よく寄せられる質問

ブランド

すべて表示

Skype for Business では、Skype の使い慣れた機能や操作方法と、Lync の企業向けのセキュリティ、コンプライアンス、制御が 1 つになりました。エンドユーザーは、自宅と同様に職場でも、使い慣れた Skype の操作方法で簡単に使用できます。組織は、世界中の何億もの Skype ユーザーのネットワークにアクセスできるようになります。さらに、IT 部門はこれまでどおり安心して、セキュリティで保護された信頼性の高い高品質のコミュニケーション機能を組織に提供できます。

いいえ。これからも Skype は、世界中のユーザーから親しまれ愛用されているユーザー エクスペリエンスを提供し続けます。ユーザーは、いつもの方法で、つまり今までと同じユーザー アカウント、連絡先、製品インターフェイス、機能を使って、Skype を利用できます。

製品

すべて表示

Lync と Skype の優れた機能が、Skype を基にしたユーザー インターフェイスに統合されました。ユーザー エクスペリエンスは、Skype for Business と Skype 間でより密接に連携しています。そのため、機能は類似しており、職場にいるのか、家族とやり取りしているのかに関係なく、直感的にわかるようになっています。

Skype for Business には、次のような新しい機能が搭載されています。

  • 使い慣れた音声およびビデオ通話用の Skype アイコン
  • アプリの切り替え中もアクティブな通話を表示したままにする通話モニター
  • IM、音声、ビデオを使った Skype ネットワークとの法人向けの接続機能
  • Skype for Business Server などのシンプルになったアップグレードとパッチ適用のプロセス

ありません。Skype for Business では、Lync と同じ機能と特性に加えて、企業ユーザーが求める制御、セキュリティ、信頼性を提供します。たとえば、Skype for Business の管理者は、ユーザー インターフェイスの表示方法や表示タイミングを設定できます。この追加された制御機能により、管理者は、自分の思いどおりに Skype for Business の機能を提供できます。

もちろんです。Microsoft は、クラウドでのエンタープライズ VoIP の実現を含め、ロードマップの実施に今後も取り組んでいきます。

ライセンス

すべて表示

はい。Skype for Business は引き続き、Office と Office 365 が提供する価値と製品操作に不可欠な製品です。

ソフトウェア アシュアランスを持つ現行の Lync Server ユーザーには、Skype for Business を導入する権利があります。Lync Online を利用している Office 365 ユーザーには、サブスクリプション サービスの 1 つとして、自動更新が提供されます。

ユーザー エクスペリエンス

すべて表示

はい。Skype for Business ユーザーは、Active Directory の ID 資格情報を使ってログインします。Skype ユーザーは、引き続き Skype ID を使用します。ユーザーのフィードバックから、個人用と仕事用の連絡先を統合するのは時期尚早であると判断しました。

いいえ。Skype と Skype for Business のデスクトップ クライアントと Web およびモバイル アプリは別です。