Yammer 利用規約

本規約の最終変更日は 2014 年 12 月 1 日です (既にユーザーである場合、2015 年 1 月 1 日から有効になります)。

Microsoft をお選びいただきありがとうございます。本規約は、お客様と Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じた関連会社) の間で締結される契約であり、第 1 条に規定しているソフトウェアおよびサービスを使用するお客様の権利について説明するものです。 便宜上、本規約の一部の条項は質疑応答形式で記載されています。 すべての条項が重要であり、お客様が同意された場合、一体となってお客様に適用される法的契約 (以下「本規約」) を形成するため、本規約全文をお読みください。

組織アカウント (職場または学校の電子メールなど) を使用して本サービスにサインアップし利用する必要があること、組織ドメインの所有者 (雇用主、学校など) (以下「組織」) がお客様のサービス アカウント (以下「アカウント」) を管理し、お客様のデータおよび Yammer ネットワークでの以前の活動にアクセスできることにご注意ください。

米国内に所在している場合、第 7 条には、拘束力のある仲裁に関する条項および集団訴訟の権利放棄について記載されています。第 7 条は、Microsoft との紛争を解決する方法に関する権利に影響を及ぼすため、 注意してお読みください。

1. 本規約の範囲、同意、および変更

1.1 本規約の対象となるサービスは何ですか。Yammer Basic ネットワーク、および Yammer Basic ネットワークまたは Yammer Enterprise ネットワークに関連する外部ネットワークが対象です。 これらのサービス、ならびに本規約に関連付けられているその他のソフトウェア、Web サイト、およびサービスを総称して「本サービス」といいます。 Yammer Enterprise ネットワークは、本規約の対象外であり、別途の契約が適用されます。

1.2 本規約に同意する方法を教えてください。 本サービスを利用または本サービスにアクセスすることにより、またはユーザー インターフェイスにオプションが表示された場合はそこで本規約に同意することにより、内容を変更することなく本規約に従うことに同意するものとします。 同意されない場合、本サービスを利用することはできません。

1.3 本規約に同意した後に Microsoft が本規約を変更することはできますか。 はい。 Microsoft は、本規約を随時変更または修正できます。 変更する場合、ユーザー インターフェイス、電子メール メッセージ、または他の合理的な手段を通じてお客様に通知します。 変更の発効日後に本サービスを利用した場合、変更後の条項に同意したものと見なされます。 変更に同意されない場合、本サービスの利用を停止する必要があります。 利用を停止しない場合、新しい条項がお客様に適用されます。

1.4 本サービスにはどのような変更が考えられますか。 Microsoft は、本サービスを改善するために継続的な努力をしており、いつでも本サービスに変更を加える可能性があります。 また、本サービスまたはその機能をベータ版としてリリースすることがあり、その場合、正しく動作しなかったり、最終版と異なる動作をしたりすることがあります。 Microsoft は、本サービスの一部の提供を随時停止することができます。 停止するのは、本サービスを提供できなくなった場合、テクノロジが進展した場合、カスタマー フィードバックに基づいて変更が必要になった場合、Microsoft と第三者の契約により第三者のマテリアルが利用できなくなった場合、外部の問題が発生して継続が現実的でなくなった場合などです。

1.5 本サービスを利用する際に年齢制限はありますか。 本サービスは、13 歳以上のユーザーのみを対象としています。13 歳未満の方による本サービスの登録、利用、またはアクセスは、許可および許諾されておらず、本規約に違反することになります。 Microsoft は、お客様が 13 歳未満であると確信している場合を含みますがこれに限定されない任意の理由で、独自の裁量によりいつでも、事前通知の有無にかかわらず、アカウントの解除、本サービスに投稿されたコンテンツまたは情報の削除、および本サービス (本サービスの任意の部分、側面、もしくは機能) の利用またはアクセスの禁止を行うことができます。 ただし、適用される法令に基づいて、Microsoft が本サービスを合法的に提供する (プライバシーに関する声明に従ってお客様のコンテンツを収集、保存、使用することを含みますがこれらに限定されません) ためにお客様が 13 歳を超えている必要がある場合、本サービスを利用または本サービスにアクセスするには、かかる法令により義務付けられている最少年齢に達している必要があります。 13 歳 (韓国に所在している場合は 14 歳) 以上であり、所在地における「成人」の年齢未満である場合、本規約の条項に拘束されることについて、保護者または法定後見人の有効な同意を得ている必要があります。 所在地において成人の年齢に達しているかどうか分からない場合、または本第 1 条 5 項の内容を理解できない場合は、保護者または法定後見人にサポートを求めずにアカウントを作成しないでください。 アカウントを作成する未成年者の保護者または法定後見人である場合、かかる未成年者に代わって本規約に同意し、アカウントまたは本サービスのあらゆる利用に責任を負うものとします。 本サービスを利用することで、所在地における「成人」の年齢未満に達していること、または本規約に拘束されることについて、保護者または法定後見人の有効な同意を得ていることを表明するものとします。

1.6 Yammer Basic ネットワークと Yammer Enterprise ネットワーク。

  1. 1所属する組織から提供された電子メール アドレスを使用して本サービスにサインアップしている場合で、管理者がいない場合、Yammer Basic ネットワークに参加することになり、本規約に従って行動する責任はお客様が負うものとします。
  2. 2所属する組織ドメインの電子メール アドレス宛ての電子メール メッセージに記載されたハイパーリンクを通じて、本サービス上の自分のアカウントを確認するよう随時求められる場合があります。 かかるドメイン電子メールが確認されない場合、お客様のアカウントは削除され、そのアカウントに関連付けられている情報またはコンテンツは削除されるか、お客様との関連付けが解除されることがあります。 お客様のアカウントが削除された場合、Microsoft はコンテンツをお客様に返却する義務を負いません。
  3. 3組織は、Yammer Enterprise ネットワークを購入することで、本サービスを管理することを決定できます (Yammer Enterprise ネットワークの使用については本規約の対象外です)。 この場合、管理者は所属する組織のドメイン電子メール アドレスに関連付けられているアカウントを完全に管理でき、1 名以上のユーザーのアカウントまたはコンテンツを削除することができます。 そのため、コンテンツを定期的にバックアップする必要があります。 管理者が Yammer Enterprise ネットワークを管理して設定を行うことができる場合、本規約は適用されないため、Yammer Enterprise ネットワークの使用に適用される契約については管理者にお問い合わせください。 Microsoft は、管理者または所属する組織がお客様のアカウントを管理できるが、そうする義務はないことを、お客様に通知することができます。
  4. 4所属する組織の Yammer ネットワークが Yammer Basic ネットワークであるか Yammer Enterprise ネットワークであるかどうかにかかわらず、所属する組織が定める、本サービスに投稿するコンテンツに関するポリシー、ガイドライン、および手続きに従う必要があります。

2. コンテンツ

2.1 本サービスに投稿したコンテンツに責任を負うのは誰ですか。 本サービスを利用すると、他のユーザーとコミュニケーションを図ったり、コメント、ファイル、写真、文書、ビデオなど、さまざまな種類のコンテンツを共有または保存したりすることができます。 Microsoft は、お客様自身のコンテンツへの組み込みを Microsoft がお客様にライセンスしたマテリアルを除き、お客様が本サービスに投稿または提供したコンテンツの所有権を主張することはありません。 本サービスに投稿したコンテンツにはお客様が責任を負うものとします。 本サービスのユーザーである限り、本サービスから自分のコンテンツを削除することができます。 組織ドメインの所有者がアカウントを管理している場合、またはお客様が Yammer Enterprise ネットワークのユーザーである場合、本サービスに投稿したコンテンツに対する自分の権利については、管理者にお問い合わせください。

2.2 自分のコンテンツには誰がアクセスできますか。 自分のコンテンツにアクセスできるユーザーは、お客様が最初に管理できます。 ただし、コンテンツの公開共有を許可する機能を通じて本サービスの公開領域で、または選択した他のユーザーが利用できる共有領域でコンテンツを共有する場合、お客様がコンテンツを共有しているユーザーは誰でも、本サービスおよび Microsoft またはそのライセンシーのその他の製品やサービスの利用に関連して、そのコンテンツを無償で使用、保存、複製、頒布、表示、および送信できることに同意するものとします。 他のユーザーがこのように使用できることを希望されない場合は、本サービスを利用してコンテンツを共有しないでください。 本規約の期間中、本サービスでコンテンツをアップロードまたは共有するために必要なすべての権利を有している (および今後も有する) こと、ならびに本第 2 条 2 項で想定されている方法でコンテンツを使用することがいかなる法律にも違反しないことを表明し、これを保証するものとします。 Yammer Enterprise ネットワークのユーザーである場合、お客様のコンテンツおよび本サービスへのアクセスは、第 1 条 6 項に従って管理者が管理します。 また、管理者がお客様のアカウントを管理している場合、管理者および組織はお客様のコンテンツにアクセスできます。

2.3 Microsoft は自分のコンテンツをどのように取り扱いますか。 コンテンツを本サービスに送信またはアップロードすると、必要に応じてコンテンツを使用するため、本サービスをお客様に提供するため、お客様を保護するため、ならびに Microsoft の製品およびサービスを改善するための全世界的な権利を Microsoft に無償で付与することになります。 Microsoft は、 https://www.microsoft.com/privacystatement/en-us/OnlineServices/default.aspx に掲載されている Yammer のプライバシーに関する声明 (以下「プライバシーに関する声明」) にある記載のとおり、お客様のコンテンツを使用および保護します。

2.4 許可されていないコンテンツの種類または行為は何ですか。 Microsoft は、お客様および本サービスを保護するために、お客様による本サービスの利用に適用される以下の倫理規定 (以下「倫理規定」) を策定しています。 倫理規定または本規約に違反するコンテンツまたは行為は禁止されています。

  1. 1本サービスを利用して、違法な行為をしないでください。
  2. 2子供に対する搾取、危害、または脅迫を行う活動に関与しないでください。
  3. 3スパムを送信したり、お客様のアカウントを使用して他者がスパムを送信できるようにしたりしないでください。 スパムとは、未承諾の大量の電子メール、投稿、またはインスタント メッセージを意味します。
  4. 4不適切な画像 (ヌード、獣姦、ポルノなど) を一般に公開しないでください。
  5. 5虚偽または誤解を招くような活動 (虚偽表示、なりすましによって金銭を要求する行為など) に関与しないでください。
  6. 6本サービスまたは他者に危害を及ぼす活動 (ウイルス、ストーカー行為、差別発言、他者への暴力の擁護など) に関与しないでください。
  7. 7他者の権利を侵害 (著作権のある音楽の不正共有、写真その他のコンテンツの再販その他の頒布) しないでください。
  8. 8他者のプライバシーを侵害する活動に関与しないでください。

多くの場合、Microsoft はお客様からの苦情を通して倫理規定の違反について通報を受けますが、システム、お客様、または他者に危害を及ぼす恐れのある児童ポルノまたは虐待行為を検出する自動テクノロジを導入することもあります。Microsoft またはその代理人は、このような状況を調査する際に、問題を解決するためにコンテンツを確認する場合があります。 これは、本規約とプライバシーに関する声明に規定している使用方法に追加されるものです。

2.5 Microsoft は自分のコンテンツを本サービスから削除できますか。 はい。 Microsoft は、本規約に違反している場合、他のユーザーから苦情を受けた場合、知的財産権侵害に関する通知または削除を求めるその他の法的命令を受け取った場合、お客様のコンテンツについて削除、頒布の制限、またはアクセスの無効化を行います。 また、本サービスもしくはお客様を保護し、また本規約の条項を執行する取り組みの一環として、本サービスに対する通信 (電子メール、インスタント メッセージなど) の配信をブロックする場合もあります。 コンテンツは、定期的にバックアップしてください。

3. 本サービスの解約

3.1 本規約に従わない場合、資格を満たしていない場合、または Microsoft から詐欺を疑われている場合はどうなりますか。 本規約に違反している場合、資格を満たしていない場合、または Microsoft から詐欺を疑われている場合、Microsoft は、本サービスからのコンテンツの削除、本サービスへのアクセスの停止もしくは取り消し、またはかかる活動の所轄当局への付託など、さまざまな措置を講じることがあります。 削除されたコンテンツは、回復できないことがあります。

3.2 本サービスにアクセスできなくなるような場合は他にありますか。 はい。 (1) Microsoft はその理由にかかわらず、いつでも本サービスを解除できます。(2) Microsoft は、その理由にかかわらず、いつでもアクセスを解除できます。(3) Microsoft は前述の第 1 条 4 項に従って本サービスの一部の提供を停止できます。 また、管理者がお客様のアカウントを管理している場合、管理者は本サービスへのアクセス権を変更または削除できます。

3.3 本サービスを解除することはできますか。 組織ドメインの所有者がアカウントを管理している場合を除き、その理由にかかわらずいつでもプロフィール設定を通じてアカウントに関連付けられている本サービスを解除することができます。 所有者が管理している場合は、アカウントを解除するよう管理者に依頼してください。

3.4 本サービスが解約または解除になった場合はどうなりますか。 本サービスが解約または解除になった場合、本サービスを利用するお客様の権利は直ちに停止し、本サービスに関連するソフトウェアを使用するライセンスも終了します。 その際、そのソフトウェアをインストールする必要があります。または、Microsoft がそのソフトウェアを無効にすることもあります。 また、本サービスに投稿したすべてのコンテンツにアクセスできなくなりますが、お客様のコンテンツは、そのコンテンツを投稿した Yammer ネットワークがアクティブである限り、本サービスに残ったままになる場合があります。 Microsoft はお客様にその旨を通知したり、コンテンツをお客様に返却したりする義務を負いません。

4. プライバシー

お客様のプライバシーは Microsoft にとって重要です。プライバシーに関する声明には、Microsoft がお客様のコンテンツを使用および保護する方法や Microsoft が収集する情報が記載されています。 内容は重要であるため、注意してお読みください。 本規約には、プライバシーに関する声明が含まれます。 本サービスを利用することで、または本規約に同意することで、https://www.microsoft.com/privacystatement/en-us/OnlineServices/default.aspx に掲載されているプライバシーに関する声明にある記載のとおり、Microsoft がお客様のコンテンツおよび情報を収集、使用、および開示することに同意するものとします。

5. 本サービスの中断およびバックアップ

Microsoft は本サービスが継続的に稼働するよう努めていますが、すべてのオンライン サービスは中断や停電が時折発生することがあります。Microsoft は、結果としてお客様が被る中断または損失について一切責任を負いません。本サービスに保存しているコンテンツは、定期的にバックアップする必要があります。 定期的なバックアップ計画を策定して遵守することで、コンテンツの損失を防止するのに役立ちます。

6. ソフトウェアおよび関連する本サービス

6.1 本サービスの一部であるソフトウェアにはどの条項が適用されますか。 Microsoft が本サービスの一部としてお客様に提供するソフトウェアには、別途のライセンス契約が付属している場合を除き、本規約の条項が適用されます。 ソフトウェアはライセンスされるものであり、販売されるものではありません。ソフトウェアの権利については、Microsoft が明示的に付与していない場合、黙示、禁反言、またはその他によるかを問わず、Microsoft がすべて留保します。 表示している Web サイトに本規約が適用される場合、この Web サイトのリンク元または参照先にある第三者のスクリプトまたはコードは、Microsoft ではなく、かかるコードを所有する第三者がお客様にライセンスするものです。

6.2 ソフトウェアまたは本サービスで実行できないことはありますか。 はい。 本規約におけるその他の制限に加えて、お客様は次の行為を行うことはできません。(i) ソフトウェアもしくは本サービスにおいて、またはソフトウェアもしくは本サービスに関連して技術上の保護手段を回避または無視すること、本サービスに含まれる、もしくは本サービスを通じてアクセスできるソフトウェアもしくは本サービスのその他の側面について逆アセンブル、逆コンパイル、もしくはリバース エンジニアリングすること (適用される著作権法でこれらの行為が明示的に許可されている範囲においてはその限りではありません)、(ii) 別のデバイスで使用するためにソフトウェアもしくは本サービスのコンポーネントを分離すること、(iii) ソフトウェアもしくは本サービスを公開、コピー、レンタル、リース、もしくは貸与すること、または (iv) ソフトウェア、ソフトウェア ライセンスのほか、本サービスにアクセスしたり本サービスを利用したりする権利を譲渡すること。 第三者による本サービスの利用を妨げる可能性のある方法で、またはサービス、データ、アカウント、もしくはネットワークに不正な方法でアクセスするために、本サービスを利用することはできません。 また、不正な第三者アプリケーションを使用して、本サービスにアクセスすることはできません。

6.3 ソフトウェアはどのように更新されますか。 Microsoft は、ソフトウェアのバージョンを自動的にチェックできます。 また、ソフトウェアの更新プログラムを随時自動的にダウンロードできます。 お客様は、更新プログラムに他の条項が付属していない限り、かかる更新プログラムには本規約が適用されることに同意するものとします。 他の条項が付属している場合、かかる他の条項が適用されます。 Microsoft は、更新プログラムを公開する義務を負わず、お客様がソフトウェアのライセンスを取得したシステムのバージョンをサポートしていることも保証しないものとします。

7. 拘束力のある仲裁および集団訴訟の権利放棄 (米国内に所在している場合)

本第 7 条は、任意の紛争に適用されます。 ただし、お客様、お客様のライセンサー、Microsoft、または Microsoft のライセンサーの知的財産権の執行または有効性に関連する紛争は含まれません。 「紛争」とは、契約、保証、不法行為、制定法、規制、条例、その他法律または衡平法のいずれを根拠とするかにかかわらず、本サービスまたは本規約に関してお客様と Microsoft の間で発生した任意の紛争、訴訟、または争議を意味します。 「紛争」という語は、法律の下で許容される最大限広範な意味で使用するものとします。

7.1 紛争通知。

紛争の発生の際、お客様または Microsoft は、紛争通知を送付する当事者の名前、住所、および連絡先情報、紛争を引き起こした事実、ならびに請求する救済を書面に記載した紛争通知 (以下「紛争通知」) を、他方当事者に送付する必要があります。 紛争通知は、米国郵便にて Microsoft Corporation (ATTN: LCA ARBITRATION, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052-6399, U.S.A) まで送付する必要があります。 フォームは、Legal and Corporate Affairs (LCA) の Web サイト (https://www.microsoft.com/legal/arbitration/notice.aspx) から入手できます。 Microsoft は、紛争が発生した場合、お客様の住所を知っていればその住所宛てに米国郵便で、またはお客様の電子メール アドレス宛てに紛争通知を送付します。 お客様と Microsoft は、紛争通知が送付された日から 60 日以内に非公式の交渉を通じてすべての紛争の解決に努力するものとします。 60 日の経過後は、お客様または Microsoft は仲裁を開始することができます。

7.2 少額裁判所。 紛争が小額裁判所で取り扱うべきすべての条件を満たしている場合、お客様の所在地または米国ワシントン州キング郡の小額裁判所でも訴訟を起こすことができます。 最初に非公式に交渉を行ったかどうかにかかわらず、少額裁判所に提訴することができます。

7.3 拘束力のある仲裁。お客様と Microsoft が非公式の交渉または少額裁判所で紛争を解決できない場合、それ以外の紛争解決手段は連邦仲裁法 (以下「FAA」) に準拠した、拘束力のある個別の仲裁のみによるものとします。 集団仲裁は認められません。 お客様は、すべての紛争について、判事または陪審員による裁判所に起訴する (または集団訴訟の原告の一員として参加する) 権利を放棄することになります。 この場合、すべての紛争は中立的な仲裁人に委ねて解決するものとします。仲裁人の決定は、FAA に基づく限定された上訴権を除き、最終的なものとなります。 両当事者のいかなる管轄裁判所も、仲裁人の裁定を執行することができます。

7.4 集団訴訟の権利放棄。いかなる紛争についても、法廷地で解決したり起訴したりするあらゆる訴訟は、個別にのみ実施するものとします。 お客様または Microsoft のいずれも、いかなる紛争についても、集団訴訟、司法長官による民事訴訟、またはいずれかの当事者が代表者として訴訟を提起または提案するその他の手続きを通じて解決を求めることはできないものとします。 いかなる仲裁またはその他の訴訟も、影響を受けるすべての仲裁または訴訟についてすべての当事者から書面による同意を事前に得ることなく、別の仲裁または訴訟と併合されないものとします。

7.5 仲裁手続き。

すべての仲裁は、米国仲裁協会 (以下「AAA」) が、その商事仲裁規則に基づいて実施します。 お客様が個人であり、本サービスを個人的にもしくは家庭で使用する場合、またはお客様が個人であるか、本サービスをどのように使用するかにかかわらず 75,000 米ドル以下の紛争の場合は、AAA の消費者関連紛争の補完手続きも適用されます。 詳細については、www.adr.org を参照するか、1-800-778-7879 まで電話でお問い合わせください。 仲裁を開始するには、Legal and Corporate Affairs (LCA) の Web サイト (https://www.microsoft.com/legal/arbitration/demand.aspx) から入手できるフォームを AAA に提出します。 お客様の所在地またはワシントン州キング郡で仲裁を開始することに同意するものとします。 Microsoft は、お客様の所在地で仲裁を開始することに同意します。 お客様は、AAA 規則に従って、電話または対面による聴聞を要請することができます。 10,000 米ドル以下の訴訟では、仲裁人が対面による聴聞会を開く正当な理由があると判断した場合を除き、すべての聴聞は電話で行われます。 仲裁人は、裁判所と同じ損害賠償請求をお客様個人に認めることができます。 仲裁人は、宣言的救済または差し止め請求をお客様個人にのみ、お客様個人の賠償請求に応じるために必要な範囲においてのみ、認めることができます。

7.6 仲裁手数料および支払い。

7.6.1 75,000 米ドル以下の紛争。 Microsoft は、お客様による申し立て手数料を速やかに弁済し、AAA および仲裁人の手数料および費用を支払います。 お客様が、仲裁人が指名される前に Microsoft から提示された書面による最終和解案 (以下「Microsoft の書面による最終案」) を拒否し、お客様による紛争に対して仲裁人の決定 (以下「裁定」) まで行われ、仲裁人が Microsoft の書面による最終案を超える賠償請求をお客様に認めた場合、Microsoft は、次のことを行うものとします。(i) 裁定と 1,000 米ドルのいずれか高いほうの金額を支払う、(ii) お客様が負担する合理的な弁護士手数料がある場合は、その 2 倍の金額を支払う、および (iii) お客様の弁護士が仲裁においてお客様の賠償請求について調査、準備、および追求するために発生した合理的な費用 (鑑定人の手数料および費用を含む) を弁済する。 手数料、費用、および経費の金額について、お客様および Microsoft が合意していない場合は、仲裁人が決定するものとします。

7.6.2 75,000 米ドルを超える紛争。 申し立て手数料、ならびに AAA および仲裁人の手数料および費用の支払いには、AAA 規則が適用されます。

7.6.3 任意の金額の紛争。 お客様が開始した任意の仲裁において、Microsoft は、かかる仲裁に根拠がない、またはかかる仲裁が不適切な目的で申し立てられたと仲裁人が判断した場合に限り、Microsoft が負担する AAA もしくは仲裁人の手数料および費用、または弁済したお客様の申し立て手数料を要求します。 Microsoft が開始した任意の仲裁において、Microsoft は、申し立て、AAA、および仲裁人の手数料および費用を支払います。 Microsoft は、任意の仲裁において Microsoft が負担する弁護士の手数料または費用をお客様に要求しないものとします。 手数料および費用は、紛争に関する金額を決定する際に、考慮に入れないものとします。

7.7 AAA 規則との矛盾。 本規約は、AAA の商事仲裁規則と消費者仲裁規則との間に矛盾がある範囲に適用されます。

7.8 請求または紛争は 1 年以内に申し立てるものとする。 制定法上許容される最大限において、第 7 条が適用されるいかなる請求または紛争も、1 年以内に少額裁判所 (第 7 条 2 項) に申し立てるか、または仲裁 (第 7 条 3 項) を申し立てる必要があります。 この場合の 1 年は、請求または紛争を申し立てることが可能になった最初の日から起算されます。 1 年以内に申し立てなかった場合、かかる請求または紛争は永久に排除されます。

7.9 仲裁に関する今後の変更の拒否。 お客様は、Microsoft による第 7 条の変更 (住所の変更を除きます) を、かかる変更から 30 日以内に第 7 条 1 項に記載されている住所宛てに米国郵便にて通知を送付することで拒否することができます。 拒否した場合、変更を拒否する前の最新版の第 7 条が適用されます。

7.10 可分性。 第 7 条 4 項の集団訴訟の権利放棄が紛争全体または紛争の一部に対して違法または執行不能と判断された場合、その部分に第 7 条は適用されません。 その場合、その部分は切り離されて裁判所で手続きが進められ、残りの部分は仲裁で手続きが進められるものとします。 第 7 条に規定するその他の条項で、違法または執行不能と判断されたものがある場合、その条項は第 7 条の残りの条項とは切り離されますが、残りの条項は、引き続き完全に有効であるものとします。

8. 無保証

Microsoft、ならびにその関連会社、リセラー、ディストリビューター、およびベンダーは、お客様による本サービスの利用に関して明示と黙示とを問わず、いかなる保証も条件も規定しません。お客様は、本サービスをご自身の責任において利用すること、および Microsoft は本サービスを提供しうる形で現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供することを理解するものとします。 Microsoft は、本サービスで提供される情報の正確性または適時性を保証しません。 Microsoft は、お客様の地域の法律上許容される最大限において、商品性、満足できる品質、特定目的に対する適合性、職人的努力、権利侵害の不存在に関する保証を含め、黙示の保証について一切責任を負いません。 お客様の地域の法律によって、特定の権利がお客様に付与されている場合があります。 それらの権利が適用される場合、本規約のいずれの条項もそれらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。

お客様は、コンピューターおよび電気通信システムが完璧ではなく、時折ダウンタイム時間が発生することがあることを認めるものとします。Microsoft は、本サービスが安全で中断せず遅延およびエラーが発生しないこと、またはコンテンツの損失が発生しないことを保証しません。

9. 責任の制限

Microsoft が本規約に違反した場合、お客様は、Microsoft またはその関連会社、リセラー、ディストリビューター、およびベンダーによる救済が 10.00 米ドルを上限とする直接損害に限定されることに同意するものとします。 その他の損害または損失 (直接損害、結果的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、付随的損害、懲罰的損害を含みますがこれらに限定されません) に関しては、一切補償されません。 これらの責任の制限および除外は、救済によってお客様の損失が完全に補償されない場合、救済の実質的目的が達成されない場合、または当社が損害の可能性を認識していた、もしくは認識していたはずである場合にも適用されます。 法令により最大限認められる範囲において、これらの責任の制限および除外は、本規約に関連したすべての事項に適用されるものとします。これらの事項には、コンテンツの損失、お客様による本サービスの利用に影響を及ぼすウイルス、送受信もしくは取引を開始もしくは完了する際の遅延もしくは障害、契約違反、保証違反、もしくは条件違反に対する請求、厳格責任、過失、不当表示、脱落、不法侵害、もしくはその他の不法行為に対する請求、制定法もしくは規制の違反に対する請求、または不当利得返還請求が含まれます。 お客様の地域または国で付随的損害、結果的損害、またはその他の損害の除外または責任の制限が認められていない場合、これらの責任の制限または除外の一部またはすべてがお客様に適用されないことがあります。

10. Microsoft 契約締結法人、管轄裁判所、および適用される法令

米国。お客様の住所 (法人の場合は本社の所在地) が米国にある場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本規約、本規約の違反に関する請求、およびその他すべての請求 (消費者保護、不正競争、不法行為に関する請求など) の解釈には、抵触法にかかわらず、お客様が所在している州の法律が適用されます。ただし、仲裁に関するすべての条項については FAA が適用されます。 お客様および Microsoft は、本規約または本サービスに起因または関連するいかなる紛争についても、(仲裁や少額裁判所ではなく) 法廷で取り扱う場合は、ワシントン州キング郡の州立裁判所または連邦裁判所をその専属管轄裁判所とすることに取り消し不能で同意するものとします。

カナダ。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) がカナダにある場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本規約、本規約の違反に関する請求、およびその他すべての請求 (消費者保護、不正競争、不法行為に関する請求など) の解釈には、抵触法にかかわらず、お客様の所在地 (法人の場合は主たる業務地) である州の法律が適用されます。 お客様および Microsoft は、本規約または本サービスに起因または関連するいかなる紛争についても、オンタリオ州の裁判所をその専属管轄裁判所とすることに取り消し不能で同意するものとします。

米国およびカナダ以外の北米または南米。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) が米国およびカナダ以外の北米または南米にある場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本規約の解釈および違反に対する請求には、抵触法にかかわらず、ワシントン州法が適用されます。 その他すべての請求 (消費者保護法、不正競争防止法、および不法行為に関する請求など) については、Microsoft が本サービスを運営している国の法令が適用されます。

ヨーロッパ。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) がヨーロッパにあり、本サービスの無償部分を利用している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスの無償部分に関するすべての請求には、Microsoft が本サービスを運営している国で適用される強制法の規定に影響を与えることなく、米国ワシントン州法が適用されます。 本サービスの有償部分を利用している場合、Microsoft Luxembourg S.à.r.l. (20 Rue Eugene Ruppert, Immeuble Laccolith, 1st Floor, L-2543 Luxembourg) と本規約を締結していることになります。 消費者保護に関する請求を含む、本サービスの有償部分に関連するすべての請求には、Microsoft が本サービスを運営している国の法令が適用されます。

中東またはアフリカ。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) が中東またはアフリカにあり、本サービスの無償部分を利用している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスの無償部分に関するすべての請求には、Microsoft が本サービスを運営している国で適用される強制法の規定に影響を与えることなく、米国ワシントン州法が適用されます。 本サービスの有償部分を利用している場合、Microsoft Luxembourg S.à.r.l. (20 Rue Eugene Ruppert, Immeuble Laccolith, 1st Floor, L-2543 Luxembourg) と本規約を締結していることになります。 本サービスのすべてについて、本規約の解釈および違反に対する請求には、抵触法にかかわらず、ルクセンブルクの法令が適用されます。 その他すべての請求 (消費者保護、不正競争、および不法行為に関する請求など) については、Microsoft が本サービスを運営している国の法令が適用されます。 お客様および Microsoft は、本規約または本サービスに起因または関連するいかなる紛争についても、ルクセンブルクの裁判所をその専属管轄裁判所とすることに取り消し不能で同意するものとします。

アジアまたは南太平洋 (以下で別途の項目となっていない国の場合)。 以下で別途の項目となっている国に所在している場合を除き、お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) がアジアまたは南太平洋にあり、本サービスの無償部分を利用している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスの有償部分を利用している場合、Microsoft Regional Sales Corp. と本規約を締結していることになります。この法人は、米国ネバダ州法に基づいて創設され、シンガポールに支社を置いています。この法人の主たる業務地は、438B Alexandra Road, #04-09/12, Block B, Alexandra Technopark, Singapore, 119968 です。 本サービスのすべてについて、本規約および本サービスにはワシントン州法が適用されます。 本サービスまたは本規約に起因または関連するいかなる紛争 (本サービスまたは本規約の存在、有効性、または解除に関する疑義を含みます) についても、シンガポール国際仲裁センター (SIAC) の仲裁規則 (当該規則については、本条項に含まれるものと見なします) に従って、シンガポールにおける仲裁に委ね、最終的に解決するものとします。 裁決機関は、SIAC の会長が指名する仲裁人 1 名によって構成されるものとします。仲裁に用いる言語は英語とします。 仲裁人の決定は最終的なもので、拘束力を有し、異議の申し立てはできないものとし、いずれの国また地域においても、判断の基準として用いることができます。

日本。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) が日本にあり、本サービスの無償部分を利用している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスの有償部分を利用している場合、日本マイクロソフト株式会社 (MSKK) (108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランド セントラル タワー) と本規約を締結していることになります。 本サービスのすべてについて、本規約、および本規約または本サービスに起因または関連するあらゆる事項には、日本の法令が適用されます。 お客様および Microsoft は、本規約または本サービスに起因または関連するいかなる紛争についても、東京地方裁判所をその第一審専属管轄裁判所とすることに取り消し不能で同意するものとします。

中国。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) が中国にある場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスについて、本規約および本サービスには、抵触法にかかわらず、ワシントン州法が適用されます。 米国ワシントン州キング郡の州立裁判所または連邦裁判所の管轄権は非専属的なものとします。

大韓民国。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) が韓国にあり、本サービスの無償部分を利用している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスの有償部分を利用している場合、Microsoft Korea, Inc. (6th Floor, POSCO Center, 892 Daechi-Dong, Kangnam-Gu, Seoul, 135-777, Korea) と本規約を締結していることになります。 本サービスのすべてについて、本規約および本サービスには大韓民国の法令が適用されます。 お客様および Microsoft は、本規約または本サービスに起因または関連するいかなる紛争についても、ソウル中央地方裁判所をその第一審専属管轄裁判所とすることに取り消し不能で同意するものとします。

台湾。 お客様の住所 (法人の場合は主たる業務地) が台湾にあり、本サービスの無償部分を利用している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A.) と本規約を締結していることになります。 本サービスの有償部分を利用している場合、Microsoft Taiwan Corp. (8F, No 7 Sungren Road, Shinyi Chiu, Taipei, Taiwan 110) と本規約を締結していることになります。 本サービスのすべてについて、本規約および本サービスには台湾の法令が適用されます。 お客様および Microsoft は、本規約または本サービスに起因または関連するいかなる紛争についても、管轄権を有する第一審裁判所として、台北地方裁判所を取り消し不能で指定します。

11. 第三者の Web サイト、Microsoft 以外の製品、および第三者のソフトウェア コンポーネント

11.1 第三者の Web サイト。 本サービスを通じて第三者の Web サイトまたはサービスにアクセスできる場合があります。 Microsoft は、第三者の Web サイト、サービス、またはかかる第三者のサービスを通じて利用できるマテリアルについて責任を負いません。 お客様と第三者 (広告主を含みます) との取引については、お客様が単独で責任を負うものとします。 第三者の Web サイトまたはサービスのお客様による利用には、かかる第三者の契約条件が適用される場合があります。

11.2 Microsoft 以外の製品。 Microsoft は、本サービスを通じて Microsoft 以外の製品またはサービス (以下「Microsoft 以外の製品」) を提供する場合があります。 Microsoft 以外の製品を本サービスと共にインストールまたは使用する場合、Microsoft の知的財産またはテクノロジに対して本規約に明示的に規定されている義務を超える義務を負わせるような方法でインストールまたは使用することはできません。 Microsoft は、Microsoft 以外の製品について一切責任を負いません。 本サービスと共にインストールまたは使用する Microsoft 以外の製品については、お客様が単独で責任を負うものとします。

11.3 第三者のソフトウェア コンポーネント。 Microsoft が本サービスの一部としてお客様に提供するソフトウェアには、第三者のソフトウェア コンポーネントが含まれている場合があります。 かかるソフトウェアに別途開示されている場合を除き、第三者ではなく、Microsoft が Microsoft のライセンス条項および通知に基づいて当該コンポーネントをお客様にライセンスします。

12. デジタル著作権管理

デジタル著作権管理 (DRM) で保護されているマテリアルにアクセスした場合、DRM ソフトウェアは、メディア使用権をオンラインの権利サーバーに自動的に要求し、DRM 更新プログラムをダウンロードしてインストールして、マテリアルを再生できるようにします。

13. Microsoft .NET Framework ソフトウェア

ソフトウェアには Microsoft .NET Framework ソフトウェアが含まれている場合があります。このソフトウェアは Windows の一部です。 Windows のライセンス条項は、この .NET Framework ソフトウェアの使用にも適用されます。

14. 存続

本条および第 1 条 3 項、第 1 条 5 項、第 2 条 2 項、第 4 条、第 6 条、第 7 条、第 8 条、第 9 条、第 10 条、第 11 条、第 15 条、第 16 条、第 17 条、第 18 条、第 21 条、第 22 条、第 25 条、および本規約の終了後にも適用されることが規定されている条項については、本規約の解除または解約後も履行義務が存続します。

15. 譲渡および移管

Microsoft は、お客様に通知することなく本規約全体または本規約の一部を随時譲渡することができます。お客様は、本規約を譲渡したり、本サービスのいかなる使用権も移管したりすることはできません。

16. Microsoft が本サービスに関して行う電子通知に対する同意

本サービスへのサインアップ時にお客様が指定したアドレス宛ての電子メールを通じて、Microsoft が本サービスに関する通知、または法律により提供が義務付けられている情報をお客様に提供することに同意するものとします。電子メールでお客様に送付された通知については、電子メールの送信日に通知が行われ、受領されたものと見なされます。 通知を電子的な形式で受け取ることに同意されない場合は、本サービスの使用を停止する必要があります。 Microsoft に通知する際は、第 10 条に従って該当する Microsoft 契約締結法人に対して書面をもって通知してください。

17. 契約の解釈

本規約は、お客様による本サービスの利用についてのお客様と Microsoft との間の完全なる合意です。本規約は、お客様による本サービスの利用に関して、お客様と Microsoft との間の従前の合意よりも優先するものとします。 本規約のすべての部分は、関連する法令により最大限認められる範囲において適用されるものとします。 裁判所または仲裁人によって本規約の一部について Microsoft がそのまま執行してはならないという判断が下された場合、Microsoft は関連する法令に基づいて執行可能な範囲で該当する条項を同様の条項に置き換えることができます。ただし、本規約のその他の条項については、変更されず、引き続き有効であるものとします。 第 7 条 10 項には、第 7 条 (仲裁および集団訴訟の権利放棄) の一部に対して違法または執行不能と判断された場合の対応について規定されています。 第 7 条 10 項と本第 17 条に矛盾がある場合は、第 7 条 10 項が優先されます。

18. 第三者受益者の不存在

本規約は、お客様と Microsoft の利益のためにのみ締結されます。Microsoft の継承者および譲受人を除く、いかなる第三者の利益のためにも締結されるものではありません。

19. フォント コンポーネント。

本サービスのフォントは、本サービスの利用中に限り、使用してマテリアルを表示および印刷することができます。フォントの埋め込みに関するいかなる制限も回避することはできません。

20. サポート

お客様による本サービスの利用に関して Microsoft にはいかなるサポートも提供する義務がないことを理解し、これに同意するものとします。ただし、本サービスについて質問がございましたら、 Yammer コミュニティ パブリック フォーラムに質問を投稿してください。

21. 言語

本規約または他のドキュメントの英語版の翻訳をお客様に提供している場合、かかる翻訳はお客様の便宜のみを目的として提供されるものであり、お客様による本サービスの利用およびお客様と Microsoft との関係には、本規約および他のドキュメントの英語版が適用されます。

22. 競業禁止条項の放棄

本サービスの直接の競合企業である場合でも、本規約の条件に従って本サービスにアクセスしたり本サービスを利用したりすることができます。ただし、本サービスにアクセスしたり本サービスを利用したりすることで、お客様のサービス提供に適用される利用規約における、競業となる利用、アクセス、およびベンチマーク テストの制限を、お客様の利用規約で Microsoft の規約よりも厳しい制限がある、または厳しい制限を主張している範囲で、Microsoft、その子会社、および関連会社 (今後そうなると考えられる会社を含みます) に対して放棄することに同意するものとします。 お客様のサービスに適用される利用規約において意図されている当該制限を放棄しない場合は、本サービスにアクセスしたり本サービスを利用したりすることは許可されないため、本サービスにアクセスしたり本サービスを利用したりしないでください。

23. 輸出規制

Microsoft の無償のソフトウェアおよびサービスは、米国およびその他の裁判管轄地における輸出およびテクノロジに関する法令の対象となります。お客様は、ソフトウェアおよびサービスに適用される、当該すべての法令および規制を遵守することに同意するものとします。このような無償のソフトウェアおよびサービスを禁輸措置対象国の政府または特定の規制対象当事者に譲渡するには、米国政府の許可が必要です。 詳細については、米国財務省の Web サイト (https://www.treasury.gov/resource-center/sanctions/Programs/Pages/Programs.aspx) を参照してください。 また、有償サービスは米国の輸出に関する法令および規制の対象となります。お客様は、適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンド ユーザーおよびエンド ユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守しなければなりません。 詳細については、Microsoft 製品の輸出管理に関する Web サイト (http://www.microsoft.com/exporting) を参照してください。

24. 知的財産の問題に関する通知

24.1 知的財産権侵害の申し立ての通知と手続き。

Microsoft は、第三者の知的財産権を尊重しています。 著作権侵害の申し立てを含む、知的財産権侵害に関する通知を送付する場合は、 侵害の通知 (https://www.microsoft.com/info/cpyrtInfrg.aspx) を提出する Microsoft の手続きを使用してください。 この手続きに 関係のないすべてのお問い合わせに対しては回答いたしません。

Microsoft は、米国著作権法 (United States Code Title 17、Section 512(c)(2)) に規定されているプロセスを使用して、著作権侵害の通知に対応します。妥当な状況においては、Microsoft は、侵害を繰り返し行っている可能性がある Microsoft サービスのユーザーのアカウントを無効にしたり解除したりすることもあります。

24.2 広告における知的財産の懸念事項に関する通知と手続き。

Microsoft の広告ネットワークにおける知的財産の懸念事項については、Microsoft の知的財産ガイドライン. (http://advertise.bingads.microsoft.com/intellectual-property-policies) を参照してください。

24.3 著作権および商標に関する通知。

本サービスのすべての部分の著作権は、Microsoft またはそのサプライヤーにあります。(Copyright © 2013 Microsoft Corporation and/or its suppliers, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A. All rights reserved.) Microsoft またはそのサプライヤーは、本サービスおよびそのコンテンツに関する権原、著作権、およびその他の知的財産権を所有しています。 Microsoft、ならびに Microsoft のすべての製品、ソフトウェア、およびサービスの名称、ロゴ、およびアイコンは、米国およびその他の国における Microsoft の商標または登録商標 です。 実在する会社名および製品名には、各所有者の商標であるものもあります。 本規約で明示的に許諾されていないすべての権利は留保されます。 Microsoft の特定の Web サイト サーバーで使用される特定のソフトウェアは、Independent JPEG Group の著作物に一部基づいています。 (Copyright © 1991-1996 Thomas G. Lane. All rights reserved.) Microsoft の特定の Web サイト サーバーで使用される "gnuplot" ソフトウェアの著作権は、Thomas Williams 氏および Colin Kelley 氏にあります。(Copyright © 1986-1993 Thomas Williams, Colin Kelley. All rights reserved.)

25. 定義

本規約に別途定義がない限り、次の用語は以下に定義する意味を有します。

「管理者」とは、Yammer Enterprise ネットワークの使用やかかるネットワークに投稿されるコンテンツの監視を担当する管理者を意味します。

「コンテンツ」とは、ユーザーが本サービスに投稿または提供するすべての会話、ファイル、画像、ビデオ、その他のコンテンツを意味します。

「Yammer Basic ネットワーク」とは、組織ドメインの所有者がネットワークを管理できず、管理者が管理しておらず、無償の Yammer Basic サービスのユーザーのみが所属する Yammer ネットワークを意味します。

「Yammer Enterprise ネットワーク」とは、組織ドメインの所有者がネットワークを管理でき、管理者が管理しており、そのネットワークを定義している電子メール ドメインを所有する組織によって Yammer Basic ネットワークからアップグレードされた Yammer ネットワークを意味します。

「Yammer ネットワーク」とは、組織の電子メール ドメインによって定義される、本サービスを利用するためのネットワークを意味します。たとえば、“contoso.com” というドメインの電子メール アドレスでサインアップしたユーザーは全員、Contoso Yammer ネットワークの一員になります。 また、電子メール ドメイン名が異なるユーザーを「ゲスト ユーザー」として、または組織の Yammer ネットワークに関連付けられた外部ネットワークの参加者として、組織の Yammer ネットワークに招待することもできます。