Office Personal 2016

表計算や文書作成など、基本的なツールをご家庭で利用する方に適しています。

{Personal2016|price}

使いやすさがさらに向上

利用したい機能や必要な情報を、すばやく見つけることができるようになったので、古いバージョンに慣れている方でも、安心してお使いいただけます。

共同編集機能をさらに強化

ひとつのドキュメントを複数人で共同作成している場合でも、リアルタイムで変更が確認でき、より簡単に作業をしていただけます。

簡単にファイルを共有する

OneDrive オンライン ストレージにファイルを保存すれば、どこからでもアクセスが可能なうえ、他の人との共有も簡単です。

機能

Office デスクトップ アプリケーション

  • Word 2016、Excel 2016、および Outlook 2016。Office 2016 ご利用に関する注意事項については、こちらをご覧ください。
  • どなたでも簡単に、Office のエキスパートに。リポンの操作アシスト ボックスに知りたいことを入力すれば、役に立つ情報が表示されます。
  • 新しいテーマを使用して、自分に最適の Office 体験を選択しましょう。[白] および [濃い灰色] テーマは目にやさしいハイコントラストです。[カラフル] テーマは、すべてのデバイスで、モダンな印象を与えてくれます。
  • インサイト機能は、Office ファイルを読む際に Bing を活用して Web から関連情報を表示することで、ファイルの閲覧をより豊かな体験にしてくれます。
  • Word ドキュメントに新しい機能が加わりました。オンライン ビデオを挿入し、PDF を開いて内容を編集し、画像と図表の位置を簡単に揃えます。
  • Outlook が自動的に Microsoft Web メール アカウントに接続されます。タスクや予定表を Outlook と同期して、すべての予定を 1 か所にまとめましょう。

よく寄せられる質問

すべて開く

Office は、Windows 7 以降を実行している PC と Mac OS X 10.10 を実行している Mac (Office 2016 for Mac の場合) に対応しています。iPad® や Android™ タブレットでの要件など、詳細については、全システム要件を参照してください

はい。Office の以前のバージョンをお持ちのユーザーであれば、Office の最新版で作成されたドキュメントを互換パックやサービス パックを使って簡単に開くことができます。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。