Office 365 Nonprofit

Office 365 で非営利団体の活動規模や影響を拡大することができます。
Office 365 Nonprofit

非営利団体の成功に必要なツールを提供

スタッフやボランティアの活動を成功へと導くための強力なツールが Office 365 Nonprofit プランに含まれています。チーム メンバーは無料でメール機能とドキュメントのオンライン編集機能やストレージを利用できます。また、ビデオ会議、インスタント メッセージング、組織独自の Yammer サイトを使用して、世界各地に分散しているチームをまとめることもできます。

Two tablets, a laptop, and a phone showing Office 365 in use.

クラウドで生産性アップ

生産性を向上させるクラス最高のクラウド環境で、スタッフやボランティアが積極的に、新しい形で連携できます。オンライン ストレージとリモート ファイル共有を利用して活動報告書や助成金申請書にいつでも、どこにいてもアクセスできます。柔軟性に優れている Office 365 では、使い慣れた Office アプリケーションのオンライン バージョンで作業することも、最新バージョンが含まれているプランを購入して Windows PC、Mac、モバイル デバイスにインストールすることもできます。

Close-up of a person’s hands using Office 365 on a mobile phone.

セキュリティ、法令遵守、プライバシー

Office 365 は、大手のクラウドベース生産性向上サービスの中では初めて、そのセキュリティ フレームワークが ISO 27001 に準拠していることが独立監査機関によって確認されました。Office 365 は、すべてのお客様に対して、堅牢なデータ処理契約、EU モデル契約条項、HIPAA Business Associate Agreement への準拠を契約上保証しています。モバイル デバイスでのセキュリティについても、不安を感じる必要はありません。さまざまなスマートフォンやタブレットでデータへのアクセスを管理するための組み込みツールを使用できます

Two men standing near a desktop in an office, using a tablet to collaborate.
|

非営利団体や NGO による活動の支援を目的としたグローバル サービスです。対象のお客様は、クラウドベースで生産性向上とコラボレーションを実現するために Microsoft が提供するクラス最高のツール、Office 365 を利用できます。詳細情報、利用資格、寄贈の申請については、www.microsoft.com/office365nonprofits にアクセスしてください。

  1. Microsoft 非営利団体向けプログラムに登録してください。
  2. 利用資格が確認されると、Office 365 Nonprofit プランを Office 365 管理ポータルで管理できるようになります。
  3. 管理ポータルの [ライセンスの管理] タブで、ユーザーをいずれかの Office 365 Nonprofit プラン (寄贈された E1 プランおよび Business Essentials プランを含む) に割り当てます。

はい。Office 365 Nonprofit プランの対象となるお客様は、将来商用プランと Office 365 Nonprofit プランの両方を購入することができます。

Nonprofit のお客様は、Office 365 の標準サポート チャネルを利用できます。Office 365 のサポート オプションの詳細については、こちらをご覧ください。

対象となる組織: 非営利組織および非政府組織が Microsoft 非営利団体向けプログラムの対象となるには、それぞれの居住国で慈善団体として認可されている必要があります。また、対象となる組織は、非営利ベースで運営され、地域社会に有益な使命を有している必要があります。以下の活動が含まれますが、これらに限定されません。

  • 貧困層への救援物資の提供
  • 教育の推進
  • 社会福祉の向上
  • 文化の保全
  • 環境の保全と復旧
  • 人権の促進
  • 市民社会の確立

利用資格の詳細と各国固有の利用資格へのリンクについては、利用資格のページを参照してください。

Microsoft は、非営利団体が広範な利用資格を満たしているかを確認するために、ソフトウェア寄贈パートナー TechSoup Global と提携しています。Microsoft では可能な限り早期に利用資格を判定できるように努めておりますが、場合によっては、最長で 20 日かかることもあります。この所要期間は、追加書類が必要となった場合に当該非営利団体からそれらの書類が提出されるまでの時間によって異なることがあります。必要となる書類としては、当該非営利団体の運営組織に付与された認定証または登録証などがあります。たとえば、米国の場合は、IRS 501(c)(3) 決定書の写しが必要です。

非営利団体向けのプランは、非営利団体の有給職員、および無給の常勤相当職員のうち管理、運営、受託の日常業務における実質的責任を負う人を対象としており、本人の収入が発生するような用途ではライセンスを使用しないことが条件となります。非営利団体のボランティア、会員、受益者には、非営利団体向けのライセンスやサブスクリプションを利用する資格はありません。

寄贈版の Office 365 Nonprofit E1 には、割り当て可能なユーザー数の上限があります。この上限を超えて追加ライセンスを割り当てるには、アクティブではないユーザーを削除するか、サポート窓口に連絡して、資格のある職員と常勤相当職員の分の追加ライセンスをリクエストしてください。