文書をさらに活用する — Word 2010 から Word 2016 へのアップグレード

まだ Word 2010 をお使いですか? Word 2016 ならば、文書の作成と編集がどこからでも、どのデバイスでもさらに簡単にできます。

Office 365 サブスクリプションを購入すると、Word 2016 とその他のアプリ (PowerPoint、Excel、OneNote など) を PC、Mac、その他のデバイスで使用できます。加えて、ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive オンライン ストレージや 24 時間年中無休の技術サポートなども利用できます。

*製品画像は、Word 2016 の画像です。
 

Microsoft Word — 世界で最もよく使用されている文書作成プログラム

 

リリースとサポート

Word 2010 は 2010 年 7 月にリリースされ、延長サポートは 2020 年 10 月に終了します。リリースとサポートの詳細については、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。

詳細情報

ヘルプ情報が必要な場合

Office サポート サイトにアクセスし、Word に関する書籍の抜粋やチュートリアル、ヘルプ トピックを検索できます。Office コミュニティに参加し、質問したりディスカッションを始めたりすることもできます。

ヘルプとトレーニングの情報

常に最新の情報を把握

Office ブログで最新情報を常に把握しましょう。機能の更新情報や、常に高い生産性を維持しながら本格的な文書を簡単に作成するためのヒントが掲載されています。

Office ブログを読む
追加情報のコンテンツは英語版のみの場合があります

Word 2010 の機能と特徴

ユーザー インターフェイスの更新

  • Word 2010 では、(Word 2007 で初めて導入された) リボンを自分の作業に合わせてカスタマイズできます。カスタム タブやカスタム グループを作成して、頻繁に使用するコマンドを配置することができます。
  • Word 2010 では、Office ボタンが、Office Backstage ビューに切り替えるメニュー ボタンに変更されています。このビューでは印刷や共有などを実行できます。

強化された書式設定の機能

  • Word 2010 には、目を引く効果や新しいテキスト機能が追加され、表、ヘッダーとフッター、スタイル セットのような機能への移動がさらに簡単になりました。
  • Word 2010 で追加された 20 個の新しい画像アート効果には、[鉛筆: スケッチ]、[線画]、[チョーク: スケッチ]、[水彩: スポンジ]、[モザイク: バブル]、[ガラス]、[パステル: 滑らか]、[ラップフィルム]、[白黒コピー]、[ペイント: 描線] などがあります。
  • 画像編集機能を使用して、色、明るさ、コントラスト、シャープネスを微調整し、画質、圧縮、書式をより細かく制御できます。

改善された文書のナビゲーション

  • 長い文書内をすばやく移動できるドキュメント ナビゲーション ウィンドウが採用されました。このウィンドウを使用して、文書内で見出しをドラッグ アンド ドロップし、構造を再配置することができます。
  • インクリメンタル検索機能により、検索したい単語が正確にわからない場合でも、文書の内容を検索できます。

Word 2016 と Office 365 の新機能

Word 2016 には、使い慣れた本格的な文書機能がすべて揃っています。それに加えて、Office 365 だけの拡張機能や新機能があります。

共同作業が簡単に

1 TB の OneDrive ストレージを使用して、Word 文書の保存、共有、同僚との共同編集を行うことができます。複数台のデバイスで作業でき、他のユーザーが加えた変更をリアルタイムで確認できます。

必要なときにいつでも使える Word

Office モバイル アプリを使用して、職場や自宅はもちろん、外出先でも文書の確認や編集を行うことができます。使い慣れたユーザー インターフェイスが iOS®、Android™、Windows モバイル デバイス用に最適化されています。

作業しながら調べる

Word 2016 の操作アシスト機能を使用すると、Word のコマンドや機能を簡単に見つけることができます。新しいインサイト機能により、簡単に Web 検索ができます。用語の定義やオンライン記事などを、作業中の Word 文書から直接検索できます。

常に最新バージョンにアップデート

有効な Office 365 サブスクリプションをお持ちであれば、常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。Word、Excel、PowerPoint、OneNote など、使い慣れた信頼できるインストール型のアプリケーションをお使いください。

Word 2010 と Office 365 の比較

Word 2010 と Office 365 の比較
Word の機能

Word 2016 *Office 365 に含まれる機能の詳細、その他

Word 2010 機能の詳細、その他

機能
リアルタイムの共同編集

使用しているデバイスに関係なく、1 つのドキュメントを複数のユーザーが同時に編集できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
読みやすい閲覧モード

閲覧モードを使用すれば、画面の大小にかかわらず、すっきりとした表示で快適に読むことができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
PDF リフロー

PDF 文書を Word で開き、段落や表に独自の編集を加えて、Word 文書を作成することができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
あらゆるデバイスでのモバイルの生産性

Word モバイル アプリをお試しください。外出先でも高い生産性を実現できます。すべてのデバイスで文書の作成、編集、共有ができます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
文書の調査

インサイトを使用して、コンテキストに沿った情報を文書内から直接 Web で検索できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
機能
常に最新の状態

常に最新バージョンの Office アプリ、機能、サービスを使用できます。

この機能は含まれるこの機能は含まれない
{r1:c1}
{r2:c1}
{r2:c2}
{r3:c1}
{r3:c2}
{r4:c1}
{r4:c2}
{r5:c1}
{r5:c2}
{r6:c1}
{r6:c2}
{r7:c1}
{r7:c2}
{r2:c1}
{r3:c1}
{r4:c1}
{r5:c1}
{r6:c1}
{r7:c1}

Word 2010 のリソース

Office 2010 をダウンロードする

既存のプロダクト キーを使用して Office 2010 をダウンロードし、インストールします。

今すぐダウンロード

Word 2010 のヘルプ トピック

Word 2010 のユーザー ガイド、トレーニング、その他のサポート情報を参照できます。

詳細情報

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の情報と新しい Office 365 へのアップグレード方法を紹介しています。

よく寄せられる質問

すべて表示

Office 2010 スイート製品は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などのアプリケーションで構成されるパッケージです。購入されたパッケージは PC 2 台までお使いいただけます。

Office 365 のプランには、これらのアプリケーションの 2016 バージョンに加えて、インターネットを介して利用できる他のサービスも含まれています。たとえば、OneDrive のオンライン ストレージや、家庭向け Skype 通話プランなどがあります。Office 365 では、フル機能の Office アプリケーションを PC、Mac、タブレット (iPad® と Android™ タブレットを含む)、スマートフォンにインストールして使うことができます。Office 365 のプランは、月額制または年間契約のサブスクリプションとしてご利用いただけます。詳細情報

最新バージョンの Office は、Windows 7 SP1 以降を実行している Windows PC で使用できます。Office 2016 for Mac を使用するには Mac OS X 10.10 以降を実行している Mac が必要です。その他の、iPad® や Android™ タブレットの要件などの詳細情報については、すべてのシステム要件のページを参照してください。

Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリケーションは、お使いのコンピューターにフル インストールされるため、これらのアプリケーションを使用するためにインターネットに接続する必要はありません。

ただし、インストールとライセンス認証のときにインターネット アクセスが必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Office 365 のすべてのサブスクリプション プランに共通です。Office 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときです。OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。

購入した Office を常に最新状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 39 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。

はい。作成したドキュメントは、作成したユーザーのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの PC や Mac に保存するかを選ぶことができます。

サブスクリプションをキャンセルした場合、またはサブスクリプションの契約期間が終了した場合でも、Office 365 のセットアップ時に使用した Microsoft アカウントで OneDrive に直接サインインすると、すべてのファイルにアクセスしてファイルをダウンロードすることができます。サブスクリプションに含まれていた追加ストレージは使用できなくなるため、OneDrive アカウントの無料ストレージ容量を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。

自動更新サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了したときにサブスクリプションが開始します。自動更新サブスクリプションは、Office365.com、MicrosoftStore.com、iTunes®、およびその他の小売店から購入できます。前払い方式のサブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプションのライセンス認証を行ってマイ アカウント ページに自動的に移動したときにサブスクリプションが開始します。前払い方式のサブスクリプションは、小売店やリセラー、または Microsoft サポート エージェントから購入できます。

"クラウド" とは、組織の外部でホストされる Web ベースのコンピューティング サービスの名称です。クラウドベースのサービスを使用する場合、サーバーを自宅や会社 (オンプレミス) に置いて自分で保守するのではなく、IT 基盤は社外 (オフプレミス) に置かれ、第三者によって保守 (ホスト) されます。たとえば、Office 365 では、情報のストレージ、計算機能、ソフトウェアは Microsoft が所有するサーバー上に置かれ、リモートで管理されます。Web ベースのメールからモバイル バンキング、オンラインのフォト ストレージまで、日常的に使用される多くのサービスがクラウドを利用しています。この基盤はオンライン、つまり "クラウド上" にあるので、ほとんどどこからでも、PC、タブレット、スマートフォンなどのデバイスを使用してインターネット経由でアクセスできます。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。