Office Professional 2016

Office で仕事を効率化できます。Office と Outlook、Publisher、Access を合わせて使用したい方に最適です。同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC にインストールできます。

* 法人でのご利用は、ボリューム ライセンスをご検討ください。

{OPro2016|price}
Windows 7 以降で使用できます

プロ並みの仕事

必要なツール (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access) を使って、本格的な文書の作成、プレゼンテーション、コミュニケーション、パブリッシングなどを行うことができます。

便利な Office Online

Office Online を使って、オンライン ストレージに保存した文書の閲覧、編集、共有をリアルタイムで行うことができます。インターネットに接続されたデバイスと、サポートしているブラウザーを使えば、いつでもアクセスできます。

簡単にファイルを共有する

ファイルをオンラインで保存すれば、外出中でもそれらのファイルにアクセスできます。また、他のユーザーをすばやく招待して、ファイルのレビューや編集をしてもらうこともできます。

Office Professional 2016 の機能:

Office スイート製品

  • Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016OneNote 2016Outlook 2016Publisher 2016Access 2016
  • アイデアを書き留めたいときに、キーボード、ペン、タッチスクリーンのどれでも、一番使いやすい方法で入力できます。
  • 誰でも簡単に、Office のエキスパートになれます。リボンに表示される新しい操作アシスト ボックスに実行したい作業を入力すれば、その方法を教えてくれます。
  • 新しいテーマを使用して、自分に最適な Office 操作環境を選択しましょう。[黒] テーマおよび [濃い灰色] テーマは目にやさしいハイコントラストです。[カラフル] テーマは、デバイスに関係なくモダンな外観を設定できます。
  • Bing ベースのインサイト機能では、Office ファイルを閲覧しながら関連情報を Web から取得して表示することができます。
  • スタート画面でテンプレートを 1 つ選択すると、設定とデザインがほとんど完了するので、アイデアやデータに集中できます。
  • Word 文書のコメントがわかりやすく表示されます。コメントに対処済みかどうかを、新しい返信ボタンを使って示すことができます。
  • PDF の内容を Word に直接読み込むことができます。通常の Word 文書と同様に、PDF を開いて段落、リスト、表を編集できます。
  • Excel で情報の書式を整える時間を短縮し、データに隠れたインサイトをすばやく引き出すことができます。新しいツールがユーザーのパターンを認識し、データを自動的に補完します。
  • 最新の図表とグラフが Excel に追加され、ビジネス データの探索と説得力のある表現の方法がさらに増えました。データに最適なグラフが自動的に提案されます。データがどのように表示されるかをプレビューで確認することもできます。
  • Excel で、データ系列に関する基本的な予測を 1 回のクリックで作成できるようになりました。将来のトレンドを可視化できます。
  • PowerPoint プレゼンテーションを Web 上で共有できます。相手にリンクを送信するか、無料の Office Presentation Service を使用して配信します。相手はどこからでも参加できます。
  • Excel スプレッドシート、図表、オーディオ クリップ、ビデオなど、ほぼどの種類のファイルでも OneNote ノートブックに埋め込むことができます。ノートは保存されて検索可能になり、他のデバイスの OneNote アプリに同期されるので、どこからでも使用と共有ができます。
  • Outlook のインライン返信機能で返信を効率化します。閲覧ウィンドウで、元のメッセージ本文の中のコメントしたい場所に直接コメントを入力します。
  • 時間の節約につながるオンライン写真プリント オプションを Publisher で利用できます。
  • 関連するテーブルやクエリからのデータ一覧をすばやく引き出して集計する機能を Access で利用できます。項目をクリックするだけで、その項目の詳細情報が表示されます。
  • 在宅ビジネスや小規模なビジネスに最適です。

よく寄せられる質問

すべて表示

Office 365 サブスクリプション プランでは、フル機能の Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access) をインストールして使用することができます (Publisher と Access は Windows PC のみ)。Office 365 は複数のデバイス ( Windows PC、Mac、Android™ タブレット、Android スマートフォン、iPad®、iPhone®) にインストールできます。さらに、Office 365 では各種サービスも利用できます。たとえば、OneDrive のオンライン ストレージ、家庭で使用できる Skype 通話プラン、Outlook.com の高度なセキュリティです。有効な Office 365 サブスクリプションがあれば、常に最新バージョンの Office アプリケーションを使用できます。

パッケージ版の Office には、Windows PC または Mac で使用するための Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションが含まれています。これらのアプリケーションは自動的には更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたときに改めて Office を購入する必要があります。現在購入可能なパッケージ版 Office アプリケーションの最新バージョンは、Windows 版と Mac 版のどちらも Office 2016 です。以前のバージョンとしては Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Mac があります。Office 2010 と Office 2007 は、Windows 8.1 以前に対応しています。パッケージ版の Office には、Office 365 に含まれるサービスは一切含まれません。Office 365 と Office 2016 の違いの詳細については、こちらを参照してください

中小規模企業向け Office 365 の詳細情報
最新バージョンの Office は、Windows 7 SP1 以降を実行している Windows PC で使用できます。Office 2016 for Mac を使用するには Mac OS X 10.10 以降を実行している Mac が必要です。その他の、iPad® や Android™ タブレットの要件などの詳細情報については、すべてのシステム要件のページを参照してください。

Office 2007、Office 2010、Office 2013Office 2016 では、特別な操作を行わなくてもドキュメントを開くことができます。

iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。