OneDrive

安全なアクセス、共有、ファイル保存により、場所を問わず生産性を向上できます。

{ODBOnlinePlan1|price}

ユーザー/月相当

年間契約

(OneDrive for Business Plan 1)

価格には消費税は含まれていません。

OneDrive は、Office 365 と合わせて購入することもできます。

詳細情報
追加情報のコンテンツは英語版のみの場合があります

共有と保存をシンプルに

ファイルを安全に保存して共有できるので、他のユーザーも簡単かつ安全にアクセスできます。

シームレスな共同作業

組織内外の人と共同でファイルを編集できます。Office 365 と緊密に統合されているので、ドキュメントの共同編集をあるデバイスで開始した後に、別のデバイスで仕上げることもできます。

どこからでもアクセス

どこにいても、iOS®、Android™、Windows デバイス向け OneDrive モバイル アプリを使用して作業できます。デバイスに関係なく、最近表示したファイルの一覧を使って、探しているファイルを簡単に見つけることができます。

OneDrive に含まれている機能:

ファイル ストレージ

OneDrive のストレージをユーザー 1 人あたり 1 TB 以上利用できます。保存できるファイルの最大サイズは 15 GB です。

ファイル共有

組織内外の他のユーザーと安全にファイルを共有できます。また、表示できるユーザーと編集できるユーザーをファイルごとに制御できます。

デスクトップ アプリやブラウザーからアクセス可能

OneDrive は、ネイティブ デスクトップ、ブラウザー、モバイル デバイスで使用できます。

デスクトップの同期

ローカルにコピーしたファイルやフォルダーを同期させ、Mac や Windows PC でオフラインでも表示や編集が可能です。

デバイスごとに選択可能な同期

必要に応じて、複数のデバイスのさまざまなファイルやフォルダーを選択して同期したりアクセスしたりできます。

どこからでもアクセス

Android、iOS、Windows 向け OneDrive アプリを使用して、どこにいてもファイルで作業できます。

さまざまなファイルの種類をサポート

Adobe ファイル (PDF、Photoshop、Illustrator など)、Visio ファイル、DICOM 医用画像など、270 種類以上の一般的なファイルの種類をプレビューできます。HD ビデオをダウンロードせずにブラウザーからオンデマンドで直接ストリーミングすることもできます。

モバイル スキャン

モバイル デバイスで OneDrive モバイル アプリを使用して、ドキュメントをスキャンできます。

Office Online

Word、OneNote、PowerPoint、Excel のドキュメントの作成と編集をブラウザーで行います。

Office との統合

OneDrive は Office 365 と統合されているので、使い慣れたアプリを使用してリアルタイムで共同編集することや、ファイルをクラウド添付ファイルとして Outlook から直接送信することができます。OneNote で作成したノートをチーム メンバーと共有することや、さまざまなデバイスからアクセスすることもできます。

ファイルとフォルダーの管理

OneDrive と SharePoint との間でファイルを移動し管理できます。

検索と検出

検索および検出ツールは、最も関連性の高いファイルを検出するのに役立ちます。

データ損失防止

データ損失防止の利用条件に関するヒント

高度なデータ損失防止機能を試用して、機密情報を識別、監視、保護できます。

インプレース ホールド

インプレース ホールドの利用条件に関するヒント

インプレース ホールドとデータ保持のコントロールを利用して、削除済みや編集済みのドキュメントを電子情報開示に備えて保持できます。

アドオン サービス

Office 365 での複数地域機能

グローバル データ所在地に関する要件を満たすとともに組織のデジタル トランスフォーメーションを促進します。Office 365 では、ユーザーごとにデータの場所を制御できます。複数地域機能を Exchange Online と OneDrive で利用できるようになりました。 詳細情報

その他の詳細情報

詳細情報については、サービスの説明を参照してください

OneDrive の比較

OneDrive と Office 365 がどのようにチームの多様なニーズを満たすかをご覧ください。この統合ソリューションならば、サードパーティのアプリに頼る必要はなく、異種ツールの相性が問題になることもありません。

最も多く寄せられる質問

すべて表示

主要なクレジット カードをご利用いただけます。サブスクリプション数は、クレジット カードの明細に表示されます。また、請求書の受け取り方法を選択でき、選んだサービスに応じて、月額または年額の請求書が送られます。請求書が表示可能な状態になると、メールで通知が送られます。サブスクリプションのご購入時に発注書 (PO) 番号を入力した場合は、その番号が請求書に表示されます。

Office 365 Enterprise プランでは年間契約を利用できます。年間契約の場合は 1 年間のサブスクリプションにサインアップしますが、そのときに月払いにするか、年間一括前払いにするかを選択できます。

はい。ディスカウントは Office 365 エンタープライズ契約のお客様 (通常 250 ライセンス以上) がボリューム ライセンスを通して購入される場合に適用できます。Microsoft のエキスパートが大企業向けの購入オプションをご案内し、最適なオプションの決定をお手伝いします。詳細については、ボリューム ライセンスの説明を参照してください。Microsoft のエキスパートを見つけるには、Microsoft パートナーのページを参照してください。

はい。複数の Office 365 プランを組み合わせることができますが、プラン レベルでライセンスの制限があることに注意してください。Office 365 Business、Business Essentials、Business Premium の各プランには、ユーザー数最大 300 人という制限がありますが、Enterprise プランのユーザー数は無制限です。たとえば、Business Premium 300 シート、Business Essentials 300 シート、Enterprise E3 500 シートを単一テナントで購入できます。

はい。どの Office 365 プランでも、インストールとライセンス認証、およびサブスクリプション アカウントの管理にインターネット アクセスが必要です。また、Office 365 のクラウド生産性サービス (メール、会議、IT 管理など) にアクセスするときにもインターネットに接続する必要があります。

Office 365 Business Premium や Office 365 Enterprise E3 など、多くの Office 365 プランにデスクトップ版の Office が含まれています。デスクトップ版の Office アプリケーションをインストールしておくと、オフラインでも作業できます。次にインターネットに接続したときにすべての作業が自動的に同期されるので、ドキュメントを常に最新の状態に保つことができます。デスクトップ版の Office も、常に最新の状態が保たれるようになっており、インターネットに接続したときにアップグレードされるので、常に最新のツールを使用して作業できます。Office 365 のプランの比較については、こちらを参照してください。

Microsoft のエキスパートとしてトレーニングを受けた IT および開発企業が、Office 365 への移行やお客様の業務に合わせたソリューションの開発をサポートします。すべての Microsoft エキスパートの一覧については、Microsoft パートナーのページを参照してください。

Microsoft FastTrack for Office 365 は、Office 365 への移行をスムーズに安心して行い、ビジネス上の価値をすばやく実現できるよう、お客様を支援するサービスです。

FastTrack Center は世界各地に分散する数百名のエンジニアのチームであり、IT 担当者やパートナーが Office 365 を問題なく導入できるように支援します。

FastTrack エンジニアは個々のお客様に合わせた遠隔サポートを行い、お客様が技術環境を準備して円滑に移行できるようにお手伝いいたします。

FastTrack の対象となるお客様には、Office 365 の購入から 30 日以内にご連絡します。FastTrack のリソースとサービスは、Office 365 Business または Enterprise のプランを 50 シート以上購入された場合、または有料の政府機関向け、Kiosk、非営利団体向けのプランを購入された場合にご利用いただけます。

詳細については、サービスの説明FastTrack についてよく寄せられる質問を参照してください。

リソース

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。