルプ トピックやチュートリアルを参照できます。また、Office コミュニティでディスカッションに参加したり、質問したりすることもできます。

ヘルプとトレーニングの詳細情報

製品ニュース

Office ブログで常に最新情報を把握しましょう。Office の機能の更新プログラムに関するニュースや Office を効果的に使用するのに役立つヒントを参照できます。

Office ブログを読む

Outlook 2010 の機能と特徴

ユーザー インターフェイスの更新

  • Outlook 2010 のメイン ウィンドウでは、メニューの代わりにリボンが採用されました。自分の作業スタイルに合わせてカスタマイズすることもできます。
  • [ファイル] をクリックすると、Office バックステージ ビューが表示されます。ここでは、アカウントの管理、ルールや自動応答の設定を行うことができます。
  • スレッド ビューが強化され、メッセージがどのフォルダーに保存されていても、関連性のあるメッセージを容易に追跡、管理できるようになりました。自分の返信も含め、スレッド全体を確認することができます。

生産性機能

  • Outlook 2010 では、以前のバージョンよりも簡単に終日の予定やイベントにアクセスできます。重なっている予定や返信していない会議出席依頼を視覚的に示すインジケーター、日付の区切り、ドラッグ アンド ドロップによるサイズ変更機能を使用できます。
  • [クイック操作] ギャラリーでは、頻繁に使用するコマンドや手順をワンクリックで実行できます。既定のクィック操作をカスタマイズすることも、頻繁に実行する操作を組み合わせて専用のボタンを作成することもできます。
  • メール ヒントは、大勢の受信者が指定されているメールに対して [全員に返信] をクリックした場合、組織外のユーザーに機密情報を送信する場合、外出中のユーザーにメッセージを送信する場合などに注意を促すために表示されます。
  • [無視] コマンドを使用すると、スレッドと以降のメッセージが [削除済みアイテム] フォルダーに移動されます。これにより、受信トレイに不要なアイテムが配信されないようにすることができます。

予定表の改善

  • [予定表グループ] を使用すると、共同作業しているユーザーの予定表をすばやく確認できます。一度メンバーを追加すれば、予定表グループを使用して毎回同じ予定表を表示できます。
  • [グループ スケジュール] を使用すると、推測に頼らずに会議をスケジュールできます。個人、リソース、または予定表グループの予定表が上下に並べて表示されるため、会議に最適な日時をすばやく決定できます。

Outlook 2016 と Office 365 の新機能

Outlook 2016 は、使い慣れた信頼できるメールおよび予定表アプリです。Office 365 でのみ利用可能な機能やサービスがあります。

最新のメール添付機能

Office 365 で 1 TB の OneDrive ファイル ストレージを入手しましょう。Outlook から移動することなく、コンピューターまたは OneDrive から共同作業を行ったり、Office 添付ファイルを共有したりすることができるようになりました。

Office モバイル アプリ

ユーザー 1 人あたり最大 5 台のタブレットおよび 5 台のスマートフォンにフル機能のアプリをインストールできます。iOS®、Android™、Windows デバイス用に最適化された、使い慣れた Office 環境をご利用ください。

優先受信トレイ

Outlook 2016 では、最も重要なメールは [優先] タブに表示され、残りのメールは [その他] タブに表示されるため、最も重要なメール メッセージに集中できます。

常に最新バージョンにアップデート

Office 365 では、最新の機能と更新プログラムがリリースされるたびに、すぐに使用できます。また、使い慣れた信頼できる Office アプリ (Word、PowerPoint、Excel など) を利用できます。

Outlook 2010 と Office 365 の比較

Office 365 と Outlook 2010 の機能の比較

Outlook の機能

Outlook の詳細情報

Outlook 2016 *Office 365 に含まれる機能

Outlook 2010機能

機能
シンプルになったファイル添付

Outlook から移動することなく、最近使ったドキュメントをコンピューターまたはクラウドからすばやく共有できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
優先受信トレイ

最も重要なメールは [優先] タブに表示されるので、重要なメッセージを見逃すことがありません。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
モバイルでの生産性が向上

Outlook モバイル アプリを使用すると、どこからでも効率的に作業できます。デバイスに関係なくドキュメントの作成や共有が可能です。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
@ メンション

メールや会議出席依頼で、@ 記号の後にユーザーの名前を入力してそのユーザーの注意を引くことができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
常に最新バージョンにアップデート

機能とセキュリティの更新プログラムがリリースされるたびにすぐに入手できるので、常に最新バージョンの Office アプリとサービスを使用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r6:c1}
{r6:c2}
{r2:c1}
{r2:c3}
{r3:c1}
{r3:c3}
{r4:c1}
{r4:c3}
{r5:c1}
{r5:c3}
{r6:c1}
{r6:c3}

Outlook 2010 のリソース

Office 2010 をダウンロードする

既存のプロダクト キーを使用して Office 2010 をダウンロードし、インストールします。

今すぐダウンロード

Outlook 2010 のヘルプ トピック

Outlook 2010 のユーザー ガイド、トレーニング、その他のサポート情報を参照できます。

詳細情報

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の情報と新しい Office 365 へのアップグレード方法を紹介しています。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。